主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師


【聖書個所】

ルカ2:25~32

【タイトル】

主を待ち望む者(1)

【導入】

 アドベント(待降節)の2週目に入った。今日はこのアドベントに因み,

「主を待ち望む者」と題して、今日と来週の2回に渡ってメッセージを取り次いで行きたい。

【本論】

 ここに、主を待ち望んでいたシメオンという一人の高齢の信仰者がいた。

Ⅴ28~29:「すると、シメオンは幼子を腕に抱き、神をほめたたえて

言った。『主よ。今こそあなたは、あなたのしもべを、みことばどおり、安らかに去らせてくださいます。』」

 彼は、「主よ。今こそ」と自分の死期を前に、「あなたのしもべを、みことばどおり、安らかに去らせてくださいます。」と言った。彼はこの時まで、「イスラエルの慰められることを待ち望んでいた。」(Ⅴ25)とあるように、旧約聖書で預言されていた救い主の誕生を待ち望んでいたのである。例えば、「ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は『不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君』と呼ばれる。その主権は増し加わり、その平和は限りなく、ダビデの王座に着いて、その王国を治め、さばきと正義によってこれを堅く立て、これをささえる。今より、とこしえまで。万軍の【主】の熱心がこれを成し遂げる。」(イザヤ9:6~7)の「ひとりのみどりご」である救い主が、「ダビデの王座について、その王国を治め、さばきと正義によってこれを堅く立て、これをささえられる。今より、とこしえまで。」というように、預言が成就することを待ち望んでいた。そして、そのことに関して、「また、主のキリストを見るまでは、決して死なないと、聖霊のお告げを受けていた。」(Ⅴ26)のである。だから、彼はその救い主に会えて胸を撫で下ろしただけではなく、「主よ。今こそあなたは」と言うように、「今」という時を強調して、「あなたのしもべを、みことばどおり、安らかに去らせてくださいます。」と告白しているのです。

※ここに、主を待ち望む者の姿がある。

(1)死さえも恐れず、その死を平安のうちに迎える、死に勝利した姿である。

 私たちはこのシメオンのように、死に対して平安に迎える備えをしているだろうか?私たちは人生の最期である死を迎えるための終活をする。しかし一番大切な終活は、私たち自身が平安のうちに死を迎えるということではないだろうか。

※「主よ。今こそあなたは、あなたのしもべを、みことばどおり、安らかに去らせてくださいます。」と、主を賛美して最期を迎えることではないだろうか。