主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

ガラテヤ2:16

【タイトル】

​「人生最高の決断」

​【序論】

​ 世紀の伝道者と言われたビリー・グラハム師の伝道メッセージでは、いつも2つの独特な言い回しがあった。1つは「聖書はこう言っています。」。もう一つは、「今がイエス・キリストを信じる決断の時です。」というものです。そして、この「今が決断の時です。」という言葉により、何人の人が救いに導かれたかは分からないが、数え切れないほどの人が救われた。

 人には誰でも人生の中でさまざまな決断の時がある。十代であれば、どこの学校に入ってどういう勉強をしようかとか、その後はどういう会社に入って何の仕事をしようかとか、人生の節目節目でいろいろな決断をする。しかし、人はそのように人生の節目節目でさまざまな決断をするが、それらの中でもイエス・キリストを信じる信仰の決断は、人生の中で最高の決断である。何故そうなのか、今日はそのことについて一緒に聖書から確認して行こう。

【本論】

(1)それは、イエス・キリストを信じた結果与えられる「罪の赦し、救い」というものが、この世のどんなものと比べても、最高に価値あるものだからです。

 イエス様はこう言っている。

マタイ16:26:「人は、たとい全世界を手に入れても、まこといのちを損じたら、何の得がありましょう。そのいのちを買い戻すのには、人はいったい何を差し出せばよいでしょう。」

 全世界と言うのは、全世界の富、知恵、力、或いは世界的な名声、地位、例えばノーベル章とか、スポーツで言うなら世界記録保持者の名前のリストに名前を連ねるとか、金メダルに輝くとかいうことだが、そのように全世界のすべての富、力、知恵、賞賛、栄誉を得ても、まことのいのち=救いを失ったら何の得があるだろうかというのです。それを再び買い戻すには、人は一体何を差し出せばいいのかと言っているのである。それだけ、救いを得るということは重要であり、他の何にも代え難い、大切なもの、価値あるものなのです。

 また、イエス様は救いというものを天の御国という言葉で表わして、こうも言っている。

マタイ13:44~46:「天の御国は、畑に隠された宝のようなものです。人はその宝を見つけると、それを隠しておいて、大喜びで帰り、持ち物を全部売り払ってその畑を買います。また、天の御国は、良い真珠を捜している商人のようなものです。すばらしい値うちの真珠を一つ見つけた者は、行って持ち物を全部売り払ってそれを買ってしまいます。」

 何の説明も要らないほどです。。それほど救いというものは最高に価値あるものです。