主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

Ⅱコリント5:17

【タイトル】

「キリストにあって新しく造られた者」

【序論】

Ⅱコリント5:17:「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」

 聖書は、誰でも例外なく「キリストのうちにあるなら」=イエス・キリストを私の救い主として信じるなら、「その人は新しく造られた者です。」というのです。そして「古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」=信じた私たちに関わる「すべてが新しくなりました。」というのです。今日から何回かに分けて、「主に在って」という今年のテーマの一環として、私たちが主に在ることにより「すべてが新しくなりました。」という、その「すべて」について、みことばから分かち合って行きたいと思う。今日はその第1回目。

【本論】

 先ず、私たち自身が「新しく造られた」のです。「新しく造られた」というのは、ただ主を信じることによって、例えば、「今までは怒り易かったが、優しくなった。」とか、「今までは酒やたばこをやっていたが、どちらもやめることが出来た。」とか、「今までは映画や音楽を聴くことが好きだったが、今はそうではない。」とかいうことではない。「怒り易い」とか「優しい」というのは性格のこと、お酒やたばこは習慣、映画や音楽は好みのことで、それらの変化は主を信じて救われた結果のことであって、「新しく造られたもの」そのものではない。「新しく造られた」というのは、文字通り、新しい創造、New Creationなのです。

 家で言うなら、壁紙が汚れて来たから張替えるとか、雨漏りがするから屋根を張替えるとか、一部の修繕や交換のことではなく、またリフォームのことでさえない。それは、家を完全に解体し、土地を更地にし、全く新しい材料で初めから新しい家を建てることです。以前のものは全くなくなり、

すべてが新しくなったということです。それは私たちの場合で言うなら、古い自分はなくなって、新しい自分になったということです。私たちが礼拝でときどき賛美する「スピリットソング」にこういう歌詞がある。

♪聖霊と愛とがあなたを包む時、心もたましいも満たされ、あなたの心に主がともに住み、古い自分は過ぎ去る。・・・♪の中の、「古い自分は過ぎ去る。」ということなのです。

 聖書の「過ぎ去って」、そして「新しくなりました。」の言葉の時制は、英語の聖書では明らかだが、それは、「過ぎ去って:has passed away」、「なりました:has come」という風に、どちらも現在完了形で、過去の時点でそうなって、そして今もそうなっているということです。そうです!「古い私たち自身」は過ぎ去り、「全く新しい私たち自身」が造られたというのです。それが、キリストにあって起こったのです。

ローマ6:4~5:「私たちは、キリストの死にあずかるバプテスマによって、キリストとともに葬られたのです。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中からよみがえられたように、私たちも、いのちにあって新しい歩みをするためです。もし私たちが、キリストにつぎ合わされて、キリストの死と同じようになっているのなら、必ずキリストの復活とも同じようになるからです。」