今までのメッセージを掲載しています。

 

 

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 ネヘミヤ2:9~20: ​【タイトル】 ネヘミヤ記(4)「城壁再建工事の初め」 【序論】 ネヘミヤはアルタシャスタ王の治世第20年に、シュシャンの城で王に献酌官として仕えていた。彼は悩みがありそうな顔をして王に仕えていたので、ネヘミヤは王から「あなたは病気でもなさそうなのに、なぜ、そのように悲しい顔つきをしているのか。きっと心に悲しみがあるに違いない。」(V2)と問われ、彼は自分の民族の都エルサレムの町の城壁が壊されたままになっているからですと言い、出来るならエルサレムに帰り、城壁の再建をすることを王に願い出た。すると王はその願いを聞き、さらにエルサレムまでの旅が確実に行なわれるように軍隊をつけて道中の安全を確保し、城壁再建に使うための材木や再建工事中に住むための家の材木をも確保出来るよう、そのための手紙を書いてネヘミヤに渡し、彼はシュシャンを出発した。そして; 【本論】 V9~V10:「私は、川向こうの総督たちのところに行き、王の手紙を彼らに手渡した。それに、王は将校たちと騎兵を私につけてくれた。ホロン人サヌバラテと、アモン人で役人のトビヤは、これを聞いて、非常に不きげんになった。イスラエル人の利益を求める人がやって来たからである。」 ネヘミヤは、「川向こう」(ペルシャから見てユーフラテス川という大きな川の向こうであるイスラエルの地域)を治めていた総督のところに行き、先ほどの手紙を手渡した。それにより、「王は将校たちと騎兵を私につけてくれた。」=エルサレムまでの旅の安全が確保されることになった。ところがそこに、ホロン人サヌバラテと、アモン人で役人のトビヤと呼ばれ

主日礼拝メッセージ:ウィリアム・ウッド師

【聖書個所】 Ⅱペテロ3:1~7 【タイトル】 純真な心を奮い立たせる人々 ※お詫び:ビデオカメラの不具合でメッセージビデオを撮ることが出来ませんでした。ご容赦ください。

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 ヨハネ19:26~27: ​【タイトル】 十字架の上の主の7つの言葉(3)「そこに、あなたの息子がいます!そこに、あなたの母がいます!」 【導入】 今年もいろいろな事件や出来事があった。令和天皇の即位、台風による被害、川崎で起きた登校時の小学生に対する殺傷事件、それに関連して起きたかのように報道されている元農林水産省事務次官による息子の殺害事件などです。ネット上では、この事件での元次官に対する同情を寄せる意見が多かったが、同じ家族内殺人事件でもあるのに全く正反対の意見が載っていたのが、昨年3月に目黒で起きた5歳女児の虐待死事件に対してであり、またその被告の父親に下された高裁の父親に対する懲役13年という判決に対するものです。この13年という刑期についてはいろいろな意見があるとは思うが、問題なのはこのような悲しい事件が最近は非常に多いということです。 いつの時代でもこのような事件はあるとは思うが、2016年の法務省の犯罪白書によると、1955年をピークに殺人事件の件数は年々減少しているのに比べ、2004年を境に、家族間での事件がそうではない関係での件数を上回るようになり、2015年では60%近い件数になっていて、先進国の中でもダントツに高いと言われている。そこには日本特有の事情があるのだろうが、時代や洋の東西を問わず変わらないのが人間の心である。昨年召された著名なビリー・グラハム師の奥さんルースさんは、生前あるインタビューの中で次のように答えた。「あなたは、ご主人のグラハム師と別れたいと思ったことはあるか?」という質問に対し、「分かれたいと思ったことはなかったが、殺

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now