主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書箇所】

エレミヤ17:7~8

【タイトル】

「リバイバルの中に留まる恵み」

【本論】

エレミヤ17:7~8:「【主】に信頼し、【主】を頼みとする者に祝福があるように。その人は、水のほとりに植わった木のように、流れのほとりに根を伸ばし、暑さが来ても暑さを知らず、葉は茂って、日照りの年にも心配なく、いつまでも実をみのらせる。」

 この箇所にリバイバル(死から生き返った)私たちクリスチャンの受けた恵みが記されている。

V8:「その人は、水のほとりに植わった木のように、流れのほとりに根を伸ばし、暑さが来ても暑さを知らず、葉は茂って、日照りの年にも心配なく、いつまでも実をみのらせる。」

 ただし、「水のほとりに植わった木のように流れのほとりに根を伸ばし」とあるように、恵みを受ける場所にいなければ、V6:「荒地のむろの木(ねずの木)」のようになってしまうのである。

※霊的原則も自然原則も同じである。私たちは恵みを受け、受け続けるためには、その「恵みあるの場所」に留まっていなければならないのです。

では、私たちにとって「恵みのある場所」、「水のほとり」、「流れのほとり」とはどこだろう?

(1)みことばがあるところ。主の臨在があるところである。

詩篇1:2~3a:「まことに、その人は【主】のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。」

 生まれた赤ちゃんにミルクが必要なように、また、成長するに従って相応しい食物が必要なように、クリスチャンが成長し実を結ぶために必要なのはみことばです。