主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

ルカ23:39~43:

【タイトル】

​主の十字架上の7つの言葉(2)「あなたはきょう、わたしとともにパラダイ

               スにいます。」

【本論】

 イエス様が十字架に付けられた時、二人の犯罪人も共に十字架に付けられた。十字架刑はローマの法律によるならば、ローマ帝国に反逆するような重罪を犯した犯罪人に課せられる極刑であった。鞭打ちの後、約50kgもある十字架の横木を背負わされ、ピラトの法廷からカルバリの丘とされる所までの約1kmを歩かされ、刑場に着くと、背負ってきた横木に、長さ約18cm、直径約1.1cmの釘で両手首を釘付けられ、足も両足揃えて釘が打ち込まれた。そんな状態で十字架に架かるわけだから、最終的には受刑者は皆呼吸困難になって、最後は窒息という形で死ぬ最も残酷で苦しい処刑法であった。そんな十字架刑にイエス様は付けられ、また二人の犯罪人も付けられた。

 この二人に、イエス様の前にいる全人類を代表する2種類の人の姿を見ることが出来る。

V39:「十字架にかけられていた犯罪人のひとりはイエスに悪口を言い、『あなたはキリストではないか。自分と私たちを救え。』と言った。」

 似たような者に指導者やローマ兵がいる。指導者は「…。『あれは他人を救った。もし、神のキリストで、選ばれた者なら、自分を救ってみろ。』」(V35)と言った。ローマ兵は「…、『ユダヤ人の王なら、自分を救え。』と言った。」(V36~V37)しかし彼の姿はそれ以上に不遜な姿だった。「自分と私たちを救え。」と言っているのだから。彼は明らかに、イエス様を信じない人であった。ではもう一人の犯罪人はどうだったか?

V40~V41:「ところが、もうひとりのほうが答えて、彼をたしなめて言った。『おまえは神をも恐れないのか。おまえも同じ刑罰を受けているではないか。われわれは、自分のしたことの報いを受けているのだからあたりまえだ。だがこの方は、悪いことは何もしなかったのだ。』」

 そして、こう言った。

V42:「『イエスさま。あなたの御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください。』」

 何処から彼はイエス様に対する信仰を持ったのかは分からない。しかし彼のこの言葉に、明確に彼がイエス様が救い主であり、イエス様が御国の王であることを信じている信仰を見てとることが出来る。もう一人の犯罪人は、神を信じる人、神を恐れる人だった。

◎では、この神を信じる人、私たちクリスチャンとはどういう人か、また、信仰の結果与えられる救いとはどういうものか、イエス様の十字架の言葉の中に、見て行こう。

(1)クリスチャンは、信じた瞬間に救われた者、また救いは、信じた瞬間に与えられるもの。