2020年10月18日(日)39周年記念礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書箇所】


ゼカリヤ4:6~7

【タイトル】

「教会は、神の霊によって」

【前置】

 今日は教会の39周年記念礼拝である。私たちの教会は39年前の

1981年、ちょうど今日と同じ10月18日に、三郷団地9―9-

104で第1回目の礼拝を持った。今日はその39周年を祝ってメッセージを語りたい。タイトルは「神の霊によって」。教会は神の霊によって建て上げられるのである。そのことをみことばから見て行きたいと思う。

【本論】

 この個所は、イスラエルの民がバビロン捕囚から解放されてエルサレムに帰還し、バビロンによって破壊されていた神殿の再建を開始したところ、神殿再建を反対するサマリヤ人たちの妨害にあって工事が中断されていた中で語られたみことばである。神様は、工事中断をしていたイスラエルの民に対し、もう一度工事に復帰させようと、預言者ハガイとゼカリヤを送って人々を励まし、再建工事に復帰させた。今日の個所のみことばは、その時のみことばの一つで、イスラエルの人々、特に指導監督する地位にあったゼルバベルへの神の言葉であった。Ⅴ6の括弧にある言葉、「これは、ゼルバベルへの主のことばだ。」とある通りです。

 主は工事を中断していた人々、特に工事を指揮し、工事を完成させなければならなかった総督ゼルバベルに対して、ゼカリヤの口を通して預言の言葉を語ったのである。そこには、神殿工事に関する3つのメッセ―ジがあった。それは、今日の教会の形成に関わっている私たちに対するメッセージでもある。どんなメッセージだったのだろうか!

(1)教会の建設、教会の働きは神の霊による

 主はイスラエルの民に、ゼルバベルにこう言った。Ⅴ6:「権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって」と。権力というのは、この世の指導的立場にある人の力、或いは組織の持つ力、また一つの国の政治力や軍事力と言った力を指す。能力というのは、この世の人々が持っている能力、それは理解力や発言力や指導力と言った知性に関わる能力をさす。つまり、神殿の再建、また、教会の形成、教会の働きは、この世の力やこの世の人が持っている能力によって行われて行くものではなく、神の霊、聖霊の力によって行われて行くものなのだということです。聖霊の力というのは、人格を持っておられる聖霊なる神様の力です。知性、感情、意思、そのすべてをもって働かれる神様の力です。イエス様はペンテコステの日に起きた出来事、教会の誕生が起きる前に、天の父なる神様のところに帰られる前に、弟子たちにこう言われた。

使徒1:8:「しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」