主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

2019年6月2日 主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

ルカ24:49

​【タイトル】

「とどまっていなさい。」

【本論】

 2014年4月16日に起きたセウォル号事件から。もし「留まっていなさい。」というアナウンスを無視して避難を開始していたら、あれほどの沢山の高校生の命は失われることはなかっただろう。あの「留まっていなさい。」という言葉に従うか従わないかが、彼らにとっての生死を分かつ分岐点となった。一方、今から約2,000年前、同じ「とどまっていなさい。」という言葉に従うことにより、人類の歴史に大きな転換点がもたらされた。ペンテコステの日に起きた出来事のことである。「わたしは、わたしの父の約束してくださったものをあなたがたに送ります。あなたがたは、いと高き所から力を着せられるまで、都にとどまっていなさい。」(ルカ24:49)の「とどまっていなさい。」という命令に弟子たちが従うことにより、弟子たちは全世界に出て行き、彼らのために十字架にかかり、死んで墓に葬られ、3日目によみがえられたイエス・キリストの証人となって行ったのである。そしてその証しが西回りに地球を巡り、日本にまで届いたのです。

 この「とどまる」ということは、実際にはどういうことだったのだろう?!

使徒1:12~14:「そこで、彼らはオリーブという山からエルサレムに帰った。この山はエルサレムの近くにあって、安息日の道のりほどの距離であった。彼らは町に入ると、泊まっている屋上の間に上がった。この人々は、ペテロとヨハネとヤコブとアンデレ、ピリポとトマス、バルトロマイとマタイ、アルパヨの子ヤコブと熱心党員シモンとヤコブの子ユダであった。この人たちは、婦人たちやイエスの母マリヤ、およびイエスの兄弟たちとともに、みな心を合わせ、祈りに専念していた。」

 彼らは「みな心を合わせ、祈りに専念していた。」(V14)のです。そのようなかたちでとどまっていたのです。

抄訳V14:「…〔待機しながら〕全く心を一つにして、ひたすら祈りに励んでいた。」

 何を待機=待ち望みながら祈っていたのだろうか?―イエス様が「父の約束」といわれた「聖霊のバプテスマ」(使徒1:4~5)のことでしょう。また、「しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」(使徒1:8)で言われている、「聖霊が臨むときに受ける力」のことでもあるだろう。しかし実際には、彼らはその聞いていた「聖霊のバプテスマ」のことも、また聖霊の力のことも、それが実際にどういうものか分からずにいた。何故なら、彼らが「ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」(使徒1:5)のことを聞いても、とんちんかんな応答でイエス様に答えていたからである。彼らが聖霊のバプテスマとはどういうものか、聖霊が臨むときに受ける力とはどういうものか、それは彼らがこの後実際にペンテコステの日の出来事の中で受け、聖霊によって彼らの目が開かれ、実際に霊的に体験して初めて分かったのである。ヘブル的には、「知る」は「体験的に知ること」なのです。

 この時、彼らにとって最も現実的で、切実な思いで、心を合わせ、専念して祈っていたのは、「…。『ガリラヤの人たち。なぜ天を見上げて立っているのですか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たときと同じ有様で、またおいでになります。』」(V11)と御使いの言葉を通して語られていたように、彼らと3年半もの