主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

Ⅰコリント16:19

【タイトル】

主にあって(10)「主に在って、結びの言葉」

【序論】

 皆さんは既に、他のクリスチャンから手紙を貰い、それらの手紙の末尾に、「主に在って」、或いは「在主」という結びの言葉が使われているのをご存知だと思う。これは日本で一般的に使われている「敬具」、女性が使う「かしこ」、男性が使う「恐惶謹厳」(きょうこうきんげん)に当たる。どちらの意味も「恐れかしこんで申し上げます」ということである。今日はこれらの結び言葉を少し頭の隅に置きながら、クリスチャンの手紙の結び言葉として使われる「主に在って」という言葉の持つ意味合いを、今年のテーマの結び言葉として分かち合って行きたいと思う。

【本論】

 その意味を考えるのに、3つの鍵の言葉がある。

(1)「教会」という言葉。

V19:「アジヤの諸教会がよろしくと言っています。アクラとプリスカ、また彼らの家の教会が主にあって心から、あなたがたによろしくと言っています。」

 ここには、「アジヤの諸教会」、また「彼らの家の教会」という風に、教会という言葉が上げられている。そして、それらの教会から「よろしく」という挨拶の言葉になっている。この時実際にパウロがこの手紙をコリントの教会に書き送っているのは、「アジヤの諸教会」の中の一つ、「アクラとプリスカ、また彼らの家の教会」があるエペソの教会からであった。この「アジヤの諸教会」の中には他にも教会があったであろう。それが「諸教会」という言葉で表わされているのである。つまり、「諸教会」という言葉から来るように、当時、既にいくつもの教会があった。

 ここで、教会ということについて考えてみたい。カトリックの場合には全体が一つの教会の組織になっている。しかしプロテスタント教会の場合、1517年の宗教改革以降、歴史的に多くの教会教派が誕生し、現在、日本だけ見ても約160近くの教会組織あり、それらのどこにも属さない単立の教会を含め、約8,000近い教会があると言う。全世界的に見たらいったい幾つの教会があるか分からないが、そのように、「諸教会」という言葉を通して、教会には数えられないほどいろいろな教会があるということ。教会というものはそのようなものだと言うことである。

 また一つの教会の中を見ても、そこにはいろいろな人が集まって一つの教会になっている。このように、大きな意味での教会全体、また一つの教会の中の兄姉を見ても、さまざまに異なった特徴、歴史、個性、性格の教会、人々が集まって一つの教会=キリストのからだ(Ⅰコリント12:27)を作っているということです。それが、「主にあって」ということです。

 パウロは、こう言っている。「主は一つ、信仰は一つ、バプテスマは一つです。」(エペソ4:5)。そして、「なぜなら、私たちはみな、ユダヤ人もギリシヤ人も、奴隷も自由人も、一つのからだとなるように、一つの御霊によってバプテスマを受け、そしてすべての者が一つの御霊を飲む者とされたからです。」(Ⅰコリント12:13)その結果、「…、器官は多くありますが、からだは一つなのです。」(Ⅰコリント12:20 )と言う。

 パウロがコリントの教会にこの手紙を送った時、コリントの教会は分裂の問題を抱えていた。(1:10~17)だから、尚のこと、この「主に在って」という結びの言葉は重要な意味を持っていただろう。今日でも、もし私たちが自分の考えや立場などに固執し、異なる意見や立場にある人達を受け入れないとするならば、一つの教会も、大きな意味での教会も、容易に分裂の危機に瀕する。しかし神様はそのことを願っていないことは、このコリントへの手紙(1章、12章)を読めば容易に分かることです。だから、パウロのこの結び言葉「主に在って」と言う言葉は、私たちにとっても、重要な言葉なのです。

(2)「心から」という言葉。

・「ポルース」:(ギ)「盛んに」、「はなはだしく」の複数形の「ポラ」という言葉が使われている。つまり、「盛んに、はなはだしく」が強調され、「もう十分だよ。」と言うほど、「何度も何度もよろしく」と挨拶をするということです。実際にしなくても、そのような心、思いでするということです。それだけ、アジアの諸教会からのコリントの教会に対する思いがこもっていたのです。

 仲間、友人、兄姉に対する心というものは、そういうものではないのだろうか?それは、神の人に対する心に通ずる。何度も何度も預言者を送り、悔い改めを迫り、そして、御子であるキリストさえ送って下さった。ここに神様からの私たちに対する「ポラ」、心からのアプローチがある。その思い、心、愛というものが教会の特質、心であることを教えている。

(3)「よろしくと言っています。」の「よろしく」と言う言葉です。

 これは、私たちもよく使う言葉です。聖書の中では「アスパゾマイ」という言葉が使われている。これは、「あいさつを送る。」、「敬意を表す。」という意味の言葉です。つまり、これは単に形式的な口先だけの挨拶の言葉ではなく、先ほどの「心から」という言葉にも通じる、心の底からの「尊敬し、敬う心をもって」挨拶する言葉です。日本の敬具も本来、そういう意味でしょう。

 では、何故、敬う心をもって挨拶するのでしょう。それは、神様が私たちを、また一つ一つの教会をそのようにご覧になっているからです。そして、それが教会の特質、心でもあるからです。

Ⅰコリント12:20~24:「しかしこういうわけで、器官は多くありますが、からだは一つなのです。そこで、目が手に向かって、「私はあなたを必要としない」と言うことはできないし、頭が足に向かって、「私はあなたを必要としない」と言うこともできません。それどころか、からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。また、私たちは、からだの中で比較的に尊くないとみなす器官を、ことさらに尊びます。こうして、私たちの見ばえのしない器官は、ことさらに良いかっこうになりますが、かっこうの良い器官にはその必要がありません。しかし神は、劣ったところをことさらに尊んで、からだをこのように調和させてくださったのです。」

 神様はこのように私たちを見て下さっているのです。そして、そのためにキリストによって私たちを贖ってくださった。だから私たちは互いに敬い、愛し合う者なのです。パウロはそのことを次のようにも教えている。

ローマ14:15:「もし、食べ物のことで、あなたの兄弟が心を痛めているのなら、あなたはもはや愛によって行動しているのではありません。キリストが代わりに死んでくださったほどの人を、あなたの食べ物のことで、滅ぼさないでください。」

 これは、「食べもの」の話ではなく、「何を食べるか」という食べ物に現れる生き方の違いで、兄姉として互いに裁いてはいけないというメッセージです。私たちは互いに愛し合い、心から敬い合って生きる、それが教会なのです。そして、それが「主に在って」という言葉の持つ意味なのです。

【結論】

Ⅰコリント16:19~20:「アジヤの諸教会がよろしくと言っています。アクラとプリスカ、また彼らの家の教会が主にあって心から、あなたがたによろしくと言っています。すべての兄弟たちが、あなたがたによろしくと言っています。聖なる口づけをもって、互いにあいさつをかわしなさい。」

―祈り―

これまでのメッセージ

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now