Please reload

これまでのメッセージ

主日礼拝メッセージ 金子辰己雄師

【タイトル】

「小預言書(26)ホセア書⑬―それでも主は救われる。ー」

【聖書個所】

   ホセア13章:1節~16節

【本論】

V1:「エフライムが震えながら語ったとき、主はイスラエルの中であがめられた。しかし、エフライムは、バアルにより罪を犯して死んだ。」

 「震えながら」とは「恐れおののきながら」ということ。ここに、神と人との関係において何が無くてはならないか、そして、それが無いと神と人との関係はどうなるのかが語られている。神と人との関係において、人の側に神に対する恐れが無いと、人はバアル(偶像)に走り、その罪のために死ぬことになる。パスカルは、「人間の心には、神しか埋めることが出来ない空洞がある。」と言った。作家の三浦綾子さんは、「夫といて なおも淋しきこの夕べ 聖句幾つか胸に浮かび来。」と詠った。愛する伴侶の愛でさえも埋めることが出来ない空洞があるのである。その空洞を神以外のもので埋めようとしても、虚しさは残るのである。イスラエルの民は、それをバアルに求めた。その偶像礼拝の様子とその虚しさが、V2~V3で語られている。

V2~V3:「彼らは今も罪を重ね、銀で鋳物の像を造り、自分の考えで偶像を造った。これはみな、職人の造った物。彼らはこれについて言う。『いけにえをささげる者は子牛に口づけせよ。』と。それゆえ、彼らは朝もやのように、朝早く消え去る露のように、打ち場から吹き散らされるもみがらのように、また、窓から出て行く煙のようになる。」

 この偶像は、人の手で作った偶像である。そんな民に神はご自身を明らかにする。

V4~V5:「しかし、わたしは、エジプトの国にいたときから、あなたの神、【主】である。あなたはわたしのほかに神を知らない。わたしのほかに救う者はいない。このわたしは荒野で、かわいた地で、あなたを知っていた。」

 「知っていた」とは、「契約を結んだ」ということ。しかし、そうであるにも関わらず、イスラエルの民は、その契約を結んだ神を忘れ、もう一つの偶像に走ってしまうので、神は彼らを、獅子やひょう、雌熊が襲うように、彼らを裁くと言った。

V6~V8:「しかし、彼らは牧草を食べて、食べ飽きたとき、彼らの心は高ぶり、わたしを忘れた。わたしは、彼らには獅子のようになり、道ばたで待ち伏せするひょうのようになる。わたしは、子を奪われた雌熊のように彼らに出会い、その胸をかき裂き、その所で、雌獅子のようにこれを食い尽くす。野の獣は彼らを引き裂く。」

 このもう一つの偶像礼拝とは、「しかし、彼らは牧草を食べて、食べ飽きたとき、彼らの心は高ぶり、わたしを忘れた。」とあるように、「物質的な、そしてそこから来る満ち足りた豊かさ」である。神様は御自身の恵みのゆえに、私たちに必要なものを豊かに与えて下さるが、私たちはその「豊かさ」のゆえに、それに満足し、それを与えて下さる神を忘れてしまうものである。神様はイスラエルの民に、かつてモーセを通し、恵みの地であるカナンに入っても、決して神様を忘れてはならないと警告された。もし忘れることがあるならば、その豊かさは取り上げられ、滅びることになると警告されたのであった。

申命記6:10~15:「あなたの神、【主】が、あなたの先祖、アブラハム、イサク、ヤコブに誓われた地にあなたを導き入れ、あなたが建てなかった、大きくて、すばらしい町々、あなたが満たさなかった、すべての良い物が満ちた家々、あなたが掘らなかった掘り井戸、あなたが植えなかったぶどう畑とオリーブ畑、これらをあなたに与え、あなたが食べて、満ち足りるとき、あなたは気をつけて、あなたをエジプトの地、奴隷の家から連れ出された【主】を忘れないようにしなさい。…。」

 パウロは、このような「豊かさから来る偶像礼拝」を、貪りから来る偶像礼拝といった。

コロサイ3:5:「ですから、地上のからだの諸部分、すなわち、不品行、汚れ、情欲、悪い欲、そしてむさぼりを殺してしまいなさい。このむさぼりが、そのまま偶像礼拝なのです。」

※これこそが、今日、私たちが注意をしなければならない偶像礼拝です。次に神は、イスラエルの民にとって第3の偶像についても警告している。

V9~V13:「イスラエルよ。わたしがあなたを滅ぼしたら、だれがあなたを助けよう。あなたを救うあなたの王は、すべての町々のうち、今、どこにいるのか。あなたのさばきつかさたちは。あなたがかつて、「私に王と首長たちを与えよ」と言った者たちは。わたしは怒ってあなたに王を与えたが、憤ってこれを奪い取る。…。」

 イスラエルを治める「王」のこと。民は、最後のさばきつかさであるサムエルが現れた頃、サムエルを通して神に、彼らを治める王を与えてくれるように頼んだ。神は譲歩し、彼らに王を立てられた。しかしその時に彼らに条件として次の言葉を与えていた。

Ⅰサムエル12:12~15:「…。もし、あなたがたが【主】を恐れ、主に仕え、主の御声に聞き従い、【主】の命令に逆らわず、また、あなたがたも、あなたがたを治める王も、あなたがたの神、【主】のあとに従うなら、それで良い。もし、あなたがたが【主】の御声に聞き従わず、【主】の命令に逆らうなら、【主】の手があなたがたの先祖たちに下ったように、あなたがたの上にも下る。」

 それなのに、彼らはそれを忘れ、バアルに頼み、人間の王により頼んだ。それで、

 

V15~V16:「彼は兄弟たちの中で栄えよう。だが、東風が吹いて来、【主】の息が荒野から立ち上り、その水源はかれ、その泉は干上がる。それはすべての尊い器の宝物倉を略奪する。サマリヤは自分の神に逆らったので、刑罰を受ける。彼らは剣に倒れ、幼子たちは八つ裂きにされ、妊婦たちは切り裂かれる。」

 

 と裁きを宣告された。しかし、そんな神のイスラエルへの裁きを告げる預言の中で、彼らの救いに関する神の預言が熱く語られている。それが、

 

V14:「わたしはよみの力から、彼らを解き放ち、彼らを死から贖おう。死よ。おまえのとげはどこにあるのか。よみよ。おまえの針はどこにあるのか。あわれみはわたしの目から隠されている。」

 

 である。これは、パウロがⅠコリント15:55で引用したみことば。そこには、キリスト・イエスによる、私たちの肉の力では打ち勝つことの出来ない罪と死の力に対する勝利が宣言されているのです。

Ⅰコリント15:55:「死よ。おまえの勝利はどこにあるのか。死よ。おまえのとげはどこにあるのか。死のとげは罪であり、罪の力は律法です。しかし、神に感謝すべきです。神は、私たちの主イエス・キリストによって、私たちに勝利を与えてくださいました。」

 パウロは、ローマ7:24~8:2でも、次のようにキリストによる罪と死に対する勝利を宣言している。「私は、ほんとうにみじめな人間です。だれがこの死の、からだから、私を救い出してくれるのでしょうか。私たちの主イエス・キリストのゆえに、ただ神に感謝します。ですから、この私は、心では神の律法に仕え、肉では罪の律法に仕えているのです。こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。」これは、彼のどんなことをしても心の空洞を埋めることが出来ない罪と死の力への勝利の宣言なのである。

【結論】

 私たちはどうだろう?-今は恵みの時、救いの日。神に求めるなら、その空洞を埋めてもらい、虚しさから、罪と死の力から解放され、キリストによって勝利の生活を送ることが出来る時である。だから、キリストを求めよう。心にキリストを迎えようではないか。

へブル4:15~16:「私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。」

―祈り―

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now