主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

ネヘミヤ1:6~11

【タイトル】

ネヘミヤの祈り(2)

【序論】

 ネヘミヤは、神殿再建後のエルサレムの町の状態や人々の霊的状態のこと、即ち、崩壊状態のことを聞いて悲しんで涙を流して神に祈り始めた。今日はその祈りの続きの部分です。ネヘミヤはどのような祈りをしたのか?―その祈りを学び、私たちの祈りにして行きたい。

【本論】

V6:「どうぞ、あなたの耳を傾け、あなたの目を開いて、このしもべの祈りを聞いてください。」

 この祈りはとても大切な祈りです。3つの点で;

(1)神は耳も目も、また耳や目だけでなく口や手、また私たちと同じ心を持っている神だからです。

 ネヘミヤは神に対し、「あなたの耳を傾け、あなたの目を開いて、このしもべの祈りを聞いてください。」と言った。それは、神は耳も目を、また耳や目だけでなく口や手、また、私たちと同じく心までも持っている神だからです。

詩篇49:1~3:「…。私の口は知恵を語り、私の心は英知を告げる。」

 「私の口は知恵を語り」は分かると思う。「私の心は英知を告げる」とは、「私の心は深く思い巡らすことが出来るので、さまざまな事を感じ、考えて、理解を与えることが出来る。」という意味です。つまり神は、心を持つ神として、知性、感情、意思をフル動員して物事を感じ、考え、正しく理解を与えることが出来る神なのだということです。そのように神は、口を持っている神として私たちに語り、心を持っている神として私たちに接して下さる。だから私たちは神に対して、このように祈ることが出来るのです。この祈りが重要であることの2つ目の理由は;

(2)神は耳だけではなく、目を開いて私たちの祈りを聞かれる神だからです。

 彼は神に対し、「…、あなたの目を開いて、このしもべの祈りを聞いてください。」と言った。これはどういうことか?―それは、神は私たちの祈りを耳で聞くだけでなく、祈っている心を目で見ているということです。神は私たちの心を見ておられるのです。どんなに言葉を重ねて祈ろうと、また何も言葉が出ないような祈りでも、X線が物を見通すように、神は心の中を見ておられるのです。私たちの心の中はすべて、神の目に曝け出されている。私たちは神の前に何一つ隠し覆うことは出来ない。だから私たちは包み隠さず、心を注ぎだして神に祈ろう。神はそのような祈りを求めている。それは祈りだけではなく、信仰生活のすべてに関してもそうである。

(3)しもべとして遜って祈る祈りに神は聞いてくださるからです。