今までのメッセージを掲載しています。

 

 

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書箇所】 ネヘミヤ5:14~19 ​ 【タイトル】 「ネヘミヤ記(10)―ネヘミヤの総督としての覚悟―」 ​ 【前置】 前回のメッセージを簡単に振り返る。ネヘミヤはエルサレムに帰還して城壁再建工事に着手したが、その工事に対して、そこに住み着いていたサマリヤ人やアラム人、またアラブ人たちの妨害に会うという問題に遭遇した。しかし、問題はそのような外部からの妨害という問題だけではなく、同胞のユダヤ人のうちからも発生した。それは、一部の裕福なユダヤ人や権力のある者が、貧しいユダヤ人や弱い立場のユダヤ人を搾取しているという問題であり、その問題によって肝心の城壁再建工事がストップせざるを得ないという状況に陥ったからである。ネヘミヤは、そのようなことは良くないことだと訴え、ネヘミヤ自身もいくらかの富を持つ立場にあったが、本来の城壁再建工事に人々が専念できるように、その富を放棄し、裕福な人々に対してもその富を放棄するように訴え、そして人々もそれに応えて実行した。それが先週までのところだった。この場合の富というのは、富に関する権威ということで、具体的には、ユダヤ人たちが同胞の間で貧しさのために貸し借りを行なった際の利子を取るということや、貧しさのために子供を奴隷として売り買いするというような律法に反すること、みこころに反することを止めようということです。 ​ さて、今日の個所には、それに続いてネヘミヤが城壁再建工事のために行なったことが記されている。何を行なったのか、早速見て行こう。 ​ 【本論】 Ⅴ14~Ⅴ15:「また、私がユダの地の総督として任命された時から、すなわち、アルタシャスタ王の

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】 ルカ10:25~37 ​ 【タイトル】 「あなたも行って同じようにしなさい。」 ​ 【序論】 ある日本人留学生がアメリカのホストファミリーにお世話になっている時、ホストファミリーから教会に行くように誘われた。しかし、彼は2年間の滞在中一度も行くことはなかった。そんな彼が日本に帰ると、そこである人からイエス様の話を聞き、イエス様を信じるようになった。そのことを彼はかつてお世話になったホストファミリーの方に知らせるメールの中で、彼は彼らにこう書いた。「教会に来て下さいだけではなく、どうしてイエス様について話してくれなかったのですか?」と。 ※人が救われるのは、イエス様を知り、イエス様を信じて救われる。教会に来ることによってでも、聖書を読むことによってでもない。何故なら、キリスト教というのは、イエス様との関係だからです。イエス様は言われた。 ​ ヨハネ5:39~40:「あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べています。その聖書が、わたしについて証言しているのです。それなのに、あなたがたは、いのちを得るためにわたしのもとに来ようとはしません。」と。 ​ どんなに聖書を調べても、イエス様を信じなければ、人は永遠のいのちを得ることは出来ない。聖書が証言しているイエス様のところへ行くことが大切なのです。 ​ ◎今日は、この私たちがイエス様を信じて救われる「救いに至る信仰」について、もう一度、何が大切なのだろうかということを、聖書から一緒に考えて行きたい。 ​ 【本論】 ある律法の専門家がイエス様に「何をしたら永遠のいのちを自分のものとして受けることが出来

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

Ⅱペテロ3:11:「このように、これらのものはみな、くずれ落ちるものだと すれば、あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。」 ​ 【タイトル】 「聖い生き方をする敬虔な人(8)―狭い門から入りなさい。―」 ​ 【序論】 今日もまた、このみことばから始めて行く。このみことばの伝えるメッセージは極めて明確で、この世のすべてのものは、世の終わりが来ると、どんなものでも燃えて崩れ去り、消え去ってしまう。だから、そのようなものを頼りとしないで、神様がくださった聖さ、敬虔さを大切にして、ますますそのようにして生きて行こうではありませんか、と教えているみことばです。 ​ この世には、目には見えないけれども神の国とサタンの国がある。勿論、神の国の方がサタンの国よりも力があり、その支配と領域において遥かにまさっているが、しかし、イエス様が再臨されて千年王国が過ぎ去るまで、今の時も、サタンの国は地上にあって、さまざまな形で人々を、そして私たちをも食い尽くそうと働いている。Ⅰペテロ5:8bにある通り。 ​ Ⅰペテロ5:8b:「あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。」 ※こういう時代に生きている私たちだからこそ、ペテロは、この世と共に滅びることがないように、「あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。」というのです。 ​ 今日もう一度、神の民とされて神の国に生きている私たちに対し、この「どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないか」と言っていることについ

これまでのメッセージ

下よりお選びください

 

2017.4.9以前のメッセージ

ここをクリックして、ご覧ください。

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now