主日礼拝メッセージ 金子辰己雄師

【タイトル】

「家族の救いと信仰の継承(12)―信仰と希望と愛をもって」

【聖書個所】

ガラテヤ6:9~10

【本論】

 聖書は私たちに対し、霊的原則として、神との関係の中での私たちの「在り方」と「行い」について、また人間としてのお互いの関係の中での「在り方」と「行い」について教えている。その例として、「十戒」の中の第1戒から第4戒と、律法学者のイエス様に対する質問「すべての命令の中で、どれが一番たいせつですか。」に対して答えられた答え=「先ず心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして神を愛すること」が、私たちと神との関係の中での教えであり、「十戒」の第5戒~第10戒、またイエス様の律法学者に対する答え:「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」という隣人に対する愛が、お互いの間、今日のメッセージでいうならば、家族の中での教えである。

 それと同様に、今日の箇所でも、聖書は「私たちと神との関係」と、「家族の中での関係」というところに視点を置いて、私たちの「在り方」と「行い」が教えられている。

(1)家族の中での関係において:「善を行なうのに飽いてはならない。」

Ⅴ9:「善を行うのに飽いてはいけません。」

 「飽いてはいけません」というのは、「諦めてはいけない。どんなことがあってもギヴアップしてはいけない。」ということ。そして、私たちクリスチャンにとっての「善」とは?

①みことばを宣べ伝えること。証しをすること。福音を語ること。何故なら、それによって信じる人に永遠のいのち、救いを与えることが出来るからである。

Ⅱテモテ3:15b:「…。聖書はあなたに知恵を与えてキリスト・イエスに対する信仰による救いを受けさせることができるのです。」

マタイ16:26:「人は、たとい全世界を手に入れても、まことのいのちを損じたら、何の得がありましょう。そのいのちを買い戻すのには、人はいったい何を差し出せばよいでしょう。」

※この世界で、まことのいのち、永遠のいのちに代わるほど大切なものはない。またこのいのちは神様しか与えることの出来ないもの。だから神様は、この世にそのいのちを与えるために御子をこの世に贈って下さった。それがクリスマスの賜物です。だから、みことばを宣べ伝えること、証しをすること、福音を語ることは、この世でクリスチャンが出来る最も善いことである。

次に、クリスチャンにとっての「善」とは、

②隣人、家族を愛すること。