今までのメッセージを掲載しています。

 

 

主日礼拝メッセージ 金子辰己雄師

【タイトル】 「神の風と共に生きる」(小預言書(25)ホセア書⑫) ​ 【聖書個所】 ホセア12章:1節~14節 ​ 【本論】 V1:「エフライムは風を食べて生き、いつも東風を追い、まやかしと暴虐とを増し加えている。彼らはアッシリヤと契約を結び、エジプトへは油を送っている。」 「エフライム」とは北イスラエルのこと。また、ヨセフの二人の息子の内の弟の方。ヨセフの父ヤコブはかつてヨセフの二人の息子、兄マナセと弟エフライムを呼び寄せ、二人の上に手を交差して長子の祝福を弟エフライムに与えた。(創世記48:17~20)それは間違いのように思えたが、そうではなかった。それは神様の御計画だった。事実その通り、後にエフライムは祝福され、北イスラエルを代表する部族になった。 ​ ※私たちの人生には、理解できない番狂わせのように思えることが起きる。しかし、その時には私たちは訝(いぶか)ったりせず、そのまま受け取ろう。そこには、神様の私たちの常識や理解を越えた祝福に満ちたご計画があるからです。 ​ 「エフライムは風を食べて生き」、興味深い表現です。「風」というのは、掴もうと思っても掴むことが出来ない「実体のないもの」、「むなしいもの」の象徴。だから、「エフライムは風を食べて生き」というのは、イスラエルの民の霊的状態を現わしている言葉。彼らは、彼らの神であるイスラエルの神を神とせず、実体のない偶像の神々を礼拝していた。そして、「いつも東風を追い」と言うように、「東風」=彼らから見た東から吹いて来る風、すなわち、アラムとかアッシリヤとか、東にある国に靡(なび)き(頼りし)、「まやかしと暴虐とを増し加えて

父の日礼拝メッセージ 金子辰己雄師

【タイトル】父の心に生きる 【聖書個所】 マタイ18:21~35 【本論】 V21~V23:「そのとき、ペテロがみもとに来て言った。『主よ。兄弟が私に対して罪を犯した場合、何度まで赦すべきでしょうか。七度まででしょうか。』イエスは言われた。『七度まで、などとはわたしは言いません。七度を七十倍するまでと言います。このことから、天の御国は、地上の王にたとえることができます。」と言って、イエス様はこの譬え話をされた。それはペテロが、「主よ。兄弟が私に対して罪を犯した場合、何度まで赦すべきでしょうか。七度まででしょうか。」(V21)と訊かれたからだった。ではどうしてペテロはイエス様にその質問をされたのかというと、「そのとき」とあるように、V15~V20で、イエス様が弟子たちに教会の中での「赦し」と「回復」、「一致」の在り方について語られたことに対することだった。イエス様はそのペテロの問いに、「七度まで、などとはわたしは言いません。七度を七十倍するまでと言います。このことから、天の御国は、地上の王にたとえることができます。」と答え、この譬え話をした。そこには、「地上の王」に譬えられている天の御国の父なる神様の心が語られている。 (1)父なる神様の罪の赦しは、計り知れないほど大きなものである。 V23b~V27:「王はそのしもべたちと清算をしたいと思った。清算が始まると、まず一万タラントの借りのあるしもべが、王のところに連れて来られた。しかし、彼は返済することができなかったので、その主人は彼に、自分も妻子も持ち物全部も売って返済するように命じた。それで、このしもべは、主人の前にひれ伏して、

ペンテコステ礼拝メッセージ 金子辰己雄師

【タイトル】 「キリストの証人となる。 【聖書個所】 使徒の働き1:8 【導入】 今日は、ペンテコステ礼拝の定例聖句と言っても良い「使徒の働き1:8」から、聖霊の力を受け、「キリストの証人となる」ということはどういうことかについてみことばを取り次ぐ。 ​ 【本論】 先ず、「キリストの証人となる」の「証人」の言葉の意味を確認しておこう。幾つかの辞書によると、「ある事を証明するために事実を述べる人」、「裁判所その他の機関から命ぜられて、自己の経験により知り得た事実を述べる人」とある。つまり、裁判の席であろうとなかろうと、自分が経験して知り得たことから、その知り得たことを事実として述べる人のことを「証人」と言う。 ​ では、「キリストの証人となる」とは、「キリストの何を知り得て、それを事実として述べる人となる」ということなのだろうか?!2つの意味で。 ​ (1)「キリストの証人となる」ということは、「キリストの復活を身をもって経験し、キリストの証人となる」ということ。つまり、「キリストの生きた復活の証人となる」ということである。 ​ パウロは、キリストの復活を経験すること、知り得ることについて、こう言う。 ​ Ⅰコリント15:1~8:「兄弟たち。…。私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです。その後、…。そして、最後に、月足らずで生まれた者と同様な私に

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now