今までのメッセージを掲載しています。

 

 

主日礼拝メッセージ 金子辰己雄師

【タイトル】 「イスラエルの回復と主のみこころ(3)―イスラエルは私たちの愛すべき兄弟―」 【聖書個所】 ルカ15:11~32: 【導入】 今日はルカ15:11~32の放蕩息子の箇所から、「イスラエル人と私たちとの関係」について見て、そこに現わされている主のみこころを学んで行く。放蕩息子の譬えからイスラエル人と異邦人の関係を見るというと、伝統的な見方として、父の許から出て行って放蕩を尽くし、真の神に気付いて立ち返った弟が異邦人であると言う風に考える。それは、エペソ2:11~12の「キリストから離れ、イスラエルの国から除外され、約束の契約については他国人であり、この世にあって望みもなく、神もない人たちでした。」のみことばからそう言われる。そして、父の家に居て、まじめに働いていた兄の方をイスラエル人という風に考える。しかし今日は反対に考え、まじめに父に仕えている兄を私たち異邦人とし、放蕩を果たして帰って来た弟をイスラエル人と考えて、その関係の中から父なる神のイスラエルの回復に対するみこころを学んで行こうと思う。 【本論】 連休が始まった。連休中は田舎に帰ったりする計画があると思うが、田舎に帰る人にとっては、それは懐かしいものであり、ワクワクした気持ちになるものである。イスラエルの民にとっても、1948年5月14日の建国はそのようなものだった。AD70年にエルサレムがローマ軍によって破壊されて以来、イスラエルの民は国を失い、約1,900年の間、世界に離散していた。このように2,000年近くも国を失ったままでいた民族が、再び国を持つということは歴史上かつてない。それは、イスラエル民族は

主日礼拝メッセージ 金子辰己雄師

【タイトル】 「小預言書(24)ホセア書⑪―親の愛、神の愛―」 【聖書個所】 ホセア11:1~12 【導入】 神の愛は親の愛に似ているとよく言われる。今日はホセア書から、私たちを無条件の愛で愛して下さっている父なる神様に対して、「私たちは神の子供としてどうあらねばならないか」、つまり、「子の、親に対して持つべき心」について学んで行きたいと思う。 【本論】 V1:「イスラエルが幼いころ、わたしは彼を愛し、わたしの子をエジプトから呼び出した。」 これは、「彼」をイスラエルの民とするならば、イスラエルの民の出エジプトのことであり、また、「彼」を「わたしの子」という呼び方から、神の御子であるイエス様とするならば、イエス様の出エジプトのことを預言したものでもある。イスラエルの民の出エジプトのことは私たちはみな知っているが、「イエス様の出エジプト」のこととは何のことか?―それは、マタイ2:13~15:「彼らが帰って行ったとき、見よ、主の使いが夢でヨセフに現れて言った。『立って、幼子とその母を連れ、エジプトへ逃げなさい。そして、私が知らせるまで、そこにいなさい。ヘロデがこの幼子を捜し出して殺そうとしています。』そこで、ヨセフは立って、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトに立ちのき、ヘロデが死ぬまでそこにいた。これは、主が預言者を通して、『わたしはエジプトから、わたしの子を呼び出した。』と言われた事が成就するためであった。」そして、マタイ2:19~21:「ヘロデが死ぬと、見よ、主の使いが、夢でエジプトにいるヨセフに現れて、言った。『立って、幼子とその母を連れて、イスラエルの地に行きなさい。幼

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now