今までのメッセージを掲載しています。

 

 

感謝主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 ヨハネハネ15:5 ​ 【タイトル】 実を結ばせて下さる神に感謝! 【導入】 このみことばは今年の年間聖句であり、このみことばが語るように、わたしたちは皆一人ひとり、また教会としても、主であるイエス様にとどまっているなら、豊かな実を結ぶというのです。この「とどまる」という言葉は、抄訳聖書で「生命的結合」という言葉が使われているように、それは単に外見的につながっているということではなく、生きたつながりを持っているということである。私たちで言うならば、ただ「私はクリスチャンです。教会に通っています。日曜礼拝に行っています。」ということだけでなく、絶えず、教会のかしらであるイエス様とつながっていて、ぶどうの木と枝の境が判別がつかないように、私たちはあたかもイエス様のように考え、イエス様のように行動し、イエス様のように生きるということです。 ​ 今日は、そのようにしてイエス様にとどまり、イエス様と共に過ごして来たこの1年を振り返りながら、私たちに結ばれた実、未だ残念ながら結ばれていない実、そしてこれから結ばれるだろおう実について一緒にみことばから考えて行きたいと思う。そして、今日のメッセージのタイトルにあるように、神様に感謝をささげて行きたいと思う。 ​ 【本論】 この一年、神様が私たちに結ばせて下さった実にはどんな実があるでしょう?先ず第一に「信仰の実」です。次に「祈りの実」、そして最後に「宣教の実」です。 ​ (1)信仰の実 「えっ、信仰って実ですか?」と思われるかもしれないが、信仰はつながっていることだけではなく、その結果として結ばれる実も信仰です。次のみことばを見

クリスマス礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書箇所】 マタイ2:1~12 【タイトル】 クリスマスの最高の贈り物 2019年12月22日 クリスマス礼拝メッセージ:金子辰己雄師 ​ 【導入】 今日は、この博士たちがささげた3つのささげものに目を留め、私たちにとってそれらがどういう意味を持つのかということを考えながら、メッセージを取り次ぐ。 【本論】 ​ 先ず初めに、それぞれのささげものの持つ意味を見る前に、ささげもの全体の持つ意味について考えてみたい。先日のカフェコンサートで、小西陽子先生がそのことについて語って下さった。 小西先生は、先ずこの博士たちがどういう人たちであるかを語られた。それは、日本で言うなら、超有名大学の学者のようであり、経済的にも裕福な金持ちであり、また、エルサレムまでの長い距離を、ラクダに乗って旅をするくらい肉体的にも屈強な体を持っていた者だろうと語っておられた。つまり、知性、財力、体力において十分に恵まれた人たちだったということ。そのような、国にいれば人々から羨ましがられるような人にも拘わらず、危険な所を通ってわざわざやって来たわけだから、そのささげものの価値はどれほどであるか分からないほど貴重な物であったということです。先ず、その点をつかんでおこう。では、3つの宝物について見てみる。 ​①黄金:文字通り黄金であり高価な宝物です。そして、今は金本位制の貨幣制度がなくなってしまったが、今でも最も安全で確かな経済的資源の一つである。だから黄金は、またお金という意味で、私たちの生活を支える重要なもの。私たちはお金がなければ生活することは出来ない。しかし聖書は、一つの譬え話を通して、私たちにこう言う。

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 Ⅰコリント16:19 ​ 【タイトル】 主にあって(10)「主に在って、結びの言葉」 【序論】 皆さんは既に、他のクリスチャンから手紙を貰い、それらの手紙の末尾に、「主に在って」、或いは「在主」という結びの言葉が使われているのをご存知だと思う。これは日本で一般的に使われている「敬具」、女性が使う「かしこ」、男性が使う「恐惶謹厳」(きょうこうきんげん)に当たる。どちらの意味も「恐れかしこんで申し上げます」ということである。今日はこれらの結び言葉を少し頭の隅に置きながら、クリスチャンの手紙の結び言葉として使われる「主に在って」という言葉の持つ意味合いを、今年のテーマの結び言葉として分かち合って行きたいと思う。 【本論】 その意味を考えるのに、3つの鍵の言葉がある。 (1)「教会」という言葉。 V19:「アジヤの諸教会がよろしくと言っています。アクラとプリスカ、また彼らの家の教会が主にあって心から、あなたがたによろしくと言っています。」 ​ ここには、「アジヤの諸教会」、また「彼らの家の教会」という風に、教会という言葉が上げられている。そして、それらの教会から「よろしく」という挨拶の言葉になっている。この時実際にパウロがこの手紙をコリントの教会に書き送っているのは、「アジヤの諸教会」の中の一つ、「アクラとプリスカ、また彼らの家の教会」があるエペソの教会からであった。この「アジヤの諸教会」の中には他にも教会があったであろう。それが「諸教会」という言葉で表わされているのである。つまり、「諸教会」という言葉から来るように、当時、既にいくつもの教会があった。 ​ ここで、教会と

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now