今までのメッセージを掲載しています。

 

 

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 ネヘミヤ1:6~11 ​ 【タイトル】 ネヘミヤの祈り(2) ​ 【序論】 ネヘミヤは、神殿再建後のエルサレムの町の状態や人々の霊的状態のこと、即ち、崩壊状態のことを聞いて悲しんで涙を流して神に祈り始めた。今日はその祈りの続きの部分です。ネヘミヤはどのような祈りをしたのか?―その祈りを学び、私たちの祈りにして行きたい。 ​ 【本論】 V6:「どうぞ、あなたの耳を傾け、あなたの目を開いて、このしもべの祈りを聞いてください。」 ​ この祈りはとても大切な祈りです。3つの点で; ​ (1)神は耳も目も、また耳や目だけでなく口や手、また私たちと同じ心を持っている神だからです。 ​ ネヘミヤは神に対し、「あなたの耳を傾け、あなたの目を開いて、このしもべの祈りを聞いてください。」と言った。それは、神は耳も目を、また耳や目だけでなく口や手、また、私たちと同じく心までも持っている神だからです。 ​ 詩篇49:1~3:「…。私の口は知恵を語り、私の心は英知を告げる。」 ​ 「私の口は知恵を語り」は分かると思う。「私の心は英知を告げる」とは、「私の心は深く思い巡らすことが出来るので、さまざまな事を感じ、考えて、理解を与えることが出来る。」という意味です。つまり神は、心を持つ神として、知性、感情、意思をフル動員して物事を感じ、考え、正しく理解を与えることが出来る神なのだということです。そのように神は、口を持っている神として私たちに語り、心を持っている神として私たちに接して下さる。だから私たちは神に対して、このように祈ることが出来るのです。この祈りが重要であることの2つ目の理由は; ​

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 マルコ10:46~52 ​ 【タイトル】 イエス様を立ち止まらせた盲人 ​ 【本論】 V46a:「彼らはエリコに来た。」 エリコは辺りで数少ない泉が湧き出る緑と水の豊かな地であった。そのため古くから人々が住みつき、イエス様の時代には、ヘロデ大王もそこにリゾートのための別荘を建てるほどの場所だった。そんなエリコにイエス様は何のために来たのか?―それは、「さて、一行は、エルサレムに上る途中にあった。」(マルコ10:32a)とあるように、エルサレムに上るためでした。エリコはエルサレムに向かうエリコ街道の起点だったからです。 ​ そして、この時のイエス様の様子は尋常ではなかったとある。「イエスは先頭に立って歩いて行かれた。弟子たちは驚き、また、あとについて行く者たちは恐れを覚えた。」(マルコ10:32b)とあるように。何故イエス様は、弟子たちに恐れを覚えさせるような様子でエルサレムに向かって行かれたのだろう?―それは、「すると、イエスは再び十二弟子をそばに呼んで、ご自分に起ころうとしていることを、話し始められた。『さあ、これから、わたしたちはエルサレムに向かって行きます。人の子は、祭司長、律法学者たちに引き渡されるのです。彼らは、人の子を死刑に定め、そして、異邦人に引き渡します。すると彼らはあざけり、つばきをかけ、むち打ち、ついに殺します。しかし、人の子は三日の後に、よみがえります。』」(マルコ10:32d~34)とあるように、これからエルサレムに上り、救い主としての使命を果たすのだという使命感を持って凛として歩んでいたからである。そんなイエス様をもはや誰も止めることは出

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 ルカ23:39~43: 【タイトル】 ​主の十字架上の7つの言葉(2)「あなたはきょう、わたしとともにパラダイ スにいます。」 【本論】 イエス様が十字架に付けられた時、二人の犯罪人も共に十字架に付けられた。十字架刑はローマの法律によるならば、ローマ帝国に反逆するような重罪を犯した犯罪人に課せられる極刑であった。鞭打ちの後、約50kgもある十字架の横木を背負わされ、ピラトの法廷からカルバリの丘とされる所までの約1kmを歩かされ、刑場に着くと、背負ってきた横木に、長さ約18cm、直径約1.1cmの釘で両手首を釘付けられ、足も両足揃えて釘が打ち込まれた。そんな状態で十字架に架かるわけだから、最終的には受刑者は皆呼吸困難になって、最後は窒息という形で死ぬ最も残酷で苦しい処刑法であった。そんな十字架刑にイエス様は付けられ、また二人の犯罪人も付けられた。 ​ この二人に、イエス様の前にいる全人類を代表する2種類の人の姿を見ることが出来る。 ​ V39:「十字架にかけられていた犯罪人のひとりはイエスに悪口を言い、『あなたはキリストではないか。自分と私たちを救え。』と言った。」 似たような者に指導者やローマ兵がいる。指導者は「…。『あれは他人を救った。もし、神のキリストで、選ばれた者なら、自分を救ってみろ。』」(V35)と言った。ローマ兵は「…、『ユダヤ人の王なら、自分を救え。』と言った。」(V36~V37)しかし彼の姿はそれ以上に不遜な姿だった。「自分と私たちを救え。」と言っているのだから。彼は明らかに、イエス様を信じない人であった。ではもう一人の犯罪人はどうだったか? ​

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 エペソ1:7~10 ​ 【タイトル】 主に在って(8)「主にあって、私たちは集められる者」 ​ 【導入】 この世の中の物事には両面があり、それぞれに意味がある、教会の1枚のドアを例に上げれば、入って来る人にとっては入口になり、帰る人にとっては出口になる。そのように、私たちの救いに関してもそうである。そしてその両面を知ることは大切である。でないと、私たちは救いを得ていても、その持っている救いの半分しか知らないという勿体ないことになる。勿体ないというより、救いの全体の素晴らしさを見失うことになってしまう。今日はエペソ1:7~10から、その救いの全体について、「主に在って」という今年のテーマのキーワードに触れながら語って行く。 ​ 【本論】 V7:「この方にあって私たちは、その血による贖い、罪の赦しを受けています。これは神の豊かな恵みによることです。」 ​ 「この方」とは誰ですか?―私たちに罪の赦しを与えるため、十字架の上で贖いを為して遂げて下さった、私たちの救い主イエス・キリストです。ここに先ず、私たちの救いに関する一面、「主にあって、私たちは、その血による贖い、罪の赦しを受けています。」と言う、主にある私たちの救いが語られている。そして続けて聖書は、その贖いは「神の豊かな恵みによることです。」と言うのです。「恵み」というのは、受けるに値しない者が受けることが出来る特別な贈り物のこと。神様は、「この恵みを、神は私たちの上にあふれさせ、あらゆる知恵と思慮深さをもって、みこころの奥義を私たちに知らせてくださいました。」(V8~V9a)と言うのです。 ​ 神様はその救いとい

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now