主日礼拝メッセージ 金子辰己雄師

【タイトル】

「キリストが与えるもの―ラブ・ソナタが与えるものー」

【聖書個所】

ヨハネ6章:26節~27節

【導入】

 イエス様は、カペナウムを中心にガリラヤ地方で伝道されていたが、ある時、弟子たちが伝道活動をして帰って来たので、彼らを休ませるためにガリラヤ湖を渡り、ルカ9:10によるならばベッサイダという町に退いたと言う。つまり、休息をとるために静かな場所に行ったわけです。

 ところが折角の休みにも拘わらず、そこに多くの人々がイエス様の話を聞き、また癒しを受けようと、人々が徒歩で追いかけて来た。マルコ6:33では、「先に着いてしまった。」とある。

 それでイエス様はそんな彼らを憐れみ、教え始められたり、癒しのわざを為された。その内に陽が落ちて暗くなり始めたので、弟子たちは彼らを解散させて近くの村や部落で宿をとらせて食事が出来るようにさせようとイエス様に話すと、イエス様は彼らに、「あなたがたで、あの人たちに何か食べるものを上げなさい。」と言った。(マルコ6:37)

 この後は私たちもよく知っている5千人の給食の奇跡の出来事である。その内容は4つの福音書に共通して記されている。しかし、4つの福音書に共通して記されているイエス様に関することは実はそれほど多くなく、164(ある本では250)ある出来事のうちの15(12)しかない。5千人の給食はその中の一つ。だからそれは重要なことであるということを示す。

 今日開いた聖書個所は、そんな重要な出来事が起きたあとのイエス様が語られたところである。何故イエス様はこのことを語られたのか?―その語られた背景を少し説明すると;

 イエス様は5千人の給食の奇跡を行なった後、再び弟子たちとカペナウムに戻って来た。すると、湖の向こう岸で給食の奇跡に預かった人々が再びやって来て、そしてイエス様を見つけて、「先生。いつここにおいでになりましたか。」と尋ねた。(ヨハネ6:25)

 今日のみことばはその群衆のイエス様に対する質問の答えであり、ここに、今日のテーマである「キリストが与えるもの」としてのメッセージが、3つのポイントである。

【本論】

(1)「救いという新しいいのち」を与える。

ヨハネ6:26~27:「イエスは答えて言われた。『まことに、まことに、あなたがたに告げます。あなたがたがわたしを捜しているのは、しるしを見たからではなく、パンを食べて満腹したからです。なくなる食物のためではなく、いつまでも保ち、永遠のいのちに至る食物のために働きなさい。それこそ、人の子があなたがたに与えるものです。』」

 「なくなる食物ではなく、いつまでも保ち、永遠のいのちに至る食物」とは、イエス・キリストのこと。イエス様はこう言われた。