主日礼拝メッセージ 金子辰己雄師

【タイトル】

「家族の救いと信仰の継承(6)―家族の救いは自分から―」

【聖書個所】

マルコ9:14~24

【導入】

 今日この聖書個所を選んだのは、この後イエス様は、この子に取り憑いているおしとつんぼの霊に向かい、V25:「おしとつんぼの霊。わたしがおまえに命じる。この子から出て行きなさい。二度と入ってはいけない。」と命じ、この子とその父親を長い間苦しめていたものからこの親子を解放された。今日は、その解放のわざそのものについて語るのではなく、先程読んだように、自分の子をおしとつんぼの霊から解放してもらうためにイエス様のところに連れて来て、そしてイエス様と問答しているこの父親の言葉から、今年の私たちのテーマである「家族の救い」について、何が鍵になるのかを学んで行こうと思う。

【本論】

 イエス様がペテロとヤコブ、そしてヨハネを連れて山に登り、変貌を遂げてから再び山から下りて来ると、律法学者を始めとして、人々が残りの9人の弟子たちの周りに群がり議論していた。イエス様が、V16:「あなたがたは弟子たちと何を議論しているのですか。」と聞かれると、その群衆の中の一人がイエス様に答えて言った。

V17:「先生。口をきけなくする霊につかれた私の息子を、先生のところに連れて来ました。その霊が息子にとりつくと、所かまわず彼を押し倒します。そして彼はあわを吹き、歯ぎしりして、からだをこわばらせます。それでお弟子たちに、霊を追い出すよう願ったのですが、できませんでした。」

 するとイエス様は、弟子たちも含め、そこにいるすべての人に対してこう言った。

V19:「ああ、不信仰な世だ。いつまであなたがたといっしょにいなければならないのでしょう。いつまであなたがたにがまんしていなければならないのでしょう。その子をわたしのところに連れて来なさい。」

 「ああ、不信仰な世だ。」と、イエス様は彼らを責められた。そして、「その子をわたしのところに連れて来なさい。」と言われた。そこで、人々がその子をイエス様のところに連れて来ると、

V20:「その子」(脚注:「その霊」)がイエスを見ると、霊はすぐに彼をひきつけさせたので、彼は地面に倒れ、あわを吹きながら、ころげ回った。」と言う。そうすると、

V21:「イエスはその子の父親に尋ねられた。『この子がこんなになってから、どのくらいになりますか。』父親は言った。『幼い時からです。』」

このイエス様の、この父親に対する質問は不思議である。目の前で苦しんでいる子供に対して何もすることなく、父親に対して「この子がこんなになってから、どのくらいになりますか。」と、ある意味、悠長に尋ねているのである。ちょうど交通事故で瀕死の状態になっている人が救急病院に運び込まれたのに、医者が「どうしてこの人は交通事故にあって、こんな状態になってしまったのですか?」と、付き添いに訊いているようなものである。

※しかし、ここに私たちが「家族の救い」に関して覚えて置かなければならない重要な鍵がある。それは、「家族の救い」は、先ずそれを求める自分たちから始まるということ。イエス様は、おしやつんぼの霊に取り憑かれ、イエス様や父親、弟子や群衆の前であわを吹きながら転がり回っている子供には何もしないで、その父親に対して「この子がこんなになってから、どのくらいになりますか。」と尋ねた。それは、それがこの子にとっても、またこの父親にとっても、それが先ずこの時一番優先すべき大切なことだったからです。イエス様には、どんな時でも、判断の誤りとか見当違いなどはないのである。また、私たちが苦しんでいるのを放っておいて、それを弄ぶことなどないからです。

 イエス様が、「この子がこんなになってから、どのくらいになりますか。」と訊くと、父親は、「幼い時からです。」と答えた。この「幼い時からです。」の「時の経過」がどの位かは分からない。しかし、その時の経過