今までのメッセージを掲載しています。

 

 

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 エズラ10:1~5 【タイトル】 「エズラ記(13)―勇気ある真の悔い改め―」 【本論】 V1:「エズラが神の宮の前でひれ伏し、涙ながらに祈って告白しているとき、イスラエルのうちから男や女や子どもの大集団が彼のところに集まって来て、民は激しく涙を流して泣いた。」 このエズラの祈りは、心から自分たちの民が犯した罪を悲しみ、悔い改める祈りだった。そのような祈りには「涙」が伴うのだろうか、エズラは「涙ながらに祈って告白している」とある。 涙は感情の現れです。その感情は悲しい時だけとは限らない。「感極まって」という言葉があるように、「嬉しい」という感情が極まった時に嬉し涙が流れ、「悔しい」という感情が極まった時に悔し涙が流れる。また、何か心打たれる体験、心揺さぶられる体験をした時にも、涙は感極まって流れて来る。ちょうど私たちの心の中にいろいろな感情の袋があって、その袋が一杯になったり、揺さぶられたり、場合によっては絞られたりすると涙が溢れるようにです。 この時エズラは、何に心揺さぶられたのだろう?―それを考える時、そこに今日のテーマの「勇気ある真の悔い改め」とはどういうものであるかということを知る重要な鍵がある。それは; ※「心からのものである」ということ。「真実なものである」ということです。エズラは心から、嘘偽りなく、真実な心をもって、神の宮の前にひれ伏し、祈ったのです。そこには、前回のみことばの繰り返しになるところがあるが、3つのポイントがある。 (1)真実に、勇気をもって自分たちの罪を認め、罪を告白して祈った祈りであった。 エズラ9:6~7:「私の神よ。私は恥を受け

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 ​マタイ6:13b 【タイトル】 「国と力と栄えは、神のもの」 【序論】 ​ マタイの福音書のこのみことばは「」付きになっている。「」付きということは何らかの謂れがあるということ。どんな謂れがあるのか?―それは、マタイの福音書が書かれた最古の写本(紀元66年頃)には、ルカの福音書と同様に「」の部分が入っていないが、その頃書かれた「使徒の教え」という使徒達が初代教会に残した書物には、「主の祈り」の後に、頌栄として「」の部分を付けて礼拝するようにと記されており、初代教会以来、礼拝の中で実際に加えられて祈られ、また、マタイの福音書が正式に編纂された時に、「」付きとなったのであろうというのが学者の定説です。また、そのために今日まで伝統的に教会では、「」を含めて「主の祈り」として祈り、また賛美しているのである。 ​ ​ 今日は、イエス様御自身の言葉ではないけれども、使徒たちが残していったこの主の祈りの最後の「頌栄の祈りの言葉」について、その持つ意味を一緒に考えて行こう。 ​ 【本論】 (1)先ず、神を神とする信仰の祈りの故に、神を褒め称えて終わるためである。 ​ 主の祈りが、「天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように」のように、先ず頌栄=神を褒め称えることから始まっているように、頌栄で終わるためである。 ​ マタイ6:13b:「〔国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。〕」 ​ 「国」と言うのは、「御国が来ますように」のところで見たように、国民、国土、主権の3つからなっている。神は、天地万物、地上のあらゆる生物を作り、そしてアダムを造って地上を

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 ローマ12:1 ​【タイトル】 「主にあって、私たちは神のもの」 【本論】 先日、ある宣教師が語るメッセージを聞いた。その中で、北陸のある町に住んでいるクリスチャンから聞いた話をしていた。その話というのは、そのクリスチャンの散歩がてらのお寺の中で見た光景のことで、こういうものだった。―ある一人の男が本堂に向かい、賽銭箱にお金を投げ入れて、何か呟いていた。すると、その人は上着のポケットから財布を出し、財布から1万円札を取り出して、本堂に向かってお札を振りながら、大きな声で「俺の祈りに答えてくれたら、来年はこれをやるからな。」と、本堂の中に安置されている仏像にだろうか、本堂の中にいたかもしれないお寺の住職に向かってだろうか、大きな声で、そう叫んだのだそうです。 ​ 私たちはこの話を聞いて、この人の姿に、一般的に日本人が持っている御利益信仰の典型的な姿を見るように思う。御利益信仰というのは、私たちの持っている神信仰とは全く正反対のものである。御利益信仰は、自分が主で、祈願の対象になっているものが僕になる関係です。そして、先ほどの男の人のように、「こうするから、こうして下さい。」と従わせるような関係です。しかし、私たちの神信仰と言うのは、神が主であって、私たちが神に従うという関係です。願い事でも祈りでも、その神に捧げるという関係です。これが私たちの信仰の本質です。神様は私たちにとって自動販売機のように、必要の時だけ「お願い事のコイン」を入れて、願いを叶えてもらうような、私たちにとって都合の良い存在ではない。むしろ反対です。 ​ ​ 私たちの信仰は、イエス様がエルサレムに入

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now