今までのメッセージを掲載しています。

 

 

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 エズラ8:1~23 ​【タイトル】 「私たちの願いを聞いてくださる神」 【本論】 ​ この箇所は2つに分かれる。①エズラと一緒にエルサレムに帰還した人々とその系図(V1~V14)についてと、②帰還するに当たりエズラが準備したこと(V15~V23)である。 (1)エズラと一緒に帰還した人々の帰還者リスト(V1~V14) ​ 聖書には幾つかの箇所に、人々の名前とその系図が書いてある所がある。一見単調に見える名前と系図だが、そこには重要な意味がある。一つ、その人が誰の子孫なのかという過去が分かること。二つには、まだ記されていないが、これからどうなるかという将来の予測の土台になるということである。 私たちは、自分の家のことを祈るとき、どのように祈っているだろうか?―私は、まだ救われていない子どもの救い、その将来、まだ実現していない結婚、子どもが与えられること、そしてその子からまた次の子…というように、子々孫々に至るまでのことを祈っている。それは、アブラハムに与えられたアブラハム契約に基づく祝福を受け、受け渡して行く祈りです。 ​ ​創世記12:1~3:「【主】はアブラムに仰せられた。『あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる。あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。』」 ​ ​ 創世記15:5~6:「そして、彼を外に連れ出して仰せられた。『

自由を与えてくれる友

「ああ、あなたは心のうちの真実を喜ばれます。それゆえ、私の心の奥に知恵を教えてくだ さい。」                                (詩篇51:6) 明らかにされた真理は神のみことばにより啓示され、私たちはその真理によって生きる者です。ダビデは偽りの中に生きていた時、彼は大きな苦しみを抱えて生きなければなりませんでした。しかし、彼がついに真理を認めて自由を見出した時、彼は「幸いなことよ。【主】が、咎をお認めにならない人、その霊に欺きのない人は。」(詩篇32:2)と言うことが出来たのです。ダビデはそのことを後で振り返った時、次のように言いました。「ああ、あなたは心のうちの真実を喜ばれます。それゆえ、私の心の奥に知恵を教えてください。」(詩篇51:6)と。 ​ 私たちは偽りを捨て、愛をもって真理を語らなければならない者です。(エペソ4:15、25)精神的に健康な人は、現実の中で生きながら、比較的思い煩いから自由になっています。キリストにあるクリスチャンは、欺きを棄て、真理を抱くということで、その本質を現わしているのです。 ​ 欺きは、サタンが築いている要塞の中でも見分けが難しいものです。依存症に囚われている人が自らを偽り、同じ行動を取り続けているのを見たことがあるでしょうか。アルコール依存者は自分がそのような者であることを否定し、拒食症の人もそんな者ではないと偽り、性依存に陥っている人もそれを認めようとはしません。偽ることは偽りの父であるサタンの防御における常套手段だからです。(ヨハネ8:44) ​ どんな回復プログラムであっても、最初にとるステップは、否認

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 ガラテヤ5:1 ​ 【タイトル】 クリスチャンとしての救いと成長 ​ 【序論】 19世紀の終わり頃、アメリカのボストン近郊にひとつの孤児院があった。孤児院とは言っても、孤児だけが集められていたわけではなく、福祉施設として、貧困者、病人、特に精神に病いを得て社会生活を送れない人たちや、娼婦など、社会から厄介者扱いされていた人たちを隔離するための、福祉施設とは名ばかりの牢獄のような施設だった。その中にリトルアーニーと呼ばれる一人の少女がいた。彼女は幼い時の目の病気でほとんど目が見えず、且つ、施設にいた唯一の弟を結核で亡くして天涯孤児となり、その不幸な出来事のために心を閉ざし、誰に対しても何の反応もしなくなってしまっていた。そこに一人のクリスチャン女性が働いていて、彼女は毎日、アーニーの部屋にお菓子が載った皿を持って行き、扉の外で聖書を読み、また、そんな状態から解放されるように神に祈っていた。そんなある日、彼女は持って行ったチョコレートケーキの載ったお皿が空に無くなっているのに気付いたのです。それまでは手を付けずに返って来ていたのに、ようやく差し出された物に反応し始めたのです。それに力を得た女性はさらに祈ることを続け、やがてアーニーはこの女性の呼び掛けにドア越しに答えるようになり、終には医師の治療を受け、普通の生活を送れるようになった。それから二年後、アーニーは14歳になり自分と同じような境遇の人たちを助けたいと、盲学校に進んだ。そして、最初にアーニーの生徒になったのが、あのヘレン・ケラーです。そう、このリトル・アーニーこそ、私たちがサリバン先生と呼んでいるあのアン・サ

より高い優先順位 A Higher Priority

「神の御霊に導かれる人は、だれでも神の子どもです。」(ローマ8:14) 私の人生の中で起きた2つの顕著なことは、私に、何かを成し遂げることより、人間の関係性の方がより重要であることを教えてくれた。私は、この働きに入る前は、アポロ計画の中の宇宙工学の技術者として働いていた。私は月探査機が月面に着陸した日のことは、決して忘れることができない。ミネアポリス・スター紙の一面には、「ニール・アームソトロングが月面に立った。」と、ヘッドラインにでかでかと出ていた。私はその出来事に関わった一員として、そのことを誇りに思っている。 しかし、もっと大きなビッグニュースは、それより数ヶ月前の同紙の7ページの3段落目に、「1969年3月12日、ハイディ・ジョ・アンダーソンがノースウェスタン病院で、ニール・アンダーソン夫妻に誕生」と載ったことである。それはあなたにとっては大きなニュースと思えないかもしれないが、しかし、彼女の母親と私にとってはまさにそうであった。ハイディの誕生は、私の生活のすみずみに至るまで、すべてを独占するほど大きな出来事だった。彼女は私の睡眠パターンを変え、私たち夫婦の対外的な活動を大きく制限するほどだったからである。私たちは彼女の世話のために多くの時間をささげたのである。月面着陸は神にとってどれほどのことだろうか?それらはいずれ達成されることであり、誰かがいずれより良く、より早く、またより高く、それらのことを成し遂げるだろう。それらよりも神の関心は、ハイディ・ジョ・アンダーソンのような小さな子どもにあるのである。何故なら、彼らは神と永遠に居るからである。 次に私の人生で起きた重要

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 マタイ6:11:「私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。」 ​【タイトル】 ​主の祈り(5)「日ごとの糧をお与えください。」 ​ 【序論】 今まで4回に分けて主の祈りの前半部分を見てきた。それは、「天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。御国が来ますように。みこころが・・・なりますように。」のように、祈りの焦点が、父なる神に向けられていた。 ​ 今日から、主の祈りの後半部分に入るが、後半部分では、今日の「私たちの・・・与えてください。」とあるように、焦点が私たちに移る。「私たちの・・・。」、「私たちを・・・。」というように。しかし、この後半部分に入るに当たり、覚えておかなければならないことは、前半の「神に祈りの焦点が当てられていた」という前提に立っての「私たちに関する祈り」だということ。つまり、神を神として第一にするという信仰に立った上での、私たちに焦点を当てた祈りだということです。でなければ、この世の偶像に対する祈りと同じように、ただ御利益を求めるだけの祈りになってしまうからである。 ​ 【本論】 イエス様は弟子たちに、「私たちの日ごとの糧をきょうも与えてください。」と祈りなさいと言われた。そこには2つのポイントがある。 ​ (1)神は天地万物を造り、時間も一切を造り、それを治めておられる大いなる神であり、その神を信じる信仰に立った祈りだということ。 ​ イエス様は、「・・・日ごとの糧をきょうも・・・」と言うように祈りなさいと言った。何故なら、神は「日ごと」という今日という一日を造り、その中ですべてを治めておられる神だからです。神は天地万物を造

歪められたアイデンティティー

歪められたアイデンティティー A DISTORTED IDENTITY 神と私たちの主イエスを知ることによって、恵みと平安が、あなたがたの上にますます豊かにされますように。というのは、私たちをご自身の栄光と徳によってお召しになった方を私たちが知ったことによって、主イエスの、神としての御力は、いのちと敬虔に関するすべてのことを私たちに与えるからです。(Ⅱペテロ1:2~3) 「もしキリストにある私たちのアイデンティティーが完全さを獲得する鍵だとするならば、どうして多くのクリスチャンは自分自身の尊厳や霊的成長、成熟の問題でこんなに苦しむのだろう?」とあなたは疑問に思うかもしれない。その理由は、私たちはサタンに欺かれているからなのである。私たちのキリストに在るアイデンティティーは、欺く者(サタン)によって歪められてしまっている。 ​ このことを痛感したのは、数年前に、サタンによる抑鬱で苦しんでいたあるクリスチャン女性のカウンセリングをした時のことだった。私は彼女に「あなたは自分を誰だと思いますか?」と尋ねると、この女性は「私は邪悪な者です。」と答えた。「あなたは邪悪なんかではありません。どうして神の子が邪悪でありえるでしょう。それはあなたが自分のことをそのように感じるからではないでしょうか。」と言うと、彼女は頷いたのです。確かに彼女は悪いことをしたかもしれない。しかし、だからと言って彼女が邪悪な者であったというわけではないのです。彼女は自分のアイデンティティーを間違った捉え方の上に置いてしまっていただけだったのである。彼女は、神の子としてのアイデンティティーが行動に影響を与えるものだと

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 エペソ5:8 ​【タイトル】 「主にあって、光の子どもとして歩む」 ​ ​【序論】 聖書は、私たちは「主にあって光となった。」と言う。今日は、この「私たちは主にあって光となった」というところから、神様が私たちに語ろうとしているメッセージを受け取りたいと思う。 ​ 【本論】 先ず神様は私たちに、(1)「私たちは、以前は暗闇だったが、今は主にあって光となった。」と語っている。この以前の状態と今の状態との違いに、先ず注目したい。暗闇と光との違いとはどの位の違いか?―それは、北と南、東と西の違いのように、全く正反対の、相容れない、全く共存することが出来ない違いである。それは何を意味するかというと、それは、私たちの以前の性質、生き方、考え方、行ない、言動が暗闇のものであり、今の性質、生き方、考え方、行ない、言動が光のものであるということです。 ​ この5章だけ見ても、幾つかのことが語られている。暗闇に類する性質、生き方、考え方、行い、言動としては、「あなたがたの間では、聖徒にふさわしく、不品行も、どんな汚れも、またむさぼりも、口にすることさえいけません。また、みだらなことや、愚かな話や、下品な冗談を避けなさい。そのようなことは良くないことです。むしろ、感謝しなさい。あなたがたがよく見て知っているとおり、不品行な者や、汚れた者や、むさぼる者─これが偶像礼拝者です、─こういう人はだれも、キリストと神との御国を相続することができません。」(V3~V5)のように、いくつものことが語られている。すべてのことを見ることは出来ないが、「不品行」だけでも見てみると、それは、原語では「ポルネ

主日礼拝メッセージ:ウィリアム・ウッド師

【聖書個所】 ​ Ⅱペテロ1:10~15 ​ 【タイトル】 御国に入る恵みを豊かに加えられる人々 ​ ​ メッセージビデをおご覧下さい。 ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now