今までのメッセージを掲載しています。

 

 

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 エズラ記5:1~17 ​ 【タイトル】 エズラ記(5)「神の目が注がれている民」 ​ 【本論】 Ⅴ1:「さて、預言者ハガイとイドの子ゼカリヤの、ふたりの預言者は、ユダとエルサレムにいるユダヤ人に、彼らとともにおられるイスラエルの神の名によって預言した。」 ​ イスラエルの民は神殿再建という使命を持ってエルサレムに戻り、礎までは築いたものの、サマリヤ人たちの妨害によって工事を中断せざるを得なくなった。その中断が16年間続いたわけだが、そんな中で預言者ハガイとゼカリヤが人々に預言した。 ​ ◎何を預言したのか?いくつもの預言の言葉があるが、二人から一つずつ見てみよう。 ​ ハガイ1:1~8:「ダリヨス王の第二年の第六の月の一日に、預言者ハガイを通して、シェアルティエルの子、ユダの総督ゼルバベルと、エホツァダクの子、大祭司ヨシュアとに、次のような【主】のことばがあった。『万軍の【主】はこう仰せられる。この民は、【主】の宮を建てる時はまだ来ない、と言っている。』ついで預言者ハガイを通して、次のような【主】のことばがあった。『この宮が廃墟となっているのに、あなたがただけが板張りの家に住むべき時であろうか。今、万軍の【主】はこう仰せられる。あなたがたの現状をよく考えよ。あなたがたは、多くの種を蒔いたが少ししか取り入れず、食べたが飽き足らず、飲んだが酔えず、着物を着たが暖まらない。かせぐ者がかせいでも、穴のあいた袋に入れるだけだ。万軍の【主】はこう仰せられる。あなたがたの現状をよく考えよ。山に登り、木を運んで来て、宮を建てよ。そうすれば、わたしはそれを喜び、わたしの栄光を現そう

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 創世記1:26 ​ 【タイトル】 神のかたちの完成目指して(9)「使命の喪失と回復」 ​ 【序論】 今まで8回、「神のかたちの完成(回復)目指して」というテーマで、私たちのアイデンティティーに焦点を当てて語って来たが、これからはと5回、私たちの存在意義、目的、役割・使命に焦点を当てて語って行きたい。今日はその第1回目「使命の喪失と回復」というテーマで語る。 ​ 【本論】 神様は私たちをご自身のかたちに似せて造られ、私たちにご自身が造られた海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地を這うすべてのものを支配する使命を与えられた。 ​ 「支配する」というのは、強権的な意味の支配ではなく、「管理する」、「治める」というような意味の支配です。プロ野球のチームに、オーナー(所有者)に対し、雇われてチームを管理、運営、治めて行くジェネラル・マネージャー(総支配人)という人がいるのと同じように、神様が造られた神様の所有物であるすべての生き物と、その生き物が生活している空間、場所、すなわち地球を、神様に代わって「管理する」、「治める」という意味である。 ​ ところがどうだろう?―今私たちは、それを行なっていると言えるだろうか。これは数年前にシベリヤで起こったことだが、温暖化に伴って永久凍土が溶け、その中に閉じ込められていた炭疽菌が出て来て、シベリヤにある村で何人もの人に感染し、命が失われたり、北極の氷が溶け、その中から氷河期前から存在してかもしれないと思われている新種のウィルスの発見されたりと、地球の温暖化の問題を一つを取り上げても、とても地球という環境を神様が言うように管理してい

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now