今までのメッセージを掲載しています。

 

 

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 ネヘミヤ記4:7~23: ​ 【タイトル】 「ネヘミヤ記(8)再建工事妨害に対する心構え②―恐れるな。神が戦われる。―」 ​ 【導入】 今日は、4月26日に続き、再建工事妨害に対する心構え(2)として、ネヘミヤたちが受けた城壁再建工事に対する妨害に対し、どのような対応をして、工事の完成に向かって行ったのかについて学ぶ。それは、私たち信仰者にとって、個人々の信仰生活に於けるさまざまな試練や困難に対し、どのように対処して行ったら良いかという対処の仕方、心構えを学ぶことであり、また教会全体にとっても、教会にある3つの働き、礼拝、伝道、教えや交わりと通して弟子を作る、或いは自らが弟子になって行くという大切な働きを妨げる問題が生じることがあるが、例えば、今回のコロナの問題もその一つかもしれない。こういう問題が生じた時、それらの働きを中断することなく、どのように対処して行ったら良いのか、どのように実行していったらよいのか、という教会の形成に関する肝を学んで行くことでもある。 ​ 【序論】 前回は、ネヘミヤたちが城壁の再建工事をしているということを聞き、エルサレムや周辺にいたホロン人のサヌバラテやアモン人のトビヤ、またアラブ人ゲシェム、その他アラム人など、ネヘミヤたちがエルサレムに戻って来る前からそこにいた人たちが、その工事を快く思わず、何とか止めさせようと、非難や蔑み、また嘲りの言葉をもって工事を妨害しようとした。しかし、ネヘミヤたちは神に祈り、それらの言葉の挑発に乗ることもなく、神に祈り、淡々と工事を進めて行ったということ。そこには「民に働き気があったからである。」(Ⅴ6)

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 ヨハネ14:6:「イエスは彼に言われた。『わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。』」 【タイトル】 「道なるイエス様に仕える道」 【導入】 今、こういう状況のために休んでいるが、毎月、吉川でも行っているように杉戸でも地域牧師会を開いている。そこには近隣から5つの教会の牧師先生が、ある教会はご夫婦で参加して下さっている。その中の一つの教会に、日本キリスト教団和戸教会という教会がある。東武伊勢崎線の東武動物公園駅から一つ目の「和戸駅」の近くにある教会です。この教会は、埼玉県で一番古い教会で、今年の10月26日で創立142周年を迎える。一口に142周年と言っても、その間にはいろんなことがあっただろうと思う。残念ながら、牧師会に参加されていた三羽善次先生御夫妻はこの3月末で和戸教会を退任されたため、その間に和戸教会の詳しい歴史について聞く機会がなかったが、想像するに、日清日露の戦争や、大正12年の関東大震災、昭和初期の大不況、それに続く第2次世界大戦と、その戦争の渦中での踏み絵と言っても良い天皇崇拝の試練等、いろいろな困難の中を、教会員の方も、三羽先生が正しくは何代目に当たるかも聞いていなかったが、歴代の多くの牧師先生方が通って来ただろう。そして、今の和戸教会がある。それを考える時、何が一体教会を支えて来たのだろうか?何が教会員の方々を、ここまで守り支えて来たのだろうか?―牧師先生方も牧会するにあたり、多くの困難があったと思うが、何がその奉仕を続けさせる動機、力、源泉、目的になっていたのだろうか

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 Ⅱペテロ3:11~13 ​ 【タイトル】 聖い生き方をする敬虔な者(6)「神の日の来るのを待ち望む」 ​ 最近、コロナウィルスの問題が日本や世界を揺り動かすようになって来て、改めて思うことがある。何を思うかというと、今年の聖句であり、またテーマです。「このように、これらのものはみな、くずれ落ちるものだとすれば、あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。」とあるが、まさに今私たちは、普段特に気にも留めずにいたが、この社会の仕組みも経済も、また私たち自身の肉体も、私たちの目には見えない直径約1万分の1mm以下の小さなコロナウィルスのような小さな生物によって翻弄され、これから私たちはどうなって行くのだろうか、この国は、この世界は大丈夫なのだろうかと、また、今にもこの国の経済も医療も崩壊するのではないかというような状態になっているのを思うと、本当に私たちは、「どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。」か、と思うのです。 ​ だから、「聖い生き方をする敬虔な者」というのは、この終わりの時代に生きている私たちに対して、神様が「こうあって欲しい」と私たちに求めている姿のことなのです。だから今日もこの個所から、神様は私たちに何を望んでいるのかということを学んで行きたいと思う。 ​ 神様はこの個所で、私たちに3つのことを語っている。 ​ (1)「神の日の来るのを待ち望め」ということ。 ​ V12a:「そのようにして、神の日の来るのを待ち望み、その日の来るのを早めなければなりません。」 「神の日」とは、主の再臨の時と、その再

主日礼拝メッセージ:ウィリアム・ウッド師

【聖書個所】 ​Ⅰヨハネ2:12~17: ​ 【タイトル】 神のみこころを行なう者 ​ 「天に財を積んだ経済人」として知られる森村市左衛門がいます。1839年に生まれた森村は、日米貿易の開拓者で、1876年に創設した貿易会社、森村組が現在の森村商事です。また彼は、関連会社であるTOTO、日本ガイシ、INAXなどを包含する「森村グループ」の創業者でもあります。森村はこうして、偉大な実業者として名を挙げ、一代で巨大な富を手に入れました。しかし、それにもかかわらず、自分にもし成功談があるとすれば、「キリスト様を信じて救われ、永遠の命を得たこと、これ以外にはない」と断言したのです。森村がイエス様に出会ったのは、1913年、つまり彼が73歳の時のことでした。そのきっかけを、次のように説明しています。「私は、これまで心がけてきた仏教や儒教では不十分なることを悟り、社会の廓清(今まで積もり積もった悪いことを、すっかりはらい清めること)と同胞の救済とのために断然、宗旨更えを敢えてし、基督教を信ずるに至った。」このように、森村は富や名誉の追及に虚しさを覚え、日本社会の改良、また同胞の救いのために生きる者に変えられたのです。「人生は真剣」という小文の中に、彼は次のような言葉を残しています。「天地は神の造り給うた美しい舞台である。この上で演ぜられるべきものは、その舞台に相応した真剣で心をこめた劇でなくてはならぬ。人間の小刀細工のいい加減なごまかしは駄目である。」確かに、この世は、神が私たちのために備えてくださった舞台であると言えます。そして、私たちは神のドラマの中で、一生懸命に与えられた役を演じるべ

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now