主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【タイトル】

「神のかたち(3)ー互いによってー」

【聖書個所】

創世記1:27、2:18~25

【導入】

 前回は、神様は私たちを「神のかたち」に創造されたというところか

ら、その「神のかたち」の中の、「一体になる」ということはどういう

ことかということについてみことばを取り次いだ。今日は別の視点を加

え、さらに「一体となる」ということについて理解を深めて行きたいと

思う。私たちはモノを見る時、左右二つの目でモノを見るが、それによ

って、私たちはモノをより立体的に、深み、距離感が加わって見ること

が出来る。同様に、今日は「一体となる」ということをより深みを持っ

て理解することが出来るように、もう一つの視点をもって見て行きたい

と思う。それは、「互いによって」という視点です。

【本論】

 神様は人を造られた後、Ⅴ18:「人が、ひとりでいるのは良くない。」と言われた。それまで神様は、地上にあらゆる生き物を造られた時、その後必ず「それはよい。」と言われていた。例えば、創世記1:25:「神は、その種類にしたがって野の獣を、その種類にしたがって家畜、その種類にしたがって地のすべてのはうものを造られた。神はそれを見て、よしとされた。」とあるように。

 何故、「ひとりでいる」のは良くないのか?―それは、神様は人を、それまで造って来られた地上のすべての被造物を支配させるために造られたからです。

Ⅴ26:「そして神は、『われわれに似るように、われわれのかたちに、人を造ろう。そして彼らに、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配させよう。』と仰せられた。」とある。

 しかし、それを人は「ひとり」では実行出来ないからである。だから「良くない。」と言われた。

 また、神様は人を2つの意味あいで造られた。1つは、「何のために存在しているのか」という「存在の意義」を与えて、それを理解して生きるため。2つ目は、「何をするために存在しているのか」という、「役割」を与え、それを理解して生きるため。その二つのことを考える人間観を、それぞれ「存在論的人間観」、「機能論的人間観」と言うが、神様は、人を「存在論的人間」として、「互いに」という関係の中で生きるために造られたのです。そのために、神様は「人が、ひとりでいるのは良くない。」と言われたのである。ただ「使命・役割」を果たすために「良くない