Please reload

これまでのメッセージ

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

 【聖書個所】

エズラ9:1~15

【タイトル】

「エズラ記(12)―神の恵みを知った者の祈り―」

【本論】

V1:「これらのことが終わって後、…」

「これらのこと」とは、エズラたちがアルタシャスタ王を始めとして、多くの人々から預かって来た金銀や多くの器類、また動物のいけにえとして神殿にささげて、主を礼拝したこと。エズラは彼のエルサレム帰還の目的であった、この時より約80年前に帰還したイスラエルの人々に向かい、「さあ、いよいよ教えて行こう。」と張り切っていたと思うが、そんな矢先、彼と一緒に帰還していたつかさたちから、その出鼻を挫くような知らせが届いた。その内容は、「イスラエルの民や、祭司や、レビ人は、カナン人、ヘテ人、ペリジ人、エブス人、アモン人、モアブ人、エジプト人、エモリ人などの、忌みきらうべき国々の民と縁を絶つことなく、かえって、彼らも、その息子たちも、これらの国々の娘をめとり、聖なる種族がこれらの国々の民と混じり合ってしまいました。しかも、つかさたち、代表者たちがこの不信の罪の張本人なのです。」(V1b~V2)という知らせであった。それは、エズラにとっては全く信じがたいものだった。何故なら、モーセの律法にあるように、イスラエルの民はそうであってはならなかったからである。

申命記7:1~3:「あなたが、入って行って、所有しようとしている地に、あなたの神、【主】が、あなたを導き入れられるとき、…。また、彼らと互いに縁を結んではならない。あなたの娘を彼の息子に与えてはならない。彼の娘をあなたの息子にめとってはならない。」

 彼らは、短い期間にこの教えを破るような状態になっていたからです。そのためエズラは、「私はこのことを聞いて、着物と上着を裂き、髪の毛とひげを引き抜き、色を失ってすわってしまった。捕囚から帰って来た人々の不信の罪のことで、イスラエルの神のことばを恐れている者はみな、私のところに集まって来た。私は夕方のささげ物の時刻(午後3時)まで、色を失ってじっとすわっていた。」(V3~V4)と、悲嘆にくれ、茫然自失の状態になってしまった。

 私たちだったらこんな時どうするだろう?-自分たちが生き甲斐にしていた、例えば仕事を失うとか、ヨブのように大切な家族を失うというような目に遭ったら、きっとこの時のエズラのように悲嘆にくれ、茫然自失になるだろう。しかしそのような時、私たちがしなければならないこと、できることがある。それが祈りです。この後V5~V15で、エズラが神にささげた祈りが記されているので、今日はその祈りを学んで行こう。3つのポイントがある。

(1)罪を認め、恥を知り、その罪を告白する祈りです

V5~V7:「夕方のささげ物の時刻になって、私は気を取り戻し、着物と上着を裂いたまま、ひざまずき、私の神、【主】に向かって手を差し伸ばし、祈って、言った。『私の神よ。私は恥を受け、私の神であるあなたに向かって顔を上げるのも恥ずかしく思います。私たちの咎は私たちの頭より高く増し加わり、私たちの罪過は大きく天にまで達したからです。私たちの先祖の時代から今日まで、私たちは大きな罪過の中にありました。私たちのその咎のため、私たちや、私たちの王、祭司たちは、よその国々の王たちの手に渡され、剣にかけられ、とりこにされ、かすめ奪われ、恥を見せられて、今日あるとおりです。』」

 この祈りには2つの特徴がある。①「私の神」という個人的な、明確な信仰をもって呼び掛ける祈りであること。②「私たちの咎」、「私たちの罪過」、…と、7回も「私たち」という言葉が使われているように、民の罪を他人事のようにではなく、自分の罪として告白をする祈りである。これは「主の祈り」(「私たちの負い目をお赦しください。」)にも、ダニエルの祈り(ダニエル9:3~19)にも見られる。主はそのような祈りを求めておられるのです。「わたしの名を呼び求めているわたしの民がみずからへりくだり、祈りをささげ、わたしの顔を慕い求め、その悪い道から立ち返るなら、わたしが親しく天から聞いて、彼らの罪を赦し、彼らの地をいやそう。」(Ⅱ歴代誌7:14)とあるように。エズラがささげたような祈りは、リバイバルの鍵となるのです。

(2)神の恵みを知って祈る祈りです

V8~V9:「しかし、今、しばらくの間、私たちの神、【主】のあわれみによって、私たちに、のがれた者を残しておき、私たちのためにご自分の聖なる所の中に一つの釘を与えてくださいました。これは、私たちの神が私たちの目を明るくし、奴隷の身の私たちをしばらく生き返らせてくださるためでした。事実、私たちは奴隷です。しかし、私たちの神は、この奴隷の身の私たちを見捨てることなく、かえって、ペルシヤの王たちによって、私たちに恵みを施し、私たちを生かして、私たちの神の宮を再建させ、その廃墟を建て直させ、ユダとエルサレムに石垣を下さいました。」

 エズラは、神は御自身の憐れみと恵みのゆえに、罪を犯した私たちをことごとく滅ぼすことをせず、「のがれた者」を残しておいてくれたと言う。神はしばしばこのように、御自身の恵みと憐れみのゆえに、すべてを滅ぼし尽くさずに、裁きを免れる者を残されるのである。これは、神の救いの御計画に関わる、私たちの理解の及ばない神様の恵みによることです。エリヤの時代の、バアルに膝を屈めず、バアルに口付けしないで残された7千人(Ⅰ列王19:18)のように。イザヤを通して語られた預言「わたしはほんのしばらくの間、あなたを見捨てたが、大きなあわれみをもって、あなたを集める。怒りがあふれて、ほんのしばらく、わたしの顔をあなたから隠したが、永遠に変わらぬ愛をもって、あなたをあわれむ」とあなたを贖う【主】は仰せられる。」(イザヤ54:7~8)のように。またイエス様が、自分を否んで、自分を見捨てることが分かっていても、そのペテロに語られた満ちた恵みの言葉:「シモン、シモン。見なさい。サタンが、あなたがたを麦のようにふるいにかけることを願って聞き届けられました。しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」(ルカ22:31~32)のように。このように、神様が私たちの弱さを知った上で、これほどまでにして下さるとしたら、私たちはどうしたら良いのだろう。それが第3のポイントである。

(3)その恵みに応えて生きようと決意する祈りです

V10:「今、こうなってからは、何と申し上げたらよいのでしょう。私たちの神よ。私たちはあなたの命令を捨てたからです。」

 自分たちの罪を認め、その上で、御自身の恵みのゆえに私たちを憐れんで下さる神に対して私たちが出来ることは、その恵みに対する感謝と遜りをもって歩む、私たちの信仰の歩みです。その信仰の一歩一歩のことが、V8の中で、「ひとつの釘」という言葉で表現されている。この釘は、天幕を張る時に、その天幕の紐を伸ばして地面に打ち込む時の杭のことで、それは、私たちの信仰の歩みの象徴です。

V8:「しかし、今、しばらくの間、私たちの神、【主】のあわれみによって、私たちに、のがれた者を残しておき、私たちのためにご自分の聖なる所の中に一つの釘を与えてくださいました。これは、私たちの神が私たちの目を明るくし、奴隷の身の私たちをしばらく生き返らせてくださるためでした。」

 私たちはこの信仰の歩みの一歩一歩を進める時、私たちは自分たちが何者で、どのような恵みを神から受けているのかを悟り、それが、「私たちの神が私たちの目を明るくし」という言葉で表現されている霊的悟りであり、私たちはこの悟りをもって、信仰の歩みをして行くのです。私たちはそのようにして、神の恵みに答えて、私たちの信仰生活という天幕を張って行くのである。今日、そのように祈って行こう。もしこの世との妥協で罪を犯しているのなら、罪を告白し、その罪の赦しのためにすでに贖いのわざを為して下さった主の恵みを覚え、感謝をささげ、罪を犯すことがないようにと、むしろ地の塩、世の光とされた者として、その塩気と光の働き(浄水器のような働き)をすることが出来るようにと祈ろう。

―祈り―

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2015-2019 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now