今までのメッセージを掲載しています。

 

 

主日礼拝メッセージ 金子辰己雄師

【タイトル】 「網を捨て、網をとって主に従う人の祝福」 ​ 【聖書個所】 マタイ4:18~20 ​ 【導入】 ある人が池で魚釣りをしていた。しかし、その人は魚がかかる度に棒切れを魚に当て、棒切れよりも小さいと魚籠に入れ、大きいと池に投げ返してしまう。それを見ていた人がその人に訊ねた。「どうしてそんなことをするのか?」と。普通は大きい魚を魚籠に入れ、小さい魚は池に返すことがあるだろうけれども、その人は反対のことをしていたからだ。その人は答えた。この棒切れは家にあるフライパンの大きさで、これ以上大きな魚を取ってもフライパンに入らないから捨てるのだと。人にはこのように生きて行くためのフライパンを持っている。それは魚を料理するためのフライパンではなく、何を基準に生きて行くかというフライパンである。生き方、信条、生活習慣のようなものである。 ​ 今日読んだ聖書個所にも、フライパンならぬ、何を基準に、何を支えに生きているかという「網」が出て来た。イエス様の弟子になったペテロとアンデレの場合の漁師としての網だった。だから、彼らにとってはその網は無くてはならない大切な網だった。しかし、イエス様はそんな彼らに、「わたしについて来なさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう。」つまり、魚を捕る網とは違う「人間をとる網をあげよう。」と言われたのです。すると彼らは、彼らにとって大切な網を捨て、イエス様が言う「人間をとる網」をとるためにイエス様について行った。 ​ 今日は、①彼らが大切にしていた網を捨て、代わりに手にした、イエス様の言う「人間をとる網」とは何なのか。②イエス様の言われた「わたしにつ

主日礼拝メッセージ 金子辰己雄師

【タイトル】 「家族の救いと信仰の継承(6)―家族の救いは自分から―」 【聖書個所】 マルコ9:14~24 【導入】 今日この聖書個所を選んだのは、この後イエス様は、この子に取り憑いているおしとつんぼの霊に向かい、V25:「おしとつんぼの霊。わたしがおまえに命じる。この子から出て行きなさい。二度と入ってはいけない。」と命じ、この子とその父親を長い間苦しめていたものからこの親子を解放された。今日は、その解放のわざそのものについて語るのではなく、先程読んだように、自分の子をおしとつんぼの霊から解放してもらうためにイエス様のところに連れて来て、そしてイエス様と問答しているこの父親の言葉から、今年の私たちのテーマである「家族の救い」について、何が鍵になるのかを学んで行こうと思う。 【本論】 イエス様がペテロとヤコブ、そしてヨハネを連れて山に登り、変貌を遂げてから再び山から下りて来ると、律法学者を始めとして、人々が残りの9人の弟子たちの周りに群がり議論していた。イエス様が、V16:「あなたがたは弟子たちと何を議論しているのですか。」と聞かれると、その群衆の中の一人がイエス様に答えて言った。 V17:「先生。口をきけなくする霊につかれた私の息子を、先生のところに連れて来ました。その霊が息子にとりつくと、所かまわず彼を押し倒します。そして彼はあわを吹き、歯ぎしりして、からだをこわばらせます。それでお弟子たちに、霊を追い出すよう願ったのですが、できませんでした。」 するとイエス様は、弟子たちも含め、そこにいるすべての人に対してこう言った。 V19:「ああ、不信仰な世だ。いつまであなたがたといっ

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now