今までのメッセージを掲載しています。

 

 

主日礼拝メッセージ 金子辰己雄師

【タイトル】 「信仰の目をもって見る」 ​ 【聖書個所】 ルカ19:1~10 ​ 【導入】 今日は、有名な「ザアカイ」の箇所から、「人を見ること」に関して、聖書は何が大切か、どのようなことを教えているか、ご一緒に学びたいと思う。 ​ 【本論】 ここに、人が人を見る時の3つの見方が描かれている。見られる「人」というのは、勿論、ザアカイである。 ​ (1)人々のザアカイを見る見方 イエス様がエリコにやって来たということを聞き、ザアカイはイエス様を一目見ようといちじく桑の木に登った。それは彼は背が低く、そのため群衆が前の方にいたので見ることができなかったからである。どうしてザアカイはそこまでしてイエス様を見てみたいと思ったのか?―それは聖書には何も記していないので想像するしかないが、「彼は取税人のかしらで」(V2)とあるように、一般に人の上に立つ人は良きにつけ悪しきにつけ、あることに熱心になることが出来る者であり、彼がどういう理由で人々から嫌われるローマのための取税人になったのかは分からないが、彼はその熱心さをもって自分の仕事を一生懸命やり、その地位に登りつめたのである。そして彼はその仕事柄、交通の要所にあったエリコで、国内外のさまざまな情報を耳にすることが出来、イエス様に関する良い評判を多く耳にした。人は自分に無いものを持っている人に関心を持つもので、彼には多くの富はあったが、人から嫌われていたため良い評判など何一つなかったため、彼はそんな良い評判を得ているイエス様を一目見たいと見に行ったのだろう。彼はいちじく桑の木に登り、イエス様を見ようと待ち構えていた。しかし彼は、今まで人から

主日礼拝メッセージ 金子辰己雄師

【タイトル】 「イスラエルの回復についての主の御心を知る(5)―神の霊に奮い立って生きる者―」 ​ 【聖書個所】 エズラ1:1~11 ​ 【本論】 ここにクロス王という人物が出て来るが、この人物が、今日私たちが「イスラエルと異邦人との関係」の中で、「異邦人が持っている存在意味とその働き」を現わしている人物としてスポットを当てたい人物です。この人物を見る時、私たちはクリスチャンとして、イスラエルの回復のためにどのような存在意義と働きを持っているのかが分かる。V1をもう一度見てみよう。 ​ V1:「ペルシヤの王クロスの第一年に、エレミヤにより告げられた【主】のことばを実現するために、【主】はペルシヤの王クロスの霊を奮い立たせたので、王は王国中におふれを出し、文書にして言った。」 ​ クロスは今読んだように、「エレミヤにより告げられた【主】のことば」(エレミヤ29:10のイスラエル回復預言)を実現するために、バビロンに70年捕囚に遭っていたイスラエルの民を解放し、バビロンによって破壊された彼らの神殿を再建するよう「命令」を出したのである。 ​ ◎ここに、異邦人であるクロス王の「イスラエルの回復」に関する存在意義と働きがあり、今日の私たち異邦人クリスチャンの存在意義と働きがある。そしてそれに関連して、私たちが目を留めておかなければならない重要なポイントがある。それが先ず第一のポイント。 ​ V1:「…、エレミヤにより告げられた【主】のことばを実現するために、【主】はペルシヤの王クロスの霊を奮い立たせたので、…。」 口語訳:「…、(主は)ペルシャの王クロスの心を感動されたので、…。」 ​

主日礼拝メッセージ 金子辰己雄師

【タイトル】 「家族の救いと信仰の継承(8)―家族の救いの箱舟を造ろう!―」 ​ 【聖書個所】 へブル11:7: ​ 【導入】 聖書のこの記述にあるように、ノアは、アダム以来、聖書に登場する人物の中で最初に家族の救いのために何かをした人物、箱舟を造った人物であることが分かる。(参照:創世記5章に出て来るアダムからノアまでの10人の人物の中で、ノア以外、家族の救いのために何かをしたと期されている人物はいない。)そういう点で、ノアは、私たちが今年掲げている教会のテーマである「家族の救いと信仰の継承」における先駆的なモデルである。だから今日は、「家族の救いと信仰の継承」との関して、ノアが家族の救いのために造った箱舟、またその造られた箱舟というものが、私たちにとってどういう意味を持っているか?また、私たちは何をしたらよいのか?ということについて学んで行きたいと思う。 ​ 【本論】 「信仰によって、ノアは、まだ見ていない事がらについて神から警告を受けたとき、恐れかしこんで、その家族の救いのために箱舟を造り、その箱舟によって、世の罪を定め、信仰による義を相続する者となりました。」とあるが、ノアはなぜ箱舟を造るようになったのか、その経緯を創世記(創世記6:9~22)から見ると、ノアの造った箱舟は、そこではっきりと神から警告されているように、その時、その地に満ちていた悪を根絶し、契約により箱舟に入る人や生き物だけを生き残らせて救うという、神からの「救いの箱舟」 ​ (1)箱舟は、神様から私たちに与えられた「救いのための箱舟」であった。 ​ へブル11:7:「信仰によって、ノアは、まだ見ていない

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now