主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

​マタイ6:13b

【タイトル】

「国と力と栄えは、神のもの」

【序論】

​ マタイの福音書のこのみことばは「」付きになっている。「」付きということは何らかの謂れがあるということ。どんな謂れがあるのか?―それは、マタイの福音書が書かれた最古の写本(紀元66年頃)には、ルカの福音書と同様に「」の部分が入っていないが、その頃書かれた「使徒の教え」という使徒達が初代教会に残した書物には、「主の祈り」の後に、頌栄として「」の部分を付けて礼拝するようにと記されており、初代教会以来、礼拝の中で実際に加えられて祈られ、また、マタイの福音書が正式に編纂された時に、「」付きとなったのであろうというのが学者の定説です。また、そのために今日まで伝統的に教会では、「」を含めて「主の祈り」として祈り、また賛美しているのである。

 今日は、イエス様御自身の言葉ではないけれども、使徒たちが残していったこの主の祈りの最後の「頌栄の祈りの言葉」について、その持つ意味を一緒に考えて行こう。

【本論】

(1)先ず、神を神とする信仰の祈りの故に、神を褒め称えて終わるためである。

 主の祈りが、「天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように」のように、先ず頌栄=神を褒め称えることから始まっているように、頌栄で終わるためである。

マタイ6:13b:「〔国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。〕」

 「国」と言うのは、「御国が来ますように」のところで見たように、国民、国土、主権の3つからなっている。神は、天地万物、地上のあらゆる生物を作り、そしてアダムを造って地上を治めさせた。しかし、彼はその使命を果たせずエデンの園から追放されたが、神の計画は変わることなく、地上に人を置き、人によって地を治めさせている。パウロはそれを、ギリシャのアレオパゴスでギリシャ人に伝え、次のように言った。

使徒17:26:「神は、ひとりの人からすべての国の人々を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに決められた時代と、その住まいの境界とをお定めになりました。」

 今日、地球上には196の数の国があるが、それらは全て偶然に出来たものではなく、このように神が御自身の栄光のためにこの地上に造り出した国です。そしてその背後には、それを造り出した神の存在があり、その神が治める神の国の存在があり、神の栄光がある。ダビデはその神の支配と力、栄光と偉大さを見て、次のように褒め称えている。

詩篇145:1、10~13:「私の神、王よ。私はあなたをあがめます。あなたの御名を世々限りなく、ほめたたえます。」、「【主】よ。あなたの造られたすべてのものは、あなたに感謝し、あなたの聖徒はあなたをほめたたえます。彼らはあなたの王