今までのメッセージを掲載しています。

 

 

ペンテコステ礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【タイトル】 「ペンテコステの恵みー教会の誕生、そしてー」 ​ 【聖書個所】 使徒の働き1:3~8 ​ 聖書の福音書では、イエス様のメシヤとしての働きが始まると、数多くの人々がイエス様につき従ったということを記録している(マタイ4:25)。 しかしまた、イエス様が十字架に架かり、そこで死ぬことを証しし始めると、あれほど大勢つき従っていた人々は、蜘蛛の子が散るようにどんどんイエス様の許から去って行き(ヨハネ6:66)、そして最終的には、イエス様がゲッセマネの園で捕らえられると、イエス様と3年半も共にいた弟子たちさえもイエス様を見捨てて逃げてしまったこと(マタイ26:56)、そしてイエス様がローマ兵の手にかかり、十字架の上で死んでしまうと、頼るべき司令官を失った軍隊のように、イエス様を十字架に架けた人々の目を恐れ、家の中に潜んでいるような有様だった(ヨハネ20:19)。 あれほど勢いのあったイエス様の弟子の群れは、もう消えかかる蝋燭のように、風前の灯の状態であった。しかしそんな中でイエス様は3日後によみがえられ、40日の間、弟子たちの間に現れ、ご自分が生きていることを示し、そして言葉を残して行かれた。その言葉とは、使徒1:4~5:「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」という命令と約束だった。 ​ 弟子たちはこのみことばに従い、約束のものを受けるために祈っていた。そしてそこに、イエス様の昇天後10日目、五旬節の日に聖霊が降り、教会が誕生した。しかし、聖霊が降って誕

主日礼拝メッセージ:ウィリアム・ウッド師

【タイトル】 「地上の残された時を、神のみこころのために過ごす人々」 ​ 【聖書個所】 Ⅰペテロ4:1~7 ​ ​​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【タイトル】 神のかたちの完成目指して(6)「自由の喪失と回復」 【聖書個所】 創世記1:26、2:15~17 ​ 【本論】 神様は地上のあらゆる植物や動物を、植物は3日目に、魚や鳥は5日目に 、地の上の動物は6日目に造られ、そして最後に、ご自身の「かたち」に似 るように私たち「人」を造られた。そして、その「神のかたち」として造ら れた私たちに、その「神のかたち」としての存在意義と役割・使命を与えら れた。その存在意義と役割・使命とは何だろうか、それは; ​ Ⅴ26:「そして神は、『われわれに似るように、われわれのかたちに、人を造ろう。そして彼らに、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地を はうすべてのものを支配させよう。』と仰せられた。」とあるように、この地球上のあらゆる動物を支配・管理することであった。またそのために神様は彼らに、地上の植物、草木を彼らの食物として与えられた。 ​ 創世記1:29:「神は仰せられた。『見よ。わたしは、全地の上にあって、種を持つすべての草と、種を持って実を結ぶすべての木をあなたがたに与える。それがあなたがたの食物となる。』 ​ そして、「どの木からでも思いのまま食べてよい。」(2:16)と言われたのである。ちょうどバイキングスタイルの食事に招かれ、「さあ、どれでも自由に、好きなだけ食べていいですよ。」と言われているようである。 ​ しかし残念ながら彼らには、「これだけは食べてはいけない。」というメニューがあった。それは善悪の知識の木の実。バイキングに行って、「さあどうぞ」と案内されるけれど、ある所で、「向こうにある食べ物は食べてはいけない。

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now