2020年10月25日 主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】


ネヘミヤ7:5~6:


【タイトル】

ネヘミヤ記(13)「神に選ばれている人々」


【本論】

 ネヘミヤたちは城壁再建工事をするに当たり、外部からの妨害や内部からの問題が発生したりしたが、工事開始後52日後に工事を完了させることが出来た。しかし、エルサレムの町の状態は、まだ町としては未完成の状態だった。Ⅴ4を読んでみると、次のように書いてある。


Ⅴ4:「この町は広々としていて大きかったが、そのうちの住民は少なく、家もまだ十分に建てられていなかった。」

 エルサレムの町の大きさは以前も言ったが、東西約800~900m、南北約1km、従って面積は、約800,000~900,000m2。レイクタウンが約25万m2と言われているので、その約3.2~3.6倍の広さの町である。その町は、住む人も少なく、家もまだ十分建てられていなかったとある。エルサレムの町はスペースが十分にあり、閑散としていたのである。しかし、そうであっても城壁は完成したので、ネヘミヤは総督として次の仕事に取り掛かった。しかしそれは、彼自らがそうしようと思ったわけではなく、Ⅴ5:「私の神は、私の心を動かして」とあるように、神様が彼の心を動かして、その仕事に取り掛からせたのです。その仕事とは、おもだった人々(身分のある人々)や、代表者たち(首長や指導者たち)、民衆を集めて、彼らの系図を記載することだった。この系図を記載すると言うことは、新たな系図を作るということではなく、系図に基づいて、まだ閑散としているエルサレムの町に住む人々の住民登録をするという意味です。実は、このⅤ5の前のⅤ4は、内容的には11章以降につながっていて、11章以降では、ユダヤ地方に住む人々の中のある人々を、エルサレムの町に移り住まわせたことが記されている。どのように人々を選んで、どのような人々が移り住んだのか、11章を少し見てみよう。


ネヘミヤ11:1~4b:「民のつかさたちはエルサレムに住んでいたが、ほかの民は、くじを引いて、十人のうちからひとりずつ、聖なる都エルサレムに来て住むようにし、あとの九人をほかの町々に住まわせた。すると民は、自分から進んでエルサレムに住もうとする人々をみな、祝福した。エルサレムに住んだこの州のかしらたちは次のとおりである。ユダの町々には、イスラエル人、祭司、レビ人、宮に仕えるしもべたち、ソロモンのしもべたちの子孫が、それぞれ、自分たちの町々の自分の所有地に住んだ。ユダ族とベニヤミン族のうちのある者は、エルサレムに住んだ。すなわち、ユダ族では、ウジヤの子アタヤであった。このウジヤは…。」


 このように、ユダヤ地方全域に広がって住んでいる人々の中から、ある人たちはエルサレムに来て、移り住んだのです。その移住を進めるために、神様はネヘミヤの心を動かして、ユダヤ地方に住む人々の家系から、エルサレムに住む人々の住民登録をさせようとしたわけです。


 先日日本でも国勢調査が行われたが、この時神様はネヘミヤの心を動かして、エルサレムへの移住を進めさせるために、ユダヤ地方に住む人たちがどのような部族の人たちで、どのような職業に就いている者たちなのか、その家系ごとに調べさせようとした。ところが幸いなことに、ネヘミヤは それらのことが既に記されている系図を発見したのです。その系図は、Ⅴ5:「私は最初に上って来た人々の系図を発見し」とあるように、この時からおよそ90年前のBC539年に、ペルシャのクロス王によってバビロン捕囚から解放され、エルサレムの神殿を再建するように、総督ゼルバベル、祭司ヨシュアに率いられてエルサレムに帰還した人々のものだった。そして、Ⅴ5:「その中に次のように書かれているのを見つけた。」とあるように、ネヘミヤはその人々の名前や部族名、職業などを見ることが出来たのです。具体的には、それらはⅤ7~Ⅴ72に記されている。今日は時間の都合で全部を見ることが出来ないが、一部を見てみると、例え