今までのメッセージを掲載しています。

 

 

主日感謝礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 詩篇95:1~8: ​ 【タイトル】 「さあ、主に向かって。さあ、明日に向かって」 ​ 【序論】 今日はこの聖書のみことばを、2018年のすべての恵みを覚えて神に感謝をささげ、迎える2019年のためのみことばとしたい。 ​ 【本論】 ◎先ず、この詩篇の作者は、 ​ V1:「さあ、【主】に向かって、喜び歌おう。われらの救いの岩に向かって、喜び叫ぼう。」と言っている。 ​ イスラエルの人々は、神を「岩」という言葉でしばしば表現する。詩篇94:22:「しかし【主】は、わがとりでとなり、わが神は、わが避け所の岩となられました。」のように。「避け所の岩」も「救いの岩」も、イスラエルの人々にとっては危険から守ってくれる助け主を指す言葉なのです。イスラエルの民は、その主が助け守ってくれたから、その主に向かって「喜び歌おう。喜び叫ぼう。」と言っているのである。 ​ 私たちの場合には、それはイエス様です。イエス様は私たちを、罪と、罪の報酬である死から救ってくれた。私たちにとって、それは掛け替えのない最も大きな贈りものです。詩篇103:8~12:「…。主は、絶えず争ってはおられない。いつまでも、怒ってはおられない。私たちの罪にしたがって私たちを扱うことをせず、私たちの咎にしたがって私たちに報いることもない。天が地上はるかに高いように、御恵みは、主を恐れる者の上に大きい。東が西から遠く離れているように、私たちのそむきの罪を私たちから遠く離される。」とあるように、主は私たちに測り知ることの出来ない無限の罪の赦しの贈りものを与えてくれたのである。だから、詩篇の作者は、 ​ V2:「感謝の歌

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 ルカ2:33~35 ​ 【タイトル】 「主を待ち望む者(2)」 ​ 【序論】 今日はルカ2:33~35から、「主を待ち望む者(2)」として、主を待ち望む者は主の御救いを見るだけではなく、主の御救いを語る者でもあるということを見て行く。 ​ 【本論】 V33:「父と母は、幼子についていろいろ語られる事に驚いた。」 ​ シメオンは、旧約聖書に預言されていた救い主の誕生を待ち望んでいたが、その預言の成就のしるしである救い主を自分の腕の中に見て、彼は神をほめたたえた。その賛美の言葉を聞き、イエス様の父母であるヨセフとマリヤは「驚いた。」とある。何が語られて驚いたのか? ​ 自分たちに与えられた幼子イエスに関して、神様の真実が語られ、その言葉に驚いた。 彼らは、自分たちに与えられたイエス様の誕生に関し、シメオンの口を通して語られた、神の口から出た預言の言葉は必ず成就するという神の変わることのない真実について驚いた。ダビデも、詩篇36:5:「【主】よ。あなたの恵みは天にあり、あなたの真実は雲にまで及びます。」と、神様の真実の偉大さ、不変性に対して驚き、賛美している。私たちもそのようでありたい。 ​ 自分たちに与えられた幼子イエスが、本当に万人の救い主であるという確証の言葉に驚いた。 彼らは、自分たちに与えられた子供が、「御自分の民を罪から救ってくれる救い主キリスト」であるということを、御使いにより、羊飼いにより、東方の博士たちにより、そして今、シメオンの口を通してもそれがはっきりと語られたので、驚いた。 ​ ※救いというのは、神が備えられた不思議なみわざ、驚くばかりの恵みであ

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 ルカ2:25~32 【タイトル】 主を待ち望む者(1) 【導入】 アドベント(待降節)の2週目に入った。今日はこのアドベントに因み, 「主を待ち望む者」と題して、今日と来週の2回に渡ってメッセージを取り次いで行きたい。 ​ 【本論】 ここに、主を待ち望んでいたシメオンという一人の高齢の信仰者がいた。 Ⅴ28~29:「すると、シメオンは幼子を腕に抱き、神をほめたたえて 言った。『主よ。今こそあなたは、あなたのしもべを、みことばどおり、安らかに去らせてくださいます。』」 ​ 彼は、「主よ。今こそ」と自分の死期を前に、「あなたのしもべを、みことばどおり、安らかに去らせてくださいます。」と言った。彼はこの時まで、「イスラエルの慰められることを待ち望んでいた。」(Ⅴ25)とあるように、旧約聖書で預言されていた救い主の誕生を待ち望んでいたのである。例えば、「ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は『不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君』と呼ばれる。その主権は増し加わり、その平和は限りなく、ダビデの王座に着いて、その王国を治め、さばきと正義によってこれを堅く立て、これをささえる。今より、とこしえまで。万軍の【主】の熱心がこれを成し遂げる。」(イザヤ9:6~7)の「ひとりのみどりご」である救い主が、「ダビデの王座について、その王国を治め、さばきと正義によってこれを堅く立て、これをささえられる。今より、とこしえまで。」というように、預言が成就することを待ち望んでいた。そして、そのことに関して、「また、主の

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 創世記2:18~25 ​ 【タイトル】 神のかたちの完成目指して(12)「家族の回復―聖家族の誕生―」 ​ 【本論】 神様は人を造り、「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべてのものを支配(管理)せよ。」と命じられた。(1:28)そして、「その後、神である【主】は仰せられた。 「人が、ひとりでいるのは良くない。わたしは彼のために、彼にふさわしい助け手を造ろう。」(Ⅴ18)と言われた。 ​ 何故「ひとりでいるのが良くない」のか、何故「彼のためにふさわし い助けてを造ろう。」と言われたのか?―それは、先ほどの神様の命じられたことは人がひとりで居ては出来ないからである。神さまは人を造り、人が家族を作り、その家族が増え広がることによって神様の管理命令を果たすことを計画しておられたからである。 そして、神様は人の前に、御自身の造った地の上の動物と空の鳥を連れて来た。その目的は一見、それらの動物の中に、人にとってふさわしい助け手をさがすためのように思われるが、そうではない。その目的は、「それにどんな名を彼がつけるかを見るために、人のところに連れて来られた。」(Ⅴ19)である。「名をつける。」というのは、そのモノの本質を見極めるということ。だから、「人が生き物につける名はみな、それがその名となった。」(Ⅴ19)ということは、「人はすべての家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名をつけた。しかし人には、ふさわしい助け手が見つからなかった。」(Ⅴ20)となっても当然である。人の本質は動物とは違うからである。そこで、 ​ Ⅴ21~Ⅴ24:「神である【主】は深い眠

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now