今までのメッセージを掲載しています。

 

 

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 ネヘミヤ2:1~8 ​【タイトル】 ​ネヘミヤ(3)「ネヘミヤが仕える二人の王」 ​ 【本論】 V1:「アルタシャスタ王の第二十年のニサンの月に、王の前に酒が出たとき、私は酒を取り上げ、それを王に差し上げた。これまで、私は王の前でしおれたことはなかった。」 ​ 「アルタシャスタ王の第二十年」とは445BCのこと。その「ニサンの月」とはヘブル暦(陰暦)で第一の月(太陽暦の3月~4月)。だからネヘミヤがエルサレムについての知らせを聞いた「キスレウの月」(V1)(第9の月、11月~12月)から数えて約3~4ヶ月経った時である。そのとき、「王の前に酒が出たとき、私は酒を取り上げ、それを王に差し上げた。」とある。彼は献酌官だったからである。献酌官というのは、酒が王にささげられる時、その酒の毒見をする者で、王のいのちに関わる真実を告げる者ということで王から高い信頼を受けていた。だから、「これまで、私は王の前でしおれたことはなかった。」と言う。「しおれる」と言うのは具合を悪くして顔色が悪くなっている状態である。だからもしそんな状態であれば王の命を守る大切な働きが出来ないから、彼はいつも健康管理をして「王の前でしおれたことはなかった。」のである。 ​ しかしこの時は違っていた。あの知らせを聞いてから3~4ヶ月の間、彼は荒れ果てたエルサレムの様子などを思い浮かべながら、きっと心が掻きむしられるような状態だっただろう。私たちも何かの問題を抱え、それもずっと解決されないままで心の中に抱えていたら、同じように心が萎れた状態になってしまう。ネヘミヤもそんな状態だった。だから、「そのとき、王

38周年記念主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 使徒1:8 ​【タイトル】 ​教会にとってなくてはならない2つの火 ​ 【序論】 この箇所は、二つのメッセージに分かれる。一つ目のメッセージは、「聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受ける」というメッセージであり、二つ目のメッセージは、「聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、私たちは、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」というメッセージです。今日は、この二つのメッセージのポイントに目を留める。 ​ 【本論】 では、一つ目の「力を受ける」とは何のことか?―それは勿論、福音宣教の力のこと。 ​(1)聖霊の火は、福音宣教の力である。 ​ イエス様は、まだペンテコステの日の出来事が起きて教会が誕生する前、弟子たちに「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。」(マルコ16:15)と命じられた。しかし、その時点では彼らはまだ出て行きませんでした。それは、イエス様が、その力を送るまでは都に留まっていなさいと命じられていたからです。(ルカ24:49、使徒1:4) ​ しかしその日がやって来て、その火が彼らの上に臨み、彼らは力を受けた。語ることの出来ない外国の言葉を語り出して、イエス様の、全世界への福音宣教命令の先駆けとなったのです。 ​ ※福音宣教にはこの火が必要。この火がなければ、私たちは罪に満ちているこの世界に出て行って福音を語ることはできない。福音は、「救いを得させる神の力」(ローマ1:17)だからです。 ​ ◎ここで、福音宣教の先駆けとなった聖書中の人物に目を留めてみよう。―モーセです。モ

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 ヨハネ15:5 ​ ​【タイトル】 主に在って(9)「主にあって私たちが結ぶ2つの実」 ​ 【本論】 ここには、「主にある」を意味する私たちと主との関係、私たちと主との信仰による関係が表わされている。信仰というのは、信頼してつながっている状態です。だから、私たちは「主にある」ならば、私たちは多くの実を結ぶことが出来るのです。先ずこれが、今日の第一のポイント。 ​ (1)私たちは「主にある」ならば、私たちは多くの実を結ぶことが出来る。 ​ 結ばれる実は「多くの実」とあるように、いろいろな種類の実がある。神様との関係の中で結ばれる「愛・喜び・平安」の実、人間関係の中で結ばれる「寛容・親切・善意」の実、そして、自分自身に対して結ばれる「誠実・柔和・自制」の実、私たちが主に信頼してつながっているならば、これらの御霊の実は結ばれる。 ​ 次に、私たちの夢や幻が実現したという意味での実が結ばれたという人もいるだろう。また、夢や幻というほどではないが、日々の小さな祈りが答えられたという意味での実もあるかと思う。或いは、思いもよらず起きた祈りの課題に対し、それが解決したという実もあるだろう。―病の癒しの実、健康守りの実、経済的祝福の実、仕事の守りの実、心配していた仕事がうまく行ったという成功の実、希望校に入学することが出来たという受験合格の実、また希望していた仕事、会社に入ることが出来たという就職の実、その他いろいろな実があると思う。 ​ これらはみな祝福の実です。神様は私たちにこれら実をたくさん結んでほしいと願っている。 ​ ヨハネ15:7:「あなたがたがわたしにとどまり、わた

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now