Please reload

これまでのメッセージ

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

 【聖書個所】

​エズラ7:11~28

【タイトル】

エズラ記(9)「エズラの賛美に見る信仰者の賛美」

【序論】

 この箇所は大きく2つに分かれる。V12~V26:エズラに与えたアルタシャスタ王の手紙の部分と、V27~V28:エズラの神への賛美の部分である。今日は、特にこのエズラが神にささげた賛美の箇所から、私たちがささげるべき神への賛美の姿を学んで行きたいと思う。

【本論】

 7章前半に帰るが、エズラはアルタシャスタ王の第7年、BC458年に、8章に記されている1,514名の者と一緒にエルサレムに帰還した。その目的は、V10:「エズラは、【主】の律法を調べ、これを実行し、イスラエルでおきてと定めを教えようとして、心を定めていたからである。」とあるように、彼は祭司であったが、律法の教えに通じている学者、教師でもあったので、これより80年前、BC538年にクロス王の帰還命令によってエルサレムに帰還し、神殿再建を成し遂げた人々にとって必要なのは神の御言葉だと確信をもっていたので、それを教えようと心に定めていたというのである。そして、それを実行に移した。

 「幻がなければ、民はほしいままにふるまう。しかし律法を守る者は幸いである。」(箴言29:18)とあるように、「これをしよう。」と心の中で定め、それを持っていること、幻を持っていることは幸いです。空しく過ごすことがないからです。しかしそれだけではなく、心の中に幻を持っていて、それを実行することが出来ることは尚のこと幸いです。種を撒けば、収穫があると期待することが出来るからです。「人は種を撒けば、その刈り取りもすることになります。」(ガラテヤ6:7)また、「農夫は、大地の貴重な実りを、秋の雨や春の雨が降るまで、耐え忍んで待っています。」(ヤコブ5:7b)とあるように、幻によって種を撒けば、必ず刈取りの時が来て、収穫することが出来るという期待を持って歩むことが出来るからです。

 2019年度もほぼ2ヶ月が経った。皆さんはどうだろう?―幻を持っているだろうか。また、幻を持っていて、種を撒いているだろうか? 今年の教会の幻は、吉川に種を撒くことです。EHC(全国家庭文書伝道協会)による無料トラクトを、吉川美南地区を中心に5千枚配る計画です。だから、魂の収穫を期待して、みことばの種を撒こう。また、個人的に未だ幻のない方は、是非幻を持ち、そして種を撒こう。そして期待しよう!

 さて、エズラ記に戻るが、エズラがエルサレムに戻ったのは、ただエルサレムにいる民にみことばを教えようと心に定めていたということだけではなかった。他にも理由があって、それは、アルタシャスタ王がエズラに与えた手紙に記されているように、①アルタシャスタ及びアルタシャスタに仕える議官から託された任務を、エズラがエルサレムで行なうためだった。また、②その任務が無事に遂行されるために、その手紙を通して、ペルシャが治めているかつてのバビロンの諸州に住む人々や、「川向う」(V25)に居るペルシャ帝国の宝庫係たちに命令を与えるためだった。

1.エズラに対してどんな任務があり、その地にいた宝庫係どのような指示が為されたのか?

  • エルサレムの人々の宗教調査:霊的状態、信仰の状態の調査(V14)、

  • アルタシャスタ王や議官たち、またバビロンの諸州に住む人々からささげられる金銀の献金の管理、そして、それらをエルサレム神殿にささげるためであった(V15~V16)。また、その献金によって調達した動物のいけにえを奉げさせるためでもあった(V17)。

  • さばきつかさ(行政に携わる役人、高官)や裁判官を任命し、そして正しく裁判を行なわせ、厳しく判決を守らせること(V25~V26)であった。これらがエズラに、またエズラと共に行く人々に任せられたことである。次に、

 

2.その地に居る役人たちに対するメッセージ、命令は;

  • 川向こうの宝庫係へは、エズラの求めるものは、ある程度限度はあるが、何でも与えよという命令(V21~V22)を与え、それによってささげる礼拝により、王とペルシャ帝国が祝福を受けるためであった(V23)。そして、

  • 税務官には、祭司、レビ人、歌うたい、・・・には、税金を免除させる命令であった(V24)。

 

 このようなことが記された手紙をもって、エズラはエルサレムに他の1,514名の者と一緒に戻って来たのである。この手紙を読んで分かるように、この手紙は驚くような手紙である。ちょうどクロス王の文書によってユダヤ人による神殿再建工事開始が宣言されたように、また、ダリヨス王の手紙によって、ユダヤ人による神殿再建工事の中止が覆され、再度再開されたように、異邦人であるアルタシャスタによる手紙により、イスラエル人によるエルサレム神殿での礼拝が滞りなく行なわれることを促すための手紙が書かれたからである。

 つまり、この背後に、人ではなく、神が背後で働いておられて、このような不思議な、驚くべきことが行なわれたのである。そのため、その驚くべき神様のみわざのゆえに、エズラは神を賛美している。

①物事の背後、人の背後で働いておられる神として、その神を賛美した。

V27:「私たちの父祖の神、【主】はほむべきかな。主はエルサレムにある【主】の宮に栄光を与えるために、このようなことを王の心に起こさせ、」

 「このようなことを王の心に起こさせ」とあるように、エズラは、アルタシャスタ王の心を動かし、その心にこのような不思議なことを起こされた神に対して賛美を奉げた。また、

②「私たちの父祖の神」と。アブラハム以来、アブラハム、イサク、ヤコブという風に、神の民を神は起こされ、そして、長い民の歴史を通し、綿々と神は働いておられるのだと理解し、そしてその神に対して、「私たち父祖の神」と呼び、その神に対して賛美を奉げている。

※この「私たちの神」という理解をもって神を賛美することは、私たちにとっても重要である。この神は今日まで、この時から変わることなく、2,500年間も変わることなく、私たち信仰者の中におられて、私たち信仰者の歴史の中で働いているからです。

③次に重要なのは、この神は「私たちの神」であるだけではなく、「私の神」であるということです。

V28:「王と、その議官と、すべての王の有力な首長の好意を私に得させてくださった。私の神、【主】の御手が私の上にあったので、私は奮い立って、私といっしょに上るイスラエル人のかしらたちを集めることができた。」

 神は、私たちの神であると同時に、個人個人の神でもあるのです。つまり、信仰の基本である神と私、私と神という「一対一」の関係の中で、私たちは一人ひとりが信仰者として神を賛美するのです。それは、イエス様が復活された後にトマスの前に現れて、トマスが告白した信仰告白に現れている。トマスはこのように告白し、主を賛美した。「私の主。私の神。」(ヨハネ20:28)と。

【結論】

 だから、私たちもこのように賛美しよう。「私たちの神」、「私の神」と。

―祈り―

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2015-2019 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now