主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

エズラ8:1~23

​【タイトル】

「私たちの願いを聞いてくださる神」

【本論】

​ この箇所は2つに分かれる。①エズラと一緒にエルサレムに帰還した人々とその系図(V1~V14)についてと、②帰還するに当たりエズラが準備したこと(V15~V23)である。

(1)エズラと一緒に帰還した人々の帰還者リスト(V1~V14)

​ 聖書には幾つかの箇所に、人々の名前とその系図が書いてある所がある。一見単調に見える名前と系図だが、そこには重要な意味がある。一つ、その人が誰の子孫なのかという過去が分かること。二つには、まだ記されていないが、これからどうなるかという将来の予測の土台になるということである。

 私たちは、自分の家のことを祈るとき、どのように祈っているだろうか?―私は、まだ救われていない子どもの救い、その将来、まだ実現していない結婚、子どもが与えられること、そしてその子からまた次の子…というように、子々孫々に至るまでのことを祈っている。それは、アブラハムに与えられたアブラハム契約に基づく祝福を受け、受け渡して行く祈りです。

​創世記12:1~3:「【主】はアブラムに仰せられた。『あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる。あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。』」

創世記15:5~6:「そして、彼を外に連れ出して仰せられた。『さあ、天を見上げなさい。星を数えることができるなら、それを数えなさい。」さらに仰せられた。「あなたの子孫はこのようになる。』彼は【主】を信じた。主はそれを彼の義と認められた。」

 アブラハムはその信仰が義とされる時、彼の身から生まれる数え切れないほどの空の星の数の子孫を見た。つまり、まだ実際には書かれていないが、信仰の目を持って、この後に書かれる子孫が記されている未来の家系図を見たのである。そしてその信仰を持って、彼はイサクを祭壇にささげた。その結果、彼は、神の約束と御霊によって生まれたイサクを得た。また、そのイサクにつながる、今こうして神の子とされ、こうして生きている私たちを得たのです。

ヘブル11:18~19:「神はアブラハムに対して、『イサクから出る者があなたの子孫と呼ばれる。』と言われたのですが、彼は、神には人を死者の中からよみがえらせることもできる、と考えました。それで彼は、死者の中からイサクを取り戻したのです。これは型です。」

それと同じように、私たちもその信仰により、アブラハムが見た私たちの霊の子どもである私たちの子孫を見るのです。それが今、私たちが聖書の中で数多くの人々の名前とその家系の箇所を読むときに、私たちが持つことが出来る神の祝福ではないだろうか。