今までのメッセージを掲載しています。

 

 

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【タイトル】 「御霊の実(4)―誠実、柔和、自制の実―」 ​ 【聖書個所】 ガラテヤ5:22~23 ​ 【序論】 御霊の実には9つの実があるが、今日学ぶ「誠実、柔和、自制」の実は、自分に対して結ばれる実である。そして、それらすべての実を結ばせるの、聖霊です。ちょうど御霊の賜物にいろいろな賜物があり、それらの賜物をもたらしているのが一つの御霊、聖霊によるのと同じです。 ​ Ⅰコリント12:4~6:「さて、賜物にはいろいろの種類がありますが、御霊は同じ御霊です。奉仕にはいろいろの種類がありますが、主は同じ主です。働きにはいろいろの種類がありますが、神はすべての人の中ですべての働きをなさる同じ神です。」 ​ このように御霊の実に関しても、御霊の賜物と同様、多様性と一体性という両面があることを覚えたい。神様が三位一体であられるように、一つの御霊が多様性をもっていろいろな賜物をもたらし、いろいろな実を結ばせてくださるのです。ところが、肉の性質を持っている人間はなかなかこのことを理解するのが難しい。「本当はいろいろあっても良いのに、こうでなければならない。」と一つのことに拘泥したり、「反対に、本当は一つでなければならないのに、それぞれ好きにやればいいんだ。」と利己的になり、一つになろうとしない。これらの性質は正に肉の性質であって、御霊の性質に逆らうものです。そんな状態についてパウロはこう言っている。 ​ ガラテヤ5:17、19~21a:「なぜなら、肉の願うことは御霊に逆らい、御霊は肉に逆らうからです。この二つは互いに対立していて、そのためあなたがたは、自分のしたいと思うことをすることができ

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【タイトル】 「エズラ記(3)―賛美と礼拝を礎にして建て上げられる教会―」 ​ 【聖書個所】 エズラ3:1~13 ​ 【本論】 Ⅴ1:「イスラエル人は自分たちの町々にいたが、第七の月が近づくと、 民はいっせいにエルサレムに集まって来た。」 ​ 帰還した人々が第7の月にエルサレムに集まって来た理由は、Ⅴ2~ Ⅴ6にあるように、この月に行なうように律法に定められていた祭儀を 行なうためだった。どのような祭りがあるのか: ​ ・第1日目:「ラッパの祭り」:新年の始まりとしてラッパを吹き鳴らす祭り。 ・第10日目:「贖罪の日」:大祭司が年に一度、自分と民の罪の贖いのために至聖所に入り、動物の血を贖いの蓋の上に振り掛けて罪の贖いをする祭 り。 ・第15日から1週間:「仮庵の祭り」:荒野の生活を覚えて、仮小屋に住む祭り。 ​ ここで、教会形成との関係で重要なポイントは; ​ (1)彼らが「いっせいに」エルサレムに集まって来たということ。 ・「いっせいに」:「ひとりの人のように」。これは、「主は一つ、信仰は一つ、バプテスマは一つです。」(エペソ4:5)の聖霊によって誕生した 教会の特徴である。 ​ 使徒2:46:「そして毎日、心を一つにして宮に集まり、…。」 ​ 何のために「心を一つにして」いたのか?―それは、「宮に集まり」とあるように、礼拝である。礼拝は、聖霊によって誕生した教会の大切な柱、教会は礼拝共同体である。 ​ ◎では「礼拝」とは何だろう?―エルサレムに帰還し、第7の月に彼らがやったことを見ると、V2~Ⅴ6に至って、「全焼のいけにえをささげた。」とある。(「全焼のいけにえ」の詳細に

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【タイトル】 「神のかたちの完成目指して(7)―安息の喪失と回復―」 ​ 【聖書個所】 創世記2:1~3 ​ 【序論】 神様は6日間掛かって万物を作り、7日目にそのわざを終えてその日を祝福し、その日を聖別したとある。そしてⅤ3に、その聖別した理由が書かれている。 ​ Ⅴ3:「それは、その日に、神がなさっていたすべての創造のわざを休まれたからである。」 抄訳聖書では、「というのは、神様は為されたすべての創造のわざから離れ、その日、つまり7日目に休まれたからである。」とある。つまり神様は6日間働かれ、そして7日目をご自分の「休み」のために特別な日として切り分けた(「聖とする」ということはそういうこと)という。そしてその目的は、ご自分の休みのためであったというのである。この休みのことを、聖書では「安息」((へ)シャバース)という。この神様の創造のみわざを終えた後の、神様ご自身が聖別された安息のことから、モーセの十戒から始まる「安息日律法」が生まれている。 ​ 出20:8~11:「安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。六日間、働いて、あなたのすべての仕事をしなければならない。しかし七日目は、あなたの神、【主】の安息である。あなたはどんな仕事もしてはならない。──・・・。──それは【主】が六日のうちに、天と地と海、またそれらの中にいるすべてのものを造り、七日目に休まれたからである。それゆえ、【主】は安息日を祝福し、これを聖なるものと宣言された。」 今日はこの「神様の休み」、「安息」について、「その喪失と回復」という点から、「聖書が言う「安息」とはどういうものか」について、みことばから見て

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now