主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師


【聖書個所】

エズラ9:1~15

【タイトル】

「エズラ記(12)―神の恵みを知った者の祈り―」

【本論】

V1:「これらのことが終わって後、…」

「これらのこと」とは、エズラたちがアルタシャスタ王を始めとして、多くの人々から預かって来た金銀や多くの器類、また動物のいけにえとして神殿にささげて、主を礼拝したこと。エズラは彼のエルサレム帰還の目的であった、この時より約80年前に帰還したイスラエルの人々に向かい、「さあ、いよいよ教えて行こう。」と張り切っていたと思うが、そんな矢先、彼と一緒に帰還していたつかさたちから、その出鼻を挫くような知らせが届いた。その内容は、「イスラエルの民や、祭司や、レビ人は、カナン人、ヘテ人、ペリジ人、エブス人、アモン人、モアブ人、エジプト人、エモリ人などの、忌みきらうべき国々の民と縁を絶つことなく、かえって、彼らも、その息子たちも、これらの国々の娘をめとり、聖なる種族がこれらの国々の民と混じり合ってしまいました。しかも、つかさたち、代表者たちがこの不信の罪の張本人なのです。」(V1b~V2)という知らせであった。それは、エズラにとっては全く信じがたいものだった。何故なら、モーセの律法にあるように、イスラエルの民はそうであってはならなかったからである。

申命記7:1~3:「あなたが、入って行って、所有しようとしている地に、あなたの神、【主】が、あなたを導き入れられるとき、…。また、彼らと互いに縁を結んではならない。あなたの娘を彼の息子に与えてはならない。彼の娘をあなたの息子にめとってはならない。」

 彼らは、短い期間にこの教えを破るような状態になっていたからです。そのためエズラは、「私はこのことを聞いて、着物と上着を裂き、髪の毛とひげを引き抜き、色を失ってすわってしまった。捕囚から帰って来た人々の不信の罪のことで、イスラエルの神のことばを恐れている者はみな、私のところに集まって来た。私は夕方のささげ物の時刻(午後3時)まで、色を失ってじっとすわっていた。」(V3~V4)と、悲嘆にくれ、茫然自失の状態になってしまった。

 私たちだったらこんな時どうするだろう?-自分たちが生き甲斐にしていた、例えば仕事を失うとか、ヨブのように大切な家族を失うというような目に遭ったら、きっとこの時のエズラのように悲嘆にくれ、茫然自失になるだろう。しかしそのような時、私たちがしなければならないこと、できることがある。それが祈りです。この後V5~V15で、エズラが神にささげた祈りが記されているので、今日はその祈りを学んで行こう。3つのポイントがある。

(1)罪を認め、恥を知り、その罪を告白する祈りです。

V5~V7:「夕方のささげ物の時刻になって、私は気を取り戻し、着物と上着を裂いたまま、ひざまずき、私の神、【主】に向かって手を差し伸ばし、祈って、言った。『私の神よ。私は恥を受け、私の神であるあなたに向かって顔を上げるのも恥ずかしく思います。私たちの咎は私たちの頭より高く増し加わり、私たちの罪過は大きく天にまで達したからです。私たちの先祖の時代から今日まで、私たちは大きな罪過の中にありました。私たちのその咎のため、私たちや、私たちの王、祭司たちは、よその国々の王たちの手に渡され、剣にかけられ、とりこにされ、かすめ奪われ、恥を見せられて、今日あるとおりです。』」

 この祈りには2つの特徴がある。①「私の神」という個人的な、明確な信仰をもって呼び掛ける祈りであること。②「私たちの咎」、「私たちの罪過」、…と、7回も「私