Please reload

これまでのメッセージ

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

ネヘミヤ1:1~6a:

【タイトル】

ネヘミヤ記(1)「ネヘミヤの祈り(1)」

【本論】

V1:「ハカルヤの子ネヘミヤのことば。第二十年のキスレウの月に、私がシュシャンの城にいたとき、」

「ハカルヤ」と言う人がどういう人物かについては不明です。聖書にはこのように分からないことが多くある。同様に私たちの人生にも理解不能なことが多くある。先週、ある人に会うために家内と那須に行った。この人は那須の閑静な別荘地に住んでいるが、こう言っていた。この那須は、本来ならば水も野草も新鮮で美味しいのに、8年前の福島の原発事故のために土壌が汚染され、今でも多くの人が井戸水や庭に出来る野草を食べることをしないと。原発事故があればそのように環境が汚染されることは分かっているが、ではどうして那須でなければいけなかったのだろうかと地元の人達は考えるだろう。「どうして自分なのだ?」と言う、私たちがよく持つ疑問である。このように、世の中の不公平や理不尽に思えることに対して私たちは解答を持っていない。しかし答えを見出せなくても、私たちが天に召され、イエス様と顔と顔とを合わせるように出会う時、すべてのことが明らかになるのです。

Ⅰコリント13:12:「今、私たちは鏡にぼんやり映るものを見ていますが、その時には顔と顔とを合わせて見ることになります。今、私は一部分しか知りませんが、その時には、私が完全に知られているのと同じように、私も完全に知ることになります。」

だからそれまでは、私たちは答えは分からなくても、善をもって全てを治めておられる神を信じて生きて行くのである。これが私たち信仰者の生きる道です。

 今日の聖書箇所に戻る。「ネヘミヤのことば」と言うのは、ネヘミヤの口から出た言葉という意味でもあるし、ネヘミヤに関する記録という意味でもある。事実この言葉は、ネヘミヤ自身だけではなく、彼の側近がネヘミヤの言葉を記し、ネヘミヤの行なったことやその働きについて記した記録の書であって、ネヘミヤに関する歴史の書と言ってもよい。ちょうど聖書が、神が語られ、神が為された歴史の書として、「History」=「His(神の)」+「Story」と言われるようにです。

 この後、ネヘミヤは「私」という言葉を使って、彼に関する働き、語ったことを記している。

V1b~V2:「第二十年のキスレウの月に、私がシュシャンの城にいたとき、私の親類のひとりハナニが、ユダから来た数人の者といっしょにやって来た。そこで私は、捕囚から残ってのがれたユダヤ人とエルサレムのことについて、彼らに尋ねた。」

 「第二十年のキスレウの月」とは、時のペルシャのアルタシャスタ王の治世の第20年(ネヘミヤ2:1)=BC445年の「キスレウ」、太陽暦でいう11月~12月の頃のことです。その時、彼が「シュシャン」(時のペルシャ帝国の幾つかあった都の一つ)の城にいたとき、彼の親類のひとりハナニが「捕囚から残ってのがれたユダヤ人」(バビロン捕囚があった時、捕らえ移されずにエルサレムに残された人々や、クロス王により解放されてエルサレムへ帰還していた人々)がやって来て、ネヘミヤにエルサレムと人々の現状を告げた。「…。『あの州の捕囚からのがれて生き残った残りの者たちは、非常な困難の中にあり、またそしりを受けています。そのうえ、エルサレムの城壁はくずされ、その門は火で焼き払われたままです。』」(V3)と。これは、単にエルサレムの物理的な崩壊のことだけではなく、民の霊的崩壊のことを示す報告であった。それは、「そしりを受けています。」という言葉に表れている。

「そしりを受けています」とは、辱められているということ。当時のこの地方では町は外敵から守るために城壁を築いていた。それなのに、城壁が崩れ、門が焼き払われたままにしているということは、民の霊的崩壊のさまを示す。だから民は、周りの人々からそしられていたのである。

 それを聞いたネヘミヤの反応はどうだったか?―「私はこのことばを聞いたとき、すわって泣き、数日の間、喪に服し、断食して天の神の前に祈って、言った。『ああ、天の神、【主】。…。』」(V4~V6a)と言って祈り始めた。このネヘミヤの心を神への祈りへと突き動かしたものは何だったのだろうか?―それは、悲しみである。城壁が崩されたままでいること、門が火で焼かれたままでいること、そしてそれを放置したままで平気でいる民の崩壊した心のゆえに、そしてそしられていることのゆえに、深い悲しみに襲われて彼は祈ったのである。「すわって泣き、数日の間、喪に服し、断食して…、」(V4)というのは、その「悲しみ」を表わしている表現である。

 では、どうしてエレミヤはそれらを悲しみとしたのだろうか?―それは、

(1)エルサレムという町と、そこに住む民を自分と同一化、一つとしていたためである。つまりエルサレムと自分とは一つ、イスラエルの民と自分とは一つであるという一体感から生まれる悲しみである。私たちはそのような経験があるのではないだろうか?例えば自分が大切にしていたもの、自分のいのちと変わらないほど大事にしていたものが壊れたり、傷ついたり、失なわれてしまった時、ひどい悲しみに襲われたのではないだろうか?―例えば、長年自分の家族のように飼っていたペットが死んでしまった時や、

 

引用例:福音版の連載記事。「再び季節が巡るまで、妻を喪(うし)った僕の3年」木下滋雄さんの喪失体験の悲しみを乗り越えた手記。

(2)神のエルサレムに対する思い、イスラエルの民に対する心を自分の心と同一化していたためである。エルサレムと民の状態がそのような状態であることを悲しんでいたのはネヘミヤだけではなく、神御自身も悲しんでいた。何故なら、神御自身もエルサレムに対して、イスラエルの民に対して御自身と同一化していたからである。

申命記32:10:「主は荒野で、獣のほえる荒地で彼を見つけ、これをいだき、世話をして、ご自分のひとみのように、これを守られた。」

 

 「ひとみ」というのは人体の中で最も弱く、非常に重要な器官の一つ。神はモーセにより、これからカナンに入ろうとする民に対し、「ご自分のひとみ」のように御自身の民を愛していることを語られた。神はエルサレムの町に対して、またそこに住むイスラエルの民に対して、何よりも大切な存在として、神が御自分と一つとされるくらい大切な存在として見ておられたのである。

 イエス様もエルサレムに入城される時、エルサレムを見られてこう言った。

ルカ19:41~44:「エルサレムに近くなったころ、都を見られたイエスは、その都のために泣いて、言われた。『おまえも、もし、この日のうちに、平和のことを知っていたのなら。しかし今は、そのことがおまえの目から隠されている。やがておまえの敵が、おまえに対して塁を築き、回りを取り巻き、四方から攻め寄せ、そしておまえとその中の子どもたちを地にたたきつけ、おまえの中で、一つの石もほかの石の上に積まれたままでは残されない日が、やって来る。それはおまえが、神の訪れの時を知らなかったからだ。』」

このようにネヘミヤは、神の心を自分の心にしていたのである。これがネヘミヤの祈りの原点であった。彼を祈りへと突き動かす心の中にあるものであった。

 

【結論】

 私たちはどうだろうか?―今、自分自身を見て、自分の家族を見て、自分の教会を見て、自分の町、自分の国を見て、自分が生きているこの世界を見て、ネヘミヤと同じような悲しみの心になって祈る必要を覚えないだろうか?今、自分自身の城壁はどうだろうか?自分の家族の城壁はどうか?自分の教会の城壁は?自分の町、自分の国の城壁はどうだろうか?世界の国々の、人々の城壁はどうだろうか?―このままで良いわけではない。何故なら、神は私たちの体、霊的滅びの状態を悲しみ、私たちを救うおうと思われて御子を遣わして下さったからです。そして、十字架と復活による贖いのみわざを為し遂げて下さったからです。それが神の心だからです。

 今、静まり神の前に出よう。知らせはもう届いている。私たちの城壁は崩されたままになっている、門は焼く払われたままになっている、そして、そしられている。だから今、主に祈ろう!

―祈り―

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now