Please reload

これまでのメッセージ

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

​エズラ8:24~36

 

【タイトル】

「エズラ記(11)―忠実な民、真実な神―」

【本論】

 今日の箇所は、エズラ達がエルサレム到着以前に行なった事や出来事(V24~V31)の箇所と、エルサレム到着以降に行なったこと(V32~V36)の二つの部分に分かれる。しかし、そのように時系列的な分け方ではなく、内容的に見ると、2つのことに分けられる。

 

(1)エズラ達がエルサレムへの到着を含めて、その前後に行なった事と、(2)神様が彼らに行なってくれたことである。特に、その二つに関して、どちらにも「忠実さ」ということがその中心にあって、重要な柱になっていることが分かる。つまり(1)エズラ達の忠実さと、(2)神の実さである。

 神の忠実さとは、V31:「私たちはエルサレムに行こうと、第一の月の十二日にアハワ川を出発した。私たちの神の御手が私たちの上にあって、その道中、敵の手、待ち伏せする者の手から、私たちを救い出してくださった。」とあるように、彼らの旅を、彼らの祈り(8:23)に答えて、敵の手や待ち伏せする者の手から守ってくれたということである。その神の忠実さである。

 忠実を意味するFaithfulは、Faith(信仰)とful(満ちて)から成っている。神様は、御自身の口から出る言葉に対して忠実であり、それを必ず守られる。それは神の真実と言ってもいい。

イザヤ45:22c~23b:「わたしが神である。ほかにはいない。わたしは自分にかけて誓った。わたしの口から出ることばは正しく、取り消すこと

はできない。」

Ⅱテモテ2:13:「私たちは真実でなくても、彼は常に真実である。彼にはご自身を否むことができないからである。」

※私たちの信仰は、またその信仰に基づくどんな行ないも、この神の忠実さ、真実さの上に立っているのである。

 

 では、初めのエズラ達の忠実さとは何だろう。

①奉納物を管理する中に示された忠実さ。

V24~V30:「私は…を選び出し、王や、議官たち、つかさたち、および、そこにいたすべてのイスラエル人がささげた、私たちの神の宮への奉納物の銀、金、器類を量って彼らに渡した。私は銀六百五十タラント、また、百タラント相当の銀の器類、および、金百タラントを量って彼らに渡した。それにまた、一千ダリク相当の金の鉢二十。また、金のように高価な、光り輝くみごとな青銅の器類二個を彼らに渡した。・・・。」祭司とレビ人たちは、その銀、金、器類を、エルサレムの私たちの神の宮に持って行くために、量って、受け取った。」

 エズラはレビ人の中から人々を選び、アルタシャスタ王を初め、議官やつかさたち、またバビロンに残るイスラエル人たちが、エズラ達がエルサレムに着いて、神殿で奉げるために自分たちに預けてくれた金や銀、また器類を間違いのないようにきちんと量り、彼らに渡した。金は100タラント。銀は650タラント。また100タラント相当の銀の器だった。「タラント」というのは、神殿で用いられる度量衡では約30kg。従って、金であれば約3トン、銀であれば19,5トン、銀の器は約3トンであり、それは大量の金銀である。それだけではなく、「1千ダリク相当の金の鉢20。また、金のように高価な、光り輝くみごとな青銅の器類2個」(V27)も渡した。「ダリク」とは、ペルシャのダリヨス王が作ったダリク金貨の重さで、8,4gなので、8,4kgの金の鉢20個と、金のように輝く青銅の器2個を、神殿に神に奉げる奉納物として渡したのである。その時に、ここでは「量って、量る」という言葉が4回出て来る。彼らは恐らく何回も何度も慎重に、間違いのないように量っただろう。そのために彼らは、アルタシャスタ王の第7年、第5の月の一日に出て、アハワ川の辺で出発の準備に3日を費やし、そしてその後9日間を掛けてこれらの奉納物の重量を量り、そして第5の月の12日にアハワ川を出発したのである。(V31)また、量ることは出発の前だけではなく、エルサレムに着いてからも行なわれた。

V32~34:「こうして、私たちはエルサレムに着いて、そこに三日間とどまった。四日目に銀と金と器類が、私たちの神の宮の中で量られ、ウリヤの子の祭司メレモテの手に渡された。彼とともにピネハスの子エルアザルがおり、彼らとともにレビ人であるヨシュアの子エホザバデと、ビヌイの子ノアデヤがいた。全部が数えられ、量られた。そのとき、全重量が書き留められた。」

 彼らは、旅の間も敵や強盗から襲われて盗まれないようにと、寝ずの番をして守り(V29)、エルサレムに着いた後も、忠実に量って管理したのである。それだけ彼らは奉納物の管理を忠実に行なったのである。

 

 次に彼らは奉納物の管理だけでなく、エルサレムに着いた後に奉げる礼拝に於いても、忠実に、真実な心をもって礼拝をささげた。

②礼拝の中に示された忠実さ。

V35:「捕囚の人々で、捕囚から帰って来た者は、イスラエルの神に全焼のいけにえをささげた。すなわち、イスラエル全体のために雄牛十二頭、雄羊九十六頭、子羊七十七頭、罪のためのいけにえとして雄やぎ十二頭をささげた。これはすべて【主】への全焼のいけにえであった。」

 彼らは、モーセの律法により動物の生贄の捧げ、それもすべてを全焼の生贄として捧げ、礼拝を奉げたのである。その徹底振りにその忠実さが現わされている。

③この世の権威者との関係の中に示された忠実さ。

V36:「それから、彼らは王の命令書を、王の太守たちと、川向こうの総督たちに渡した。この人たちは、この民と神の宮とに援助を与えた。」

 彼らはアルタシャスタ王から預かった命令書を、この地域を治めていたペルシャ帝国の太守(市町、町長のようなもの)や総督(知事のようなもの)に渡した。王から受けた任務を忠実に果たしたのである。それは、王との関係や、王に任命されている太守や総督との関係を示している。それは、神の民であれば、立てられている権威に忠実であるということである。

ローマ13:1,4a:「人はみな、上に立つ権威に従うべきです。神によらない権威はなく、存在している権威はすべて、神によって立てられたものです。」、「それは、彼があなたに益を与えるための、神のしもべだからです。」

 これが、神が私たちとの関係の中で求めているものです。エズラは人々を選び、奉納物を忠実に管理するように、量って彼らに渡す時にこう言った。「ついで、私は彼らに言った。『あなたがたは【主】の聖なるものである。・・・。』」(V28)つまり、私たちも奉納物も、神に対して忠実に量られ、偽りなく奉げられるべき聖なる、真実なる奉げ物であると言うのである。

 

※これが、私たちが誰に対しても、何に対しても忠実でなければならない、真実でなければならない根拠です。神が私たちを、御子イエス・キリストの贖いによって、そのようなものにして下さったからです。

Ⅰペテロ2:5:「あなたがたも生ける石として、霊の家に築き上げられなさい。そして、聖なる祭司として、イエス・キリストを通して、神に喜ばれる霊のいけにえをささげなさい。」

【結論】

 私たちはイエス様の聖い血潮によって贖われ、聖なる者とされたのだから、そのように歩んで行こう。そのことを誇り、御名をあがめていこう。

イザヤ45:23d~25:「すべてのひざはわたしに向かってかがみ、すべての舌は誓い、わたしについて、『ただ、【主】にだけ、正義と力がある。』と言う。主に向かっていきりたつ者はみな、主のもとに来て恥じ入る。イスラエルの子孫はみな、【主】によって義とされ、誇る。」

―祈り―

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2015-2019 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now