主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

マタイ6:10b:「みこころが天で行われるように地でも行われますように。」

​【タイトル】

主の祈り(4)「みこころが行なわれますように」

【序論】

 私たちは今、主の祈りをマタイの福音書から学んでいるが、ルカの福音書にも主の祈りの箇所が出て来る。そこにはマタイの福音書とは違う点がある。それは、弟子の一人がイエス様に祈りについて教えを請い、そしてその願いに答えて、イエス様が弟子たちに教えておられるいうことです。

 「祈りについて」には2つの意味がある。一つは、祈りとはどういうものかという祈りの定義のようなもの。もう一つは、どう祈ったらよいのかという祈り方についてです。事実、聖書を読み比べてみると、新改訳聖書のようにどちらにも採れる訳し方の聖書と、現代訳聖書のように、明らかに祈り方について訊き、それに対して答えているようにみえるものがある。

現代訳(ルカ11:1~2):「イエスがある所で祈っておられると、その祈りが終わった時、弟子の一人がイエスに言った。『主イエス様。バプテスマのヨハネがその弟子たちに祈祷文を教えたように、私たちにもどのように祈ったらよいのか、教えてください。』そこで、イエスは彼らに言われた。『このように祈ったらよいでしょう。』」と、そして、主の祈りが続く。

​ このように、確かに2つの捉え方があるが、肝心な点は、イエス様が「だから、こう祈りなさい。」(マタイ6:9)、また「祈るときには、こう言いなさい。」(ルカ11:2)と言われている通りに祈ることです。今日もそういう意味で、イエス様は私たちに、どのような祈りを、どのように祈ったらよいのかと教えていらっしゃるのか、今日の箇所から学んで行こう。

​【本論】

​ 先ほど「祈りとはどういうものか」ということが言われたが、皆さんはどう思うだろうか?―ある人は「祈りとは神様との会話」、ある人は「祈りとは神様の御声を聞くこと」、別の人は「祈りとは神様にお願いすること」と、いろいろな答えがあるだろう。どれも正解だが、私たちの祈りを点検してみると、多くの場合、「○○してください。」とお願いしている場合が多いのではないだろうか。そこで、今日のみことばはそれに対して何と言っているか?!

​(1)(祈りは)私たちの思いではなく、神様の思いが実現することです。

​ これが先ず、祈りについての第一の重要な原則、重要な真理です。

​マタイ6:10b:「みこころが天で行われるように地でも行われますように。」

​ 聖書は、「みこころが天で行われるように地でも行われますように。」と言っている。「みこころ」とは何か?―それは、神様の心、神様の思いです。この点で、この重要な真理をつかんでいないがために、多くの人は祈りに躓き、