主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師


【聖書個所】

ネヘミヤ2:17~20

【タイトル】

ネヘミヤ記(5)「城壁再建工事の始め(2)」

【序論】

 ネヘミヤはエルサレムに着き、ある夜、誰にも知らせずに一人で城壁破壊状況の調査に出た。彼はどうして誰にも知らせずに、一人でそれを行なったのか?今日はそのことを中心に、ネヘミヤによる「城壁再建工事の始め(2)」と題して、メッセージを取り次ぐ。

【本論】

 先ず、何故彼は一人で城壁再建工事のための調査を行ったのだろうか?―その理由は、神と自分との関係の中で、神から与えられた使命だと受け取ったからである。それは神の召命だった。

V12:「あるとき、私は夜中に起きた。ほかに数人の者もいっしょにいた。しかし、私の神が、私の心を動かしてエルサレムのためにさせようとされることを、私はだれにも告げなかった。」

※人は神の召命を受け取ったら、たとえ一人であろうとそれを行わなければならないのである。

 ペテロもイエス様から羊を牧するように言われた時、彼はイエス様から召命を受けた。

ヨハネ21:20~22:「ペテロは振り向いて、イエスが愛された弟子があとについて来るのを見た。…。ペテロは彼を見て、イエスに言った。『主よ。この人はどうですか。』イエスはペテロに言われた。…。あなたは、わたしに従いなさい。』」

 これがペテロに対する召命です。皆さんには今年あるビジョンや思い、使命が与えられていて、それを行なうのにいろいろな反対があるかもしれない。しかし、ネヘミヤのように「私の神が、私の心を動かして…」なら、たとえ一人でも、それをやり遂げなければならないのです。

 二つめに、何故エレミヤは誰にも知らせないでそれを行なったのだろうか?―それは、今日の聖書箇所の次のみことばに関連がある。

V17:「それから、私は彼らに言った。『あなたがたは、私たちの当面している困難を見ている。エルサレムは廃墟となり、その門は火で焼き払われたままである。さあ、エルサレムの城壁を建て直し、もうこれ以上そしりを受けないようにしよう。』」

 人々はエレミヤからこの言葉を聞くまで、彼らにはその準備が出来ていなかったからです。どうしてそんなことが言えるのか?―最初の、ネヘミヤを動かした報告の言葉に注目してみよう。

ネヘミヤ1:3:「すると、彼らは私に答えた。『あの州の捕囚からのがれて生き残った残りの者たちは、非常な困難の中にあり、またそしりを受けています。そのうえ、エルサレムの城壁はくずされ、その門は火で焼き払われたままです。』」

 神殿は再建されたけれど、その後約70年間、城壁は崩され、門は焼き払われたままだった。彼らはそんな状態でずっと放置していたのである。人は、「これは何とかしなければ」と思うことがあっても、そう簡単には出来ないのだと分かると、諦めたり、目を瞑ったりしてしまいがち。終いには、もうそれが当たり前のようになってしまうことがある。彼らにとっても、この時、城壁が崩され、門が火で焼き払われてしまっている風景は、もう日常の当たり前の風景になってしまっていて、そのために自分たちがそしりを、そして、それが神の栄光を辱めていることにさえ気付かずにいたのである。霊的に全く盲目の状態であったからです。しかし、誰にも告げずにひとり調査を終え、ネヘミヤが彼らに語った言葉は、そんな眠っていた、見ていても見ていなかった彼らの目を開き、城壁再建工事に着手させたのです。また、ネヘミヤをここまで導いた神の御手が確証になり、実際にあった王の支援の言葉が保証の言葉になったのです。

V17~V18:「『あなたがたは、私たちの当面している困難を見ている。エルサレムは廃墟となり、その門は火で焼き払われたままである。さあ、エルサレムの城壁を建て直し、もうこれ以上そしりを受けないようにしよう。』そして、私に恵みを下さった私の神の御手のことと、また、王が私に話したことばを、彼らに告げた。そこで彼らは、『さあ、再建に取りかかろう。』と言って、この良い仕事に着手した。」

 しかし、ここで彼らの働きや思いを挫くようなことを言い、邪魔する者たちが現れた。

ネヘミヤ2:19:「ところが、ホロン人サヌバラテと、アモン人で役人のトビヤ、および、アラブ人ゲシェムは、これを聞いて、私たちをあざけり、私たちをさげすんで言った。「おまえたちのしているこのことは何だ。おまえたちは王に反逆しようとしているのか。」

 彼らは、すでにこの地方でいろいろな利権を得ていたのだろう。だから、ネヘミヤが来て城壁を再建してユダヤ人の地位が向上すると、自分たちの支配力が弱くなるので、何とかこの工事をやめさせようと、「おまえたちのしているこのことは何だ。おまえたちは王に反逆しようとしているのか。」と、この工事は王の支援を得ているのに(Ⅴ8)、嘘までついて意気を挫けさせ、工事を止めさせようとした。

※ここにネヘミヤの、そしてネヘミヤだけではなく、神の言葉に従って生きようとする神の民が直面する困難がある。今年私たちは、「聖い生き方をする敬虔な者であり続けよう。」というテーマを掲げたが、このテーマに忠実に生きようとするなら、必ずこのような試練や困難がある。

Ⅱテモテ3:12:「確かに、キリスト・イエスにあって敬虔に生きようと願う者はみな、迫害を受けます。」

 何故なら、この暗闇の世界を支配している悪魔サタンも働いているからである。しかし私たちは、それでも神を信じて従って行くのである。何故なら、「主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いなことでしょう。」(ルカ1:45)であり、「聖書はこう言っています。『彼に信頼する者は、失望させられることがない。』」(ローマ10:11)からである。

 そこでネヘミヤは;

V20:「そこで、私は彼らにことばを返して言った。『天の神ご自身が、私たちを成功させてくださる。だから、そのしもべである私たちは、再建に取りかかっているのだ。しかし、あなたがたにはエルサレムの中に何の分け前も、権利も、記念もないのだ。』」と彼らに言葉を返した。

【結論】

 私たちの城壁はどうだろうか?私たちの家族、私たちの教会、私たちの地域、私たちの社会、私たちの国、私たちのこの世界、しっかりと目を開けて見てみよう。今日、神様は、このネヘミヤの言葉を通して私たちに語ってはいないだろうか?「『あなたがたは、私たちの当面している困難を見ている。エルサレムは廃墟となり、その門は火で焼き払われたままである。さあ、エルサレムの城壁を建て直し、もうこれ以上そしりを受けないようにしよう。』」と。気付いたのなら、彼らが再建工事を始めたように、私たちの城壁の再建工事に取り掛かろう。祈りをもって、伝道をもって。何故なら、それは「良い仕事」(Ⅴ18)だからです。

―祈り―

これまでのメッセージ

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now