今までのメッセージを掲載しています。

 

 

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 エズラ6:16~22 ​ 【タイトル】 エズラ記(7)「私たちは礼拝する民」 ​ 【本論】 イスラエルには、年中行事として過越しの祭り、種なしパンの祭り、初穂の祭り、七週の祭り等の祭りがあるが、それらを守ることのは、彼らにとって非常に重要なことだった。何故なら、それは彼らがイスラエル人であることの証明だからです。 ​ Ⅴ16:「そこで、イスラエル人、すなわち、祭司、レビ人、その他、捕囚から帰って来た人々は、この神の宮の奉献式を喜んで祝った。」 先ず、ここに出て来る「イスラエル人」という言葉に注目してみよう。この「イスラエル人」とは何だろうか?―神殿を建て終え、神殿の奉献式を喜んでお祝いしている人々を、ここでは「イスラエル人」と表現されているが、4章から5章では、神殿再建工事をしている時の彼らは、「ユダヤ人」という言葉で表現されていた。例えば、 ​ エズラ4:12:「王にお知らせいたします。あなたのところから、こちらに来たユダヤ人たちはエルサレムに行き、あの反抗的で危険な町を再建しています。その城壁を修復し、その礎もすでに据えられています。」 ​ エズラ6:7:「この神の宮の工事をそのままやらせておけ。ユダヤ人の総督とユダヤ人の長老たちにこの神の宮をもとの所に建てさせよ。」 このユダヤ人という言葉は、使徒1:8:「しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」という言葉があるように、日本人とか韓国人、中国人とか言うように、その土地に生まれた民族、種族を

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 マタイ6:9 【タイトル】 ​主の祈り(2)「御名があがめられますように」 ​ 【本論】 今日は、Ⅴ9の後半の祈り「御名があがめられますように」からメッセージを取り次ぐ。この箇所は、原語では「ハギアスセートー ト・オノマスー」で、3つの部分からなり、それぞれの意味は、「ハギアスセートー」:「あがめられますように」、「ト・オノマ」:「御名」、「スー」:「あなたの」で、日本語の聖書では、意味が明らかな場合は、主語とか所有格の言葉がしばしば省かれることがあるので、ここでもこのようになっているでしょう。 そして、ここでもう一つ、原語の意味から掴んでおかなければならない大切なことがある。それは、この「あがめられますように」は、単に「あがめられればいいな。」とかいうような、頼りない願望のようなものではなく、揺るがない事実に基づく、信仰の告白の祈りだということです。それは、「あがめられますように」の「ハギアスセートー」は、「ハギアゾー」:「あがめる」と言う動詞の受身形で、且つ「1回限りの過去の出来事」を表わす「アオリスト」という語形で、意味通り言うなら、「御名があがめられました。」という過去の出来事に基づく信仰の告白の祈りだからです。 ​ では、どの出来事に基づく祈りなのであろうか?―それは、この後、イエス様が為された出来事で、十字架の上で為された私たちの罪の贖いのみわざを指し示す。イエス様は私たちの救いのため、ご自身の御体を1回限り十字架に架けられて、救いを成し遂げられました。私たちは、そのみわざに基づいて祈るのである。それが主が教えられた「主の祈り」である。イエス様は最後の

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 創世記1:28~29 【タイトル】 ​神のかたちの完成目指して(11)「生き甲斐の回復」 ​ 【序論】 今年6月29日、国会において、「働き方改革関連法案」という法律が可決した。それは、日本は1990年代に入ってバブルが崩壊し、日本経済は右肩上がりから右肩下がりの状況になり、GDPなどの数字だけでなく、慣行とっていた終身雇用や年功序列の制度など、労働環境にも変化が生まれて来たからです。しかし、その中でも、労働すること、働くことの目的、意識は変わることはありません。 ​ ここに、2001年から2017年の17年間に内閣府が行った「国民生活に関する世論調査」があるが、それによると、「あなたの働く目的は何ですか?」という質問に対して、一番多いのが「お金を得るため」(生活するため、生きていくため…)50%前後。次に多いのが「生き甲斐を見つけるため」20%~25%。その後、10%~15%前後に、「社会の一員としての務めを果たすため」、そして「自分の才能や能力を発揮するため」という目的が続く。そして、その中でも特に興味深いのは、年齢別にみると、高齢者になればなるほど、「お金のため」よりも「生き甲斐を見つけるため」の方が多いということです。その割合は、年齢が上がれば上がるほど上がって行く。その理由については世論調査は何も述べていないが、皆さんはどう思われるでしょう。私たちの中で、私もそうですが、実際に、今もまだ働いている兄弟姉妹がいるわけですから、何のために私たちは働くのかということを考えることは、意味のあることではないかと思う。 ​ というわけで、今日は、今年の第一のテーマ「

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now