Please reload

これまでのメッセージ

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

 

 

【タイトル】

「エズラ記(1)ー神の霊によってー」

【聖書個所】

 エズラ1:1~11

【本論】

Ⅴ1:「ペルシヤの王クロスの第一年に、エレミヤにより告げられた【主】のことばを実現するために、【主】はペルシヤの王クロスの霊を奮い立たせたので、王は王国中におふれを出し、文書にして言った。」

 「ペルシヤの王クロスの第一年」とは、BC538年のこと。「エレミヤにより告げられた【主】のことば」とは、エレミヤ25:11~12:「この国は全部、廃墟となって荒れ果て、これらの国々はバビロンの王に七十年仕える。25:12 七十年の終わりに、わたしはバビロンの王とその民、─【主】の御告げ─またカルデヤ人の地を、彼らの咎のゆえに罰し、これを永遠に荒れ果てた地とする。」また、エレミヤ29:10:「まことに、【主】はこう仰せられる。「バビロンに七十年の満ちるころ、わたしはあなたがたを顧み、あなたがたにわたしの幸いな約束を果たして、あなたがたをこの所に帰らせる。」とあるように、主がエレミヤによって語ったイスラエルのバビロン捕囚からの解放とエルサレムへの帰還、壊された神殿再建についての預言です。クロス王は、そのことを国中におふれとして布告したのである。何があって彼はそのことを行なったのか?それが今日の中心的メッセージである。それは、

(1)「神の霊によって」である。

 「【主】はペルシヤの王クロスの霊を奮い立たせたので、」とある。口語訳では、「主は、ペルシャの王クロスの心を感動されたので」とある。人は何かを為そうとする時、そこには先ず心動くことがあるものである。クロスは何によって心が奮い立ったのか、動いたのか?それは、

イザヤ44:28~45:3:「【主】は、油そそがれた者クロスに、こう仰せられた。『わたしは彼の右手を握り、彼の前に諸国を下らせ、王たちの腰の帯を解き、彼の前にとびらを開いて、その門を閉じさせないようにする。わたしはあなたの前に進んで、険しい地を平らにし、青銅のとびらを打ち砕き、鉄のかんぬきをへし折る。わたしは秘められている財宝と、ひそかな所の隠された宝をあなたに与える。それは、わたしが【主】であり、あなたの名を呼ぶ者、イスラエルの神であることをあなたが知るためだ。』」とあるように、クロスへの神の言葉によった。この言葉の通りに、彼は諸国を下らせ、ペルシャ帝国を興し、バビロニア帝国を滅ぼした。そして、捕囚に遭っていたイスラエルの民を解放したのである。

イザヤ45:13:「わたしは勝利のうちに彼を奮い立たせ、彼の道をみな、平らにする。彼はわたしの町を建て、わたしの捕囚の民を解放する。代価を払ってでもなく、わいろによってでもない」と万軍の【主】は仰せられる。」

※神は御自身のわざを為さる時、このようにして人の霊を動かし、ことを行なわれるのである。

ピリピ2:13:「神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行わせてくださるのです。」だから、2:14:「すべてのことを、つぶやかず、疑わずに行いなさい。」とあるように、従順に従ってことを行おう!クロスの場合もそうであった。

(2)神殿建設のための召命、使命を受け取った。

Ⅴ2:「ペルシヤの王クロスは言う。『天の神、【主】は、地のすべての王国を私に賜った。この方はユダにあるエルサレムに、ご自分のために宮を建てることを私にゆだねられた。」とあるように、おふれを出すということで実行した。彼だけが、それを実行し得る立場にあったからである。

 

(3)次に、ユダヤ人たちも同様に霊感を受け(感動し)、応答した。

Ⅴ5~Ⅴ6:「そこで、ユダとベニヤミンの一族のかしらたち、祭司たち、レビ人たち、すなわち、神にその霊を奮い立たされた者はみな、エルサレムにある【主】の宮を建てるために上って行こうと立ち上がった。彼らの回りの人々はみな、銀の器具、金、財貨、家畜、えりすぐりの品々、そのほか進んでささげるあらゆるささげ物をもって彼らを力づけた。」

 ここで注目したいのは、この布告を受けて応答したのは、かつての神殿を見て知っていた世代ではなく、次世代の人々であったということである。そのような彼らがどうして動いたのか?それも、クロスが受けたように、霊の感動、神のみことばによったからである。霊の感動は伝染するかのように、神のみことばの実行を可能にする。そしてそこには実際2種類の人がいた。立ち上がって行った人たちと、その周りの人たちである。「…ために上って行こうと立ち上がった人たち」(Ⅴ5)と、「回りの人々」(Ⅴ6)しかしどちらも「(自ら)進んで」とあるように、大きな勇気と決断を持って実行して行ったのである。

※私たちの教会も、バビロン捕囚ではなかったが、昨年は経済的な意味で捕囚のような状態であった。しかし、神様は私たちにその状態からの解放を与え、新たに神殿を建設するように、つまり、新たに教会を形成をするように命じられた。だから、これから私たちが建て上げようとして行く教会は、かつての教会ではなく、全く新しい教会である。神様は今、私たちのその霊を注いで、そして建て上げさせようとしている。そしてそれを実行して行くに当たっては、神殿再建のために2種類の人々がいたように、私たちもそうであって良いのです。それぞれの立場、持ち場で、その教会形成に当たれば良いのである。は、大切なことは、一人一人が霊の感動を受け、召命、使命を持ち、信仰と従順をもって立ち上がって行くことです。その時、神様は必要の一切を満たしてくださる。何故なら、既にそれは主の御手に貯えられているからです。

(4)奪われた物の回復であり、主の備えを受ける。

Ⅴ7~Ⅴ11:「クロス王は、ネブカデネザルがエルサレムから持って来て、自分の神々の宮に置いていた【主】の宮の用具を運び出した。すなわち、ペルシヤの王クロスは宝庫係ミテレダテに命じてこれを取り出し、その数を調べさせ、それをユダの君主シェシュバツァルに渡した。その数は次のとおりであった。金の皿三十、銀の皿一千、香炉二十九、金の鉢三十、二級品の銀の鉢四百十、その他の用具一千。金、銀の用具は全部で五千四百あった。捕囚の民がバビロンからエルサレムに連れて来られたとき、シェシュバツァルはこれらの物をみないっしょに携えて上った。」

 クロス王は、バビロンの王ネブカデネザルがイスラエルから奪い取ったものを保管して置き、それを神殿再建のためにイスラエルに与えられた。また、かつてイスラエル人たちがエジプトを出た時にも、エジプトから多くの財物を受け取って出て来、それを持って彼らは荒野で天幕を建てた。それと同様に、私たちも神様から、この世の君であるサタンが私たちから奪い取ったもの(霊的財産、物質的財産)を取り返して下さり、そして、私たちの教会形成のためにそれらを私たちに与えて下さる、また与えられてもいるのである。

【結論】

 これから私たちは次の世代に相応しい「新しい皮袋の新しい教会」を作って行く。それが具体的にどのようなものかは未だ分からないが、ただ分かることは、神様が私たちに御霊を注ぎ、私たちを動かされたということである。だから私たちはそれを自分の使命として受け取り、勇気と信仰をもって立ち上がって行こう。教会形成はこのように神の霊によってなされて行くのである。

マタイ16:17~18:「するとイエスは、彼に答えて言われた。「バルヨナ・シモン。あなたは幸いです。このことをあなたに明らかに示したのは人間ではなく、天にいますわたしの父です。16:18 ではわたしもあなたに言います。あなたはペテロです。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません。」

 

 ペテロは神に霊によって、「あなたは、生ける神の御子キリストです。」と告白した。教会は、この神の霊による信仰の告白の上に建てられるのである。

ゼカリヤ4:6:「すると彼は、私に答えてこう言った。「これは、ゼルバベルへの【主】のことばだ。『権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって。』と万軍の【主】は仰せられる。」

 神殿再建工事が中断されている中、主によって遣わされたザカリヤに、主は彼が見た2本のオリーブの木の幻が何であるのかを語った。そして、ゼルバベルに対して、神殿は神の霊によって建てられるものであることを伝える言葉であった。神殿も教会も、このように神の霊によって建てられるのである。

 このことを覚え、これからの私たちの新しい教会を建て上げて行こう!

―祈り―

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now