Please reload

これまでのメッセージ

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

 【聖書個所】

創世記2:18~25

【タイトル】

神のかたちの完成目指して(12)「家族の回復―聖家族の誕生―」

【本論】

 神様は人を造り、「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべてのものを支配(管理)せよ。」と命じられた。(1:28)そして、「その後、神である【主】は仰せられた。

「人が、ひとりでいるのは良くない。わたしは彼のために、彼にふさわしい助け手を造ろう。」(Ⅴ18)と言われた。

 何故「ひとりでいるのが良くない」のか、何故「彼のためにふさわし

い助けてを造ろう。」と言われたのか?―それは、先ほどの神様の命じられたことは人がひとりで居ては出来ないからである。神さまは人を造り、人が家族を作り、その家族が増え広がることによって神様の管理命令を果たすことを計画しておられたからである。

 

 そして、神様は人の前に、御自身の造った地の上の動物と空の鳥を連れて来た。その目的は一見、それらの動物の中に、人にとってふさわしい助け手をさがすためのように思われるが、そうではない。その目的は、「それにどんな名を彼がつけるかを見るために、人のところに連れて来られた。」(Ⅴ19)である。「名をつける。」というのは、そのモノの本質を見極めるということ。だから、「人が生き物につける名はみな、それがその名となった。」(Ⅴ19)ということは、「人はすべての家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名をつけた。しかし人には、ふさわしい助け手が見つからなかった。」(Ⅴ20)となっても当然である。人の本質は動物とは違うからである。そこで、

Ⅴ21~Ⅴ24:「神である【主】は深い眠りをその人に下されたので、彼は眠った。そして、彼のあばら骨の一つを取り、そのところの肉をふさがれた。神である【主】は、人から取ったあばら骨をひとりの女に造り上げ、その女を人のところに連れて来られた。人は言った。『これこそ、今や、私の骨からの骨、私の肉からの肉。これを女と名づけよう。これは男から取られたのだから。』それゆえ男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となるのである。人とその妻は、ふたりとも裸であったが、互いに恥ずかしいと思わなかった。」

 「深い眠り」というのが何か?―これは神様の御手の働きによる霊的介入のことである。パウロはこの「深い眠り」について、エペソ5章で、キリストとキリストの花嫁である教会、また夫と妻の関係、結婚の奥義として語っている。(エペソ5:22~33)それは、キリストの十字架による私たちの罪の贖いを示しており、それによって私たちがキリストの花嫁としてキリストの御前に立つことが出来るように、また、結婚式において夫と妻がベールを上げられて相対し、初めて夫が妻の顔を見ることが出来るように、神様は「深い眠り」を介して、人にふさわしい花嫁、助けてを造って下さったことを示すものである。そして人はこう言ったのである。「これこそ、今や、私の骨からの骨、私の肉からの肉。これを女と名づけよう。これは男から取られたのだから。」(Ⅴ23)と。そして「それゆえ男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となるのである。」(Ⅴ24)となって、神の介入による男と女が愛し合う家族の原型が誕生したのである。

 ここに、ヨセフとマリヤの家族が「聖家族」になる前の、オリジナルの「聖家族」がある。その時、「ふたりとも裸であったが、互いに恥ずかしいと思わなかった。」(Ⅴ25)と言う。「裸」は、(へ)「アルーミーム」と言い、「隠すこともなく、あるがままでいる状態」を言う。それを「互いに恥ずかしいと思わなかった。」と言う。何故なら、彼らはまだ罪を犯していなかったからである。「恥」は罪を犯した結果生まれる感情、意識である。

 

 しかし、この後彼らは罪を犯してその裸であることを恥じ、無花果の葉を綴り合わせて覆いを作り、その覆いで恥じる裸を覆った。ここに罪を犯した者の本質が現れている。恥を隠し、罪を犯してはいないかのように振舞うのである。そして、それはサタンの本質、サタンの性質でもある。「さて、神である【主】が造られたあらゆる野の獣のうちで、蛇が一番狡猾であった。…。」(創世記3:1)とあるように、「狡猾」:(へ)「アールーム」は「偽る、欺く、覆い隠す。」という意味であり、それは、言葉は似ているが、その本質は「裸」とは全くそう反する性質である。このようにして、神様が初めに造られた聖家族のかたちは、狡猾なサタンの策略により壊され、失われたしまった。しかし、パウロが「私たちはサタンの策略を知らないわけではありません。」(Ⅱコリント2:11b)と言っているように、神様はサタンの策略を御存知であって、それが原福音(3:15)で預言されていたように、「最後のアダム、第二の人」と言われているイエス・キリストの十字架のみわざにより、サタンが破壊し奪って行った「聖家族」の姿を回復させられたのである。

Ⅰコリント15:45:「聖書に『最初の人アダムは生きた者となった」と書いてありますが、最後のアダムは、生かす御霊となりました。』」

Ⅰコリント15:47:「第一の人は地から出て、土で造られた者ですが、第二の人は天から出た者です。」

※私たちはこの救い主なるイエス・キリストにより、神様の不思議な介入のみわざによって救われるのです。そして、その救いに必要なのが信仰です。

※あのヨセフもマリヤも、信仰によって神様のみことばと自分に起きた神様の介入のみわざを信じ、受け入れたのである。そして「聖家族」のかたちが回復したのである。神様の救いの計画、神様のかたちの回復が為されたのである。

マタイ1:20~21、24~25:「彼がこのことを思い巡らしていたとき、主の使いが夢に現れて言った。『ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。』、ヨセフは眠りからさめ、主の使いに命じられたとおりにして、その妻を迎え入れ、そして、子どもが生まれるまで彼女を知ることがなく、その子どもの名をイエスとつけた。」

ルカ1:35~38:「御使いは答えて言った。『聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子を宿しています。不妊の女といわれていた人なのに、今はもう六か月です。神にとって不可能なことは一つもありません。』マリヤは言った。『ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。』こうして御使いは彼女から去って行った。」

【結論】

 こうして、私たちもヨセフやマリヤのように、神様の介入のみわざ、聖霊様の働きによって、私たちの内に神の子を宿らせ、聖霊を宿らせ、聖なる家族、聖家族となって行くのです。この神様の奇しき御業をほめたたえ、私たちが神の子、神の民であり、聖なる家族であることを覚え、この驚くべき恵みを覚えて、神に感謝をささげよう。そして、この神様の為された奇しい御業、「深い眠り」である十字架のみわざを宣べ伝えて行こう。

―祈り―

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2015-2019 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now