​信仰の養いのためや神様への目が開かれるための牧師からの推薦図書です。お薦めします!

神の栄光のためにー霊的戦いー(テモテ・M・ワーナー著、新生宣教団出版)

1,800円(税込)

 今は天に召された故古山洋右師により翻訳され、20年以上前の1995年に初版が発行された本です。しかし、今日でも変わることない、クリスチャン、教会、特に教役者にとって重要な牧会・伝道の現場における霊的戦いの諸相が語られています。西欧から入って来た理知的な面が目立つ神学の影響を受けている日本の教会にとって、霊的な面に目

を向けさせる良書だと思います。

​ 伝道・牧会に行き詰まりを覚えている方に、一読をお勧めします。

新信仰生活入門(ジョン・ホワイト著/中台孝雄訳)

1,200円(すぐ書房)

​ 著者はカナダの大学で精神医学を教えている精神科医であるが、信仰における精神(霊、心)の領域を聖書の言葉でみごとに解き明かしている。訳者の中台孝雄師があとがきで述べているが、この本は題名にあるように、一見、数多くある信仰生活に関する容易なハウツーものの一つかと思えるが、全くそのようなものではなく、原題に "The Fight, A practical Handbook of Christian Living" となっているように、信仰の霊的戦いの側面の実際面を、聖書の言葉に立って解説している優れた本である。信仰生活が長いクリスチャンに対しても是非一読を薦めたい。

家族に「神のかたち」を取り戻そう(関真士著)

1,600円+税(地引網出版)

人格とは「神のかたち」であることを基軸に、子育ての問題、夫婦関係の問題を論じている。しかし、ただ論じているだけではなく、著者の体験を通しての的確で祝福に満ちたアドバイスの言葉で満ちている。勿論、その土台は聖書の言葉である。子育てに、また夫婦関係に悩んでいる方、今いちと感じている方、もっと良くなりたいと願っている方、どんな人にも益となる本です。お薦めします。なお、著者の関真士先生は、私たちの教会と同じ法人に属している新座ニューライフチャペルで、ハワイに行かれる前まで牧会なさっていた先生で、このような素晴らしい本を著されて嬉しく思います。

命のビザ、遥かなる旅路ー杉原千畝を陰で支えた日本人たちー(北出 明著)

800円+税(交通新聞社)

 第2次世界大戦中、ナチス・ドイツの迫害の手から逃れるためにポーランドを脱出し、第3国に逃げ延びるために、隣国リトアニアから有名な杉原千畝ビザによって日本に渡って来たユダヤ人を運んだ日本郵船所属の「天草丸」にまつわる人々を追いかけ、証言を記すとともに、当時の日独伊三国協定が結ばれていた中にあって、ヨーロッパからのユダヤ人難民を救うために働いた日本人愛と勇気の記録である。

​「狭い道」(ディビッド・W・F・ワング/David W・F・Wong著 小山大三監訳記事)

1,800円+税 (岐阜純福音出版会)

​ 真の中庸とは、単なる中道ではなく、最も過激で、最も本質的で、最も自由な、躍動に満ちた道であることを教えている刮目の書物です。つまり、イエス様の歩まれた道そのものなのです。熱くも冷たくない信仰生活に厭きた方にとって、霊的カンフル剤になること請負です。

Please reload

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now