Please reload

これまでのメッセージ

主日新年礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

 創世記1:26~27

 

【タイトル】

「神のかたち(2)―われわれに似るようにー」

【聖書個所】

 創世記1:26~27

【導入】

  今朝は、元旦礼拝の中で触れた、神様が私たちを「かたち」造って

くれた2つのこと、①「存在」、「在り方」と、②「使命」、「役割」

の内の、①「存在」、「在り方」についてメッセージを取り次ぐ。私

たちは「神様のかたち」として造られた者として、どのような「存在」

なのであろうか。

【本論】

  今日のポイントはただ一点、私たちは「一体」という「存在」として

造られたのであるということ。

Ⅴ26:「われわれに似るように、われわれのかたちに、人を造ろう。」

 どうして唯一なる神様が、「われわれに似るように」と言って、「われわれ」と言う言葉を使われたのだろう?―それは、神は「三位一体」の神様(父なる神、子なる神、聖霊なる神の三位、三つの人格をもつ神様ということ)だからである。そして、

創世記1:27b:「神のかたちに彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。」

 とあるように、「彼」という単数でありながら「男と女とに彼らを創造された。」というように、私たち人をも複数に造られたのである。ここに、私たちは神様と同じような「存在」として造られたことが分かる。それだけではなく、

創世記2:23~24:「人は言った。『これこそ、今や、私の骨からの骨、私の肉からの肉。これを女と名づけよう。これは男から取られたのだから。』2:24 それゆえ男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となるのである。」とあるように、

 私たちは、神様のように「一体」なるものとして造られたと聖書は言う。「一体」というのは、文字通り「肉にあって一つ」という意味であり、単に「三位一体」のように、神学的用語や高尚な意味のある言葉ということではなく、文字通り、触れ得る具体的な「肉の塊として一つ」という意味なのです。神様は初め、「アダム=男」しか造られなかった。しかしその後に、男の体から一つの骨をとり、その骨から女を造られたと言う。だから元々は、女は男の一部だったので、結び合うことで肉体の塊として一つになるということを言っているのである。どこをどう切っても、同じ一つの肉体だということを言っているのです。

※これが「一体」になるということの本質的な意味であって、神様が「われわれに似るように」、また「神のかたちに」という、神様が私たちを造られた時に、どのような思いを持って私たちを造られたのかという神様の御心を示しているところである。

 ところが、現実には今の世で、神様のように「一体」となっているものは何一つ存在しない。個人レベルでも、夫婦、親子、家庭、社会、教会、会社、あらゆる組織、団体、国、地域、ひとつひとつ数え上げることは出来ないが、この世に存在しているすべてのものに、神様のかたちのように「一体」となっているものは存在していない。

 

引用:「神の民として選ばれているユダヤ人が2人集まると、3つの意見と4つの政党が生まれる。」という。一体になるのが難しいという民族性ジョークだが…。因みに、「ドイツ人が2人集まると、3つの規則と4つの法律が生まれる。」、「日本人が2人集まると、3つの銀行と、4つの会社が生まれる。」とも言われる。

◎ではどうしてこうなったのか?―ご存知のように罪が入ったためである。この世に罪が入ったために、本来神様が一体として造られたものは壊され、ばらばらになってしまったのである。

 今日のみことばで、Ⅴ27b:「神のかたちに彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。」とあるにも拘わらず、今日では、LGBT(Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender=Gender Identity Disorder)が違和感なく社会で受入れられ始めているように、男と女の区別はなくなりつつある。また聖書でも、ローマ1:26~27:「こういうわけで、神は彼らを恥ずべき情欲に引き渡されました。すなわち、女は自然の用を不自然なものに代え、同じように、男も、女の自然な用を捨てて男どうしで情欲に燃え、男が男と恥ずべきことを行うようになり、こうしてその誤りに対する当然の報いを自分の身に受けているのです。」とあるように、2000年前以上から、神様の創造の秩序、性差別の秩序は破壊されていた。

 しかし、神様はそれをいつまでも放置されていたわけではなかった。神様はご自分の御子をこの世に送り、そのすべての罪の結果である「不一致」を「一体」、「ひとつ」とするために、贖いのみわざをなされた。それが、先週語った、この聖書の、そして神様の創造の初めからの御計画だった、「起承転結」の「転」に当たる「贖い」のわざである。

エペソ2:1~5:「あなたがたは自分の罪過と罪との中に死んでいた者であって、そのころは、それらの罪の中にあってこの世の流れに従い、空中の権威を持つ支配者として今も不従順の子らの中に働いている霊に従って、歩んでいました。私たちもみな、かつては不従順の子らの中にあって、自分の肉の欲の中に生き、肉と心の望むままを行い、ほかの人たちと同じように、生まれながら御怒りを受けるべき子らでした。しかし、あわれみ豊かな神は、私たちを愛してくださったその大きな愛のゆえに、罪過の中に死んでいたこの私たちをキリストとともに生かし、──あなたがたが救われたのは、ただ恵みによるのです。──」

 このようにして、神様は御子による贖いによって、バラバラになってしまった私たちを一つに集め、一つの体にしようとされたのです。それはどのようにして?―信仰によってである。

エペソ4:1~6:「さて、主の囚人である私はあなたがたに勧めます。召されたあなたがたは、その召しにふさわしく歩みなさい。謙遜と柔和の限りを尽くし、寛容を示し、愛をもって互いに忍び合い、平和のきずなで結ばれて御霊の一致を熱心に保ちなさい。からだは一つ、御霊は一つです。あなたがたが召されたとき、召しのもたらした望みが一つであったのと同じです。主は一つ、信仰は一つ、バプテスマは一つです。すべてのものの上にあり、すべてのものを貫き、すべてのもののうちにおられる、すべてのものの父なる神は一つです。」

 教会だけではなく、この世の中にはいろいろな違いがある。しかし、それを超えて一つにするのは「主は私の主、私たちの主」という信仰の告白によってのみ、一つになるのである。

 イエス様は、ただバラバラの考え、意見、価値観、文化、考え方をもったものをただ一つにするということでなく、また教会は、そのような異なる人たちが寄せ集められているというものでもなく、イエス様は、それらの異なるものを、御自身の十字架と復活により、根本的に、また新しく一つにされるのである。一時の砂の寄せ集めのおにぎりのようでなく、また米粒の寄せ集ったおにぎりのようなものでもなく、米粒がつぶされて一体となった餅のようなものなのです。これが、神のかたちである「一体」というものです。

 

【結論】

 イエス様の贖いのわざは、私たちの罪の赦しのためだけではなく、罪によってバラバラになってしまった私たち自身、或いはどのような体(夫婦、親子、兄弟、教会の兄弟姉妹、…)であろうと、その体を再び一体にするのです。

※今日は、この神様の創造のわざである「神のかたち」としての、私たちの「一体」としての存在、在り方を見た。次回は、夫婦、親子、兄弟、教会、…といったもう少し具体的なケースの在り方である「神のかたち」についてみことばから見て行こう。

―祈り―

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2015-2019 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now