主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

​マタイ6:13

【タイトル】

「主の祈り(7)-試みに会わせず、悪よりお救いください。」

【本論】

 今日は「私たちを試みに会わせず、悪よりお救いください。」という祈りについてみことばを取り次ぐが、この祈りは、恐らく私たちが普段祈る祈りの中で最もよく祈る祈りの一つではないだろうかと思う。何故なら、私たちは日頃からいろいろな「試み」(ギ:ペイラスモス:罪を犯させる誘惑)に会っているし、また「悪」(ギ:ポネロス:漠然とした善悪の悪というものではなく、悪い者、また悪魔を指す)によって試みられたり、誘惑せられたりしているからです。私たちは皆、大なり小なり何らかの形で悪魔の試みに会っているのです。「愛する者たち。あなたがたを試みるためにあなたがたの間に燃えさかる火の試練を、何か思いがけないことが起こったかのように驚き怪しむことなく」(Ⅰペテロ4:12)とあるように、試みに会うことは決して思いがけないことではなく、普通にあることであり、また「私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。」(ヘブル4:15)とあるように、私たちは紛れもなく試みに会う者、誘惑を受ける者なんです。

 「ハイデルベルク信仰問答」というものがあるが、そこでは、「私たちは生まれながらにまことに弱く、片時も保ち得ず、それに加えて、私たちにとって恐ろしい敵である悪魔、この世、そして私たち自身の肉は、私たちを攻めることを止めないので、願わくは、私たちを助け、あなたの聖なる御霊の力によって強め、彼ら(悪魔、この世、古い自分)に対して激しく戦い、この霊の戦いにおいて敗れることなく、ついに私たちが完全に勝利を治めることが出来るようにして下さい。」と、悪魔の存在を認め、私たちはその悪魔の誘惑に会う者であることが語られている。しかし一方で、神は力ある方だから、神に助けを求めれば神は必ず助けて下さるという祈りでもあることとを示している。つまりこれは、神を神とする信仰の上に立った祈りであるということなのです。

 神は、さきほどのヘブル4:15で語られていたように、ただ私たちの弱さに同情出来ない方でなかっただけでなく、すべての点で私たちと同じように試みを受けられ、その試みを通して、試みられている私たちを救われたのである。

ヘブル5:8~10:「キリストは御子であられるのに、お受けになった多くの苦しみによって従順を学び、完全な者とされ、彼に従うすべての人々に対して、とこしえの救いを与える者となり、神によって、メルキゼデクの位に等しい大祭司ととなえられたのです。」

ヘブル2:18:「主は、ご自身が試みを受けて苦しまれたので、試みられている者たちを助けることがおできになるのです。」

 詩篇にもこのような祈りがある。

詩篇27:1~3、5:「【主】は、私の光、私の救い。だれを私は恐れよう。【主】は、私のいのちのとりで。だれを私はこわがろう。悪を行う者が私の肉を食らおうと、私に襲いかかったとき、私の仇、私の敵、彼らはつまずき、倒れた。たとい、私に向かって陣営が張られても、私の心は恐れない。たとい、戦いが私に向かって起こっても、それにも、私は動じない。…。それは、主が、悩みの日に私を隠れ場に隠し、その幕屋のひそかな所に私をかくまい、岩の上に私を上げてくださるからだ。」

 このように、神は私たちを守り助けて下さるのである。だとするなら、誰がその守りから私たちは引き離すこ