自由を与えてくれる友

 「ああ、あなたは心のうちの真実を喜ばれます。それゆえ、私の心の奥に知恵を教えてくだ

 さい。」                                (詩篇51:6)


 明らかにされた真理は神のみことばにより啓示され、私たちはその真理によって生きる者です。ダビデは偽りの中に生きていた時、彼は大きな苦しみを抱えて生きなければなりませんでした。しかし、彼がついに真理を認めて自由を見出した時、彼は「幸いなことよ。【主】が、咎をお認めにならない人、その霊に欺きのない人は。」(詩篇32:2)と言うことが出来たのです。ダビデはそのことを後で振り返った時、次のように言いました。「ああ、あなたは心のうちの真実を喜ばれます。それゆえ、私の心の奥に知恵を教えてください。」(詩篇51:6)と。

 私たちは偽りを捨て、愛をもって真理を語らなければならない者です。(エペソ4:15、25)精神的に健康な人は、現実の中で生きながら、比較的思い煩いから自由になっています。キリストにあるクリスチャンは、欺きを棄て、真理を抱くということで、その本質を現わしているのです。

 欺きは、サタンが築いている要塞の中でも見分けが難しいものです。依存症に囚われている人が自らを偽り、同じ行動を取り続けているのを見たことがあるでしょうか。アルコール依存者は自分がそのような者であることを否定し、拒食症の人もそんな者ではないと偽り、性依存に陥っている人もそれを認めようとはしません。偽ることは偽りの父であるサタンの防御における常套手段だからです。(ヨハネ8:44)

 どんな回復プログラムであっても、最初にとるステップは、否認を脱し、真理に向き合うことです。真理は決して敵になりえません。いつも自由を与える友なのです。偽りに捕らえられている人はその暗闇の中で逃げ回り、偽りの生活を続け、その中で弱り疲れ果てて行きます。

 「神は光であって、神のうちには暗いところが少しもない。・・・。」(Ⅰヨハネ1:5)私たちは「もし神が光の中におられるように、私たちも光の中を歩んでいるなら、・・・。」(Ⅰヨハネ1:7)とあるように、光の中を歩まなければならないのです。真理が偽りの中で生きる苦しみを消し去る時、大きな自由を私たちは見出すからです。

 長年の間偽りの生活を続けて来たあなたにとっては、真理を選ぶことは困難かもしれません。これまで生き延びるためにとって来た偽りの防御システムを取り除くためは、専門家の助けを必要とするでしょう。クリスチャンの場合は、ただ一人の方、イエス様が必要なだけです。罪赦されていることを知り、神の子として受け入れられていることを知ることは、あなたを現実に向き合わせ、真理に目覚めさせ、自由にします。

 「主よ。私は真理を選び取ります。そしてあらゆる自己欺瞞と、それを覆う誤まった合理化の行動

 と態度を捨て去ります。」(ニール・アンダーソン)

                       Freedom in Christ Ministries International 掲載許可

0回の閲覧

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now