主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

ヨハネ8:31~36

​【タイトル】

「主に在って、私はキリストの弟子です。」

【本論】​

 初めの質問―「あなたはキリストの弟子ですか?」と訊かれたら…?―「弟子」という言葉のイメージは、何かの専門的な領域で、先生や師匠、親方と呼ばれるような人の下で、一人前になるために訓練され、その間は自分の好きなことは何も出来ない不自由な者、厳しさに耐える者というイメージがあると思うが、聖書では「弟子」とはどういう者であると言っているだろうか?

​ 「弟子」と言う言葉は新約聖書では318回、このヨハネの福音書では79回出て来る。その中で、イエス様の言葉として出て来るのは3箇所。この箇所と、ヨハネ13:35、ヨハネ15:8です。

ヨハネ8:31:「そこでイエスは、その信じたユダヤ人たちに言われた。「もしあなたがたが、わたしのことばにとどまるなら、あなたがたはほんとうにわたしの弟子です。」

ヨハネ13:35:「もし互いの間に愛があるなら、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。」

ヨハネ15:8:「あなたがたが多くの実を結び、わたしの弟子となることによって、わたしの父は栄光をお受けになるのです。」

 これらの箇所を読んで分かるように、そこでは、イエス様ご自身の言葉で、弟子としての共通の姿、こうであれば弟子だという姿が明確に語られている。―それは、みことばに留まり、みことばを実行して、みことばによって生きようとする者の姿です。「多くの実を結び」(ヨハネ15:8)は、「留まっているなら、多くの実を結びます。」(15:5)とあるように、留まっていることの結果であり、「互いの間に愛があるなら」(ヨハネ13:35)も、その前の「あなたがたは互いに愛し合いなさい。」(V34)というみことばを実行した結果のことです。私たちはつい目に見える結果に目が行ってしまうので、「まだ私は多くの実を結んでいないから、キリストの弟子ではない。」とか、「まだ互いの間に愛がないから、キリストの弟子ではない。」と判断してしまいがちです。しかし、聖書は結果ではなく、今、私たちがイエス様との関係でどうであるのかという、イエス様との今の関係を重要視するのです。それが、「わたしのことばにとどまるなら」ということです。

 「とどまる」という言葉は、「メノー」(ギ)という言葉が使われている。そしてこの言葉は、聖書の中ではこのヨハネの福音書で一番多く使われており、今年の聖句の「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、…。」(ヨハネ15:5)の「とどまり」も、この「メノー」という言葉が使われていて、ぶどうの木とぶどうの枝との関係で分かるように、イエス様との、今もつながって生きている継続的な関係を特徴的に表わす言葉です。だから、「とどまる」ということは、単に「信じた」ということではない。

 イエス様は、「そこでイエスは、その信じたユダヤ人たちに言われた。『もしあなたがたが、わたしのことばにとどまるなら、あなたがたはほんとうにわたしの弟子です。』」(ヨハネ8:31)とあるように、前節の「イエスがこれらのことを話しておられると、多くの者がイエスを信じた。」(V30)という、イエス様の何を信じたかは分からないが、その信じたユダヤ人たちに言われたのです。イエス様は、この時の彼らの信仰が、イエス様に留まっている生きた本物の信仰でな