主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

​エズラ8:24~36

【タイトル】

「エズラ記(11)―忠実な民、真実な神―」

【本論】

 今日の箇所は、エズラ達がエルサレム到着以前に行なった事や出来事(V24~V31)の箇所と、エルサレム到着以降に行なったこと(V32~V36)の二つの部分に分かれる。しかし、そのように時系列的な分け方ではなく、内容的に見ると、2つのことに分けられる。

(1)エズラ達がエルサレムへの到着を含めて、その前後に行なった事と、(2)神様が彼らに行なってくれたことである。特に、その二つに関して、どちらにも「忠実さ」ということがその中心にあって、重要な柱になっていることが分かる。つまり(1)エズラ達の忠実さと、(2)神の実さである。

 神の忠実さとは、V31:「私たちはエルサレムに行こうと、第一の月の十二日にアハワ川を出発した。私たちの神の御手が私たちの上にあって、その道中、敵の手、待ち伏せする者の手から、私たちを救い出してくださった。」とあるように、彼らの旅を、彼らの祈り(8:23)に答えて、敵の手や待ち伏せする者の手から守ってくれたということである。その神の忠実さである。

 忠実を意味するFaithfulは、Faith(信仰)とful(満ちて)から成っている。神様は、御自身の口から出る言葉に対して忠実であり、それを必ず守られる。それは神の真実と言ってもいい。

イザヤ45:22c~23b:「わたしが神である。ほかにはいない。わたしは自分にかけて誓った。わたしの口から出ることばは正しく、取り消すこと

はできない。」

Ⅱテモテ2:13:「私たちは真実でなくても、彼は常に真実である。彼にはご自身を否むことができないからである。」

※私たちの信仰は、またその信仰に基づくどんな行ないも、この神の忠実さ、真実さの上に立っているのである。

 では、初めのエズラ達の忠実さとは何だろう。

①奉納物を管理する中に示された忠実さ。

V24~V30:「私は…を選び出し、王や、議官たち、つかさたち、および、そこにいたすべてのイスラエル人がささげた、私たちの神の宮への奉納物の銀、金、器類を量って彼らに渡した。私は銀六百五十タラント、また、百タラント相当の銀の器類、および、金百タラントを量って彼らに渡した。それにまた、一千ダリク相当の金の鉢二十。また、金のように高価な、光り輝く