Please reload

これまでのメッセージ

主日礼拝メッセージ 金子辰己雄師

【タイトル】

「キリストが与えるもの―ラブ・ソナタが与えるものー」

【聖書個所】

   ヨハネ6章:26節~27節

【導入】

 イエス様は、カペナウムを中心にガリラヤ地方で伝道されていたが、ある時、弟子たちが伝道活動をして帰って来たので、彼らを休ませるためにガリラヤ湖を渡り、ルカ9:10によるならばベッサイダという町に退いたと言う。つまり、休息をとるために静かな場所に行ったわけです。

 ところが折角の休みにも拘わらず、そこに多くの人々がイエス様の話を聞き、また癒しを受けようと、人々が徒歩で追いかけて来た。マルコ6:33では、「先に着いてしまった。」とある。

 それでイエス様はそんな彼らを憐れみ、教え始められたり、癒しのわざを為された。その内に陽が落ちて暗くなり始めたので、弟子たちは彼らを解散させて近くの村や部落で宿をとらせて食事が出来るようにさせようとイエス様に話すと、イエス様は彼らに、「あなたがたで、あの人たちに何か食べるものを上げなさい。」と言った。(マルコ6:37)

 この後は私たちもよく知っている5千人の給食の奇跡の出来事である。その内容は4つの福音書に共通して記されている。しかし、4つの福音書に共通して記されているイエス様に関することは実はそれほど多くなく、164(ある本では250)ある出来事のうちの15(12)しかない。5千人の給食はその中の一つ。だからそれは重要なことであるということを示す。

 今日開いた聖書個所は、そんな重要な出来事が起きたあとのイエス様が語られたところである。何故イエス様はこのことを語られたのか?―その語られた背景を少し説明すると;

 イエス様は5千人の給食の奇跡を行なった後、再び弟子たちとカペナウムに戻って来た。すると、湖の向こう岸で給食の奇跡に預かった人々が再びやって来て、そしてイエス様を見つけて、「先生。いつここにおいでになりましたか。」と尋ねた。(ヨハネ6:25)

 今日のみことばはその群衆のイエス様に対する質問の答えであり、ここに、今日のテーマである「キリストが与えるもの」としてのメッセージが、3つのポイントである。

【本論】

(1)「救いという新しいいのち」を与える。

ヨハネ6:26~27:「イエスは答えて言われた。『まことに、まことに、あなたがたに告げます。あなたがたがわたしを捜しているのは、しるしを見たからではなく、パンを食べて満腹したからです。なくなる食物のためではなく、いつまでも保ち、永遠のいのちに至る食物のために働きなさい。それこそ、人の子があなたがたに与えるものです。』」

 「なくなる食物ではなく、いつまでも保ち、永遠のいのちに至る食物」とは、イエス・キリストのこと。イエス様はこう言われた。

ヨハネ6:35:「イエスは言われた。『わたしがいのちのパンです。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません。』」

 イエス様は給食の恵みに預かり、そしてイエス様を捜しに追い掛けて来た人々に言った。

ヨハネ6:26:「イエスは答えて言われた。『まことに、まことに、あなたがたに告げます。あなたがたがわたしを捜しているのは、しるしを見たからではなく、パンを食べて満腹したからです。』

 イエス様による5千人の給食の奇跡の目的は、ただ彼らの空腹を満たすためのものではなく、彼らに「救い」という「新しいいのち」を与えるためのものであった。それが「5千人の給食のしるし」だとイエス様は言われた。5千人の給食の奇跡は、V4にあるように、「過越の祭」が間近に迫っている中で行なわれたのであって、これはイエス様の十字架による罪の赦しのための子羊が屠られたこと(からだが裂かれ、血が流されたこと)を意味する。

※キリストは、私たちに「罪の赦し、救い」という新しいいのちを与えるために来られたのです。

例:アントニオ古賀さんの救いのこと。今回のラブ・ソナタで救われた人数(25日、26日の両日で719名)のこと。

(2)「使命」を与える。

V27:「なくなる食物のためではなく、いつまでも保ち、永遠のいのちに至る食物のために働きなさい。それこそ、人の子があなたがたに与えるものです。』」

例:日野原重明さんのこと。7月18日召天。105才。

 1970年3月31日、よど号のハイジャックに遭い、4日後に金浦空港で解放されて以来、与えられたいのちを人のために使おうと決心され、その使命感をもって生きて来られた。全国の小学校で、「いのちの授業」もされ、「いのちの使い道」即ち「使命」について教えられた。

 イエス様も、そのように「いのちの使い道」、「使命」について教えておられたのである。「永遠のいのちに至る食物のための働き」は、所謂「献身」だけを意味しないが、今回のラブ・ソナタでは、多くの若者が集まった25日の「ゴスペルナイト」での献身の招きでは、牧師宣教師として153名、信徒献身者として617名、合計770名が献身の決心をされた。献身者が少ないと言われる今日において、希望が持てる数字である。献身された方々のために祈りたい。

(3)「途切れることのないいのち、永遠のいのち」を与える。

 キリストは「新しいいのち、救い」を与え、救われたクリスチャンに「使命」を与え、それが全うするように、キリストはすべての人に「途切れることのないいのち」を与えられる。神様は私たちが救われて、ただそのままの状態ではなく、御自身の香りを放つ、御自身の栄光を現わす、豊かに実を結ぶ者になることを願っているのである。そのためにイエス様は来られたと言われる。

ヨハネ10:10b:「わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。」

ヨハネ15:16:「あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。それは、あなたがたが行って実を結び、そのあなたがたの実が残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものは何でも、父があなたがたにお与えになるためです。」

 「また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものは何でも、父があなたがたにお与えになるためです。」とあるように、神様の栄光のために実を結ぼうと願うならば、神様はどんなことでもして下さるのです。

ローマ8:32:「私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。」

【結論】

 私たちは将来を思う時、自分には出来ないと否定的になりやすい。それは、過去の失敗や過ちがあるからです。しかし、どんなに過去に失敗や過ちがあっても、神様は成して下さるのです。

 樹木が自らの命によって傷を癒すように、私たちに与えられたいのちは私たちの過去のどんな傷があっても癒すことが出来、そして実を結ばせることが出来るのである。

 

詩篇19:7:「【主】のみおしえは完全で、たましいを生き返らせ、【主】のあかしは確かで、わきまえのない者を賢くする。」

 

詩篇1:1~3:「幸いなことよ。悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人。まことに、その人は【主】のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。」のように。

※鍵は、ただ「途切れることのないいのち、永遠のいのち」を受け続けるために、私たちがしっかりとキリスト(みことば)に留まることです。

ヨハネ15:5:「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。」

―祈り―

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2015-2019 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now