今までのメッセージを掲載しています。

 

 

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 ガラテヤ2:16 【タイトル】 ​「人生最高の決断」 ​【序論】 ​ 世紀の伝道者と言われたビリー・グラハム師の伝道メッセージでは、いつも2つの独特な言い回しがあった。1つは「聖書はこう言っています。」。もう一つは、「今がイエス・キリストを信じる決断の時です。」というものです。そして、この「今が決断の時です。」という言葉により、何人の人が救いに導かれたかは分からないが、数え切れないほどの人が救われた。 ​ 人には誰でも人生の中でさまざまな決断の時がある。十代であれば、どこの学校に入ってどういう勉強をしようかとか、その後はどういう会社に入って何の仕事をしようかとか、人生の節目節目でいろいろな決断をする。しかし、人はそのように人生の節目節目でさまざまな決断をするが、それらの中でもイエス・キリストを信じる信仰の決断は、人生の中で最高の決断である。何故そうなのか、今日はそのことについて一緒に聖書から確認して行こう。 ​ 【本論】 (1)それは、イエス・キリストを信じた結果与えられる「罪の赦し、救い」というものが、この世のどんなものと比べても、最高に価値あるものだからです。 ​ イエス様はこう言っている。 ​ マタイ16:26:「人は、たとい全世界を手に入れても、まこといのちを損じたら、何の得がありましょう。そのいのちを買い戻すのには、人はいったい何を差し出せばよいでしょう。」 ​ 全世界と言うのは、全世界の富、知恵、力、或いは世界的な名声、地位、例えばノーベル章とか、スポーツで言うなら世界記録保持者の名前のリストに名前を連ねるとか、金メダルに輝くとかいうことだが、そのよう

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

​ 【聖書箇所】 エレミヤ17:7~8 ​ 【タイトル】 「リバイバルの中に留まる恵み」 ​ 【本論】 エレミヤ17:7~8:「【主】に信頼し、【主】を頼みとする者に祝福があるように。その人は、水のほとりに植わった木のように、流れのほとりに根を伸ばし、暑さが来ても暑さを知らず、葉は茂って、日照りの年にも心配なく、いつまでも実をみのらせる。」 ​ この箇所にリバイバル(死から生き返った)私たちクリスチャンの受けた恵みが記されている。 ​ V8:「その人は、水のほとりに植わった木のように、流れのほとりに根を伸ばし、暑さが来ても暑さを知らず、葉は茂って、日照りの年にも心配なく、いつまでも実をみのらせる。」 ​ ただし、「水のほとりに植わった木のように流れのほとりに根を伸ばし」とあるように、恵みを受ける場所にいなければ、V6:「荒地のむろの木(ねずの木)」のようになってしまうのである。 ​ ※霊的原則も自然原則も同じである。私たちは恵みを受け、受け続けるためには、その「恵みあるの場所」に留まっていなければならないのです。 では、私たちにとって「恵みのある場所」、「水のほとり」、「流れのほとり」とはどこだろう? ​ (1)みことばがあるところ。主の臨在があるところである。 ​ 詩篇1:2~3a:「まことに、その人は【主】のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。」 ​ 生まれた赤ちゃんにミルクが必要なように、また、成長するに従って相応しい食物が必要なように、クリスチャンが成

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

2019年6月2日 主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師 ​ 【聖書個所】 ルカ24:49 ​【タイトル】 「とどまっていなさい。」 ​ 【本論】 2014年4月16日に起きたセウォル号事件から。もし「留まっていなさい。」というアナウンスを無視して避難を開始していたら、あれほどの沢山の高校生の命は失われることはなかっただろう。あの「留まっていなさい。」という言葉に従うか従わないかが、彼らにとっての生死を分かつ分岐点となった。一方、今から約2,000年前、同じ「とどまっていなさい。」という言葉に従うことにより、人類の歴史に大きな転換点がもたらされた。ペンテコステの日に起きた出来事のことである。「わたしは、わたしの父の約束してくださったものをあなたがたに送ります。あなたがたは、いと高き所から力を着せられるまで、都にとどまっていなさい。」(ルカ24:49)の「とどまっていなさい。」という命令に弟子たちが従うことにより、弟子たちは全世界に出て行き、彼らのために十字架にかかり、死んで墓に葬られ、3日目によみがえられたイエス・キリストの証人となって行ったのである。そしてその証しが西回りに地球を巡り、日本にまで届いたのです。 ​ この「とどまる」ということは、実際にはどういうことだったのだろう?! ​ 使徒1:12~14:「そこで、彼らはオリーブという山からエルサレムに帰った。この山はエルサレムの近くにあって、安息日の道のりほどの距離であった。彼らは町に入ると、泊まっている屋上の間に上がった。この人々は、ペテロとヨハネとヤコブとアンデレ、ピリポとトマス、バルトロマイとマタイ、アルパヨの子ヤコブと

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now