2020年11月8日(日) 主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】


ルカ18:15~17:

【タイトル】

「神の国は子どものような者たちのもの」

【序論】

 ある時、イエス様にさわっていただこうとして人々が自分の子どもたちをイエス様のところに連れて来た。ここでは「幼子たち」となっているが、原語のギリシャ聖書では「ブレフォス」となっていて、生まれたばかりの乳児を指す。英語聖書では「Babies, Infants」と訳されている。そのような子供たちがイエス様のところに連れて来られた。その時、弟子たちがそれを叱ったので、イエス様は幼子たちを呼び寄せて、Ⅴ16:「子どもたちをわたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。」と言われ、そして、止めようとした弟子も含めて人々に、Ⅴ17:「まことに、あなたがたに告げます。子どものように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこに、入ることはできません。」と言われた。

 このことから、この個所のテーマは先ほど子供たちに祝福の祈りをしたが、そのことが中心的なことではなく、Ⅴ17「まことに、あなたがたに告げます。子どものように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこに、入ることはできません。」と、弟子たちに、そして人々に、そしてこれを読んでいる今日の私たちに、そのことを教えるためだということである。しかも「まことに、あなたがたに告げます。」という言葉が使われているように、それは重要なメッセージだということです。では、どのように重要なのか、今日はそのことをご一緒に考えて行こう。

【本論】

 イエス様は私たちに、Ⅴ17:「まことに、あなたがたに告げます。子どものように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこ(神の国)に、入ることはできません。」と言われた。それも、「乳児のように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこ(神の国)に入ることは出来ない。」と言われたのです。これは、私たちが神の国に入るためには、つまり救われるためには、先ず信仰が必要であることを教えている。

ガラテヤ2:16:「しかし、人は律法の行いによっては義と認められず、ただキリスト・イエスを信じる信仰によって義と認められる、ということを知ったからこそ、私たちもキリスト・イエスを信じたのです。これは、律法の行いによってではなく、キリストを信じる信仰によって義と認められるためです。なぜなら、律法の行いによって義と認められる者は、ひとりもいないからです。」

 とある通り。そして、その信仰がどういう信仰であるのか、どのような特徴を持った信仰であるのかということが今日の個所で教えられている。―それは、「子どものように」である。原語の通りに言うならば、「乳児のように」、「赤ちゃんのように」です。

 では、「赤ちゃんのような信仰」、「乳幼児のような信仰」とはどういう信仰だろうか?―そのためには、「赤ちゃん」、「乳児」はどういう特徴を持っているかということを知らなければならない。皆さんはどういうものだと思うか?―ここでは一つの特徴だけを上げたい。それが今日のメッセージのポイントでもあるが。それは、「赤ちゃんは、乳児は決して諦めない強い欲求を持っているけれども、それが満たされると、もうそれ以上は求めようとはせず、満足し、ハッピーになる。」ということです。それは、お腹を空かした赤ちゃんにミルクをあげることで、また、おむつを汚した赤ちゃんが新しいおむつを替えられたことで分かる。イエス様はそのような信仰をもって神の国を受け入れなさい、信じなさいと言うのです。つまり、「求めなさい。求め続けなさい。どんなことがあっても諦めずに求め続けていなさい。」という、熱心