無題のブログ記事

【聖書箇所】

ネヘミヤ3:1~32

【タイトル】

ネヘミヤ記(6)「城壁再建工事は私たちの働き」

【本論】

 今日はこのところより、「城壁再建工事は私たちの働き」と題してメ

ッセージを取り次ぐ。城壁再建工事は、教会という霊的建物の建て上げ

とその働きに深く関係している。いつものように3つのポイントで語る。

第1のポイントは、今読んでもらって分かったように、この工事は、ネ

ヘミヤに与えられたビジョンから始まったが、実際の工事はいろいろな

立場、いろいろな職業、また、エルサレムだけではなく、他の場所に住

んでいる人、例えば、「エリコの人々」(Ⅴ2)や、「ギブオンとミツ

パの人々」(Ⅴ7)のように、いろいろな所からの人々が工事に加わって

いるということである。そして、それぞれに任された場所があって、その場所の工事に当たっているということである。言うならば、(1)いろいろな人による分担作業だったということ。2つ目のポイントは、その作業はそのように分担された作業だったが、決してバラバラに行われたものではなく、(2)調和がとれた作業だったということ。第3のポイントは、有名無名に関わらず、(3)確実に人が参加して実現したということ。この3つのポイントを見ることが出来る。

(1)いろいろな人による分担作業だった。

 この時のエルサレムは、東西に約800~900m、南北に約1kmの広さを有する町だった。だから城壁の長さは約4kmほどになるが、これだけの長さの城壁をバラバラにやったのではとてもではないが完成することは出来ない。物事には優先順位というものがある。だから、先ずどこから始めるかという順番が大切だった。彼らは何処から始めたのか?

V1:「こうして、大祭司エルヤシブは、その兄弟の祭司たちと、羊の門の再建に取りかかった。彼らはそれを聖別して、とびらを取りつけた。彼らはメアのやぐらまで聖別し、ハナヌエルのやぐらにまで及んだ。」

 「羊の門」、「メアのやぐら」、「ハナヌエルのやぐら」は何処にある所か?―神殿がある所である。神の民イスラエル人にとっては、先ず何よりも神を礼拝することが第一である。だから先ずその場所を確かな所にしたのである。第一のものを第一にしたのである。この順序が大切だった。

 私たちの教会も今年39周年を迎える。この39周年というのはどこから数えているかというと、1981年10月18日、三郷団地の9-9-104で最初に礼拝がささげられた日から数えられている。教会にとって、先ずなくてはならない第一のことは礼拝なのです。イエス様も、「わたしはこの岩も上にわたしの教会を建てます。」(マタイ16:18)と言われた。その言葉は、イエス様が弟子たちに対して、「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」という問い掛けに対する「あなたは、生ける神の御子キリストです。」という、神様からペテロに啓示として与えられた信仰の告白に基づいている。その信仰告白は、礼拝そのものなのです。イエス様は、その教会の礼拝する心の上に教会を建てると言われたのです。私たちもこの1年、何よりも礼拝することを第一に教会生活、信仰生活を送ろう!

ヨハネ4:21~23:「イエスは彼女に言われた。『わたしの言うことを信じなさい。あなたがたが父を礼拝するのは、この山でもなく、エルサレムでもない、そういう時が来ます。救いはユダヤ人から出るのですから、わたしたちは知って礼拝していますが、あなたがたは知らないで礼拝しています。しかし、真の礼拝者たちが霊とまことによって父を礼拝する時が来ます。今がその時です。父はこのような人々を礼拝者として求めておられるからです。』」

(2)調和がとれた作業だった。

 工事は分担されていたが、それは調和がとれた工事だった。鍵の言葉がいくつかある。「彼の次に」(Ⅴ2)、「彼らの次に」(Ⅴ4)、「その次に」(Ⅴ5)、V16からは、「そのあとに」と続く。それは時間的な順序だけでなく、作業的な順序を示す言葉でもあった。この工事は、52日間(6:15)で完成したとあるから、単純に時間のみの順序だったら、恐らく52日間では4kmの城壁と門は完成しなかっただろう。彼らは、互いの作業を調和を持って作業を進めたのである。

※教会もいろいろな働きが分担されているが、それらはみな関連し合っている。バラバラではないのである。今年も、このようにお互いに、また共に助け合って、教会を建て上げて行こう。

エペソ4:11~13:「こうして、キリストご自身が、ある人を使徒、ある人を預言者、ある人を伝道者、ある人を牧師また教師として、お立てになったのです。それは、聖徒たちを整えて奉仕の働きをさせ、…、キリストの満ち満ちた身たけにまで達するためです。」

エペソ4:16:「キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。」

Ⅰコリント12:20~24:「しかしこういうわけで、器官は多くありますが、からだは一つなのです。…。しかし神は、劣ったところをことさらに尊んで、からだをこのように調和させてくださったのです。」

(3)工事は、確実に人が参加して実現したということ。

 工事には、いろいろな職業:「大祭司、祭司」(Ⅴ1)、「金細工人、香料作り」(Ⅴ8)の人、いろいろな立場の人、「半区の長」(Ⅴ9)、そして、いろいろな所の人が、名前が記されている人、そうでない人、いろいろな人の参加によって行われた。しかし名前があろうとなかろうと、はっきり言えることは、城壁再建工事は人の参画によって行われたということである。

※教会は来年は40周年を迎える。40という数は聖書的には祝福の数です。イスラエル人たちは40年の10倍の400年間エジプトで奴隷であったが、400年経って解放された。荒野の生活を40年送って約束の地に入った。ダビデは40年の間、王座に就いていた。イエス様は、40日40夜荒野で断食をされてから公生涯に入った。私たちは来年、何か特別なお祝いが出来るといいと思う。しかし、40年だけではなく、この後、10年、20年、30年、或いは100年、200年経ったとき、その時の人々が振り返り、「あのとき、あの人たちがこうしてくれていたから、こうなったのだ。」と言えるようなことを、今、実際に私たちはやっているのである。私たちには今は分からないかもしれないが、ネヘミヤの時代にこれらの人たちの工事への参加があってこそ城壁がその後に確実に完成したように、私たちは今、教会の働きをそれぞれ分担するかのように行っているが、そして、「こんなに小さなことが何になるのだろうか?」と思うことがあるかもしれないが、私たちの働きが今はどのように見えても、将来の教会形成、最終的には永遠のいのちに至る御国の実現のために、確実に関わっているのである。今、私たちは御国の建設の従事者リストに名前を連ねているのです。教会の歴史、御国の建設の中に私たちは刻まれている。私たちは、そのことをしっかりと覚えよう。私たちの働きは決して無駄ではないのです。

Ⅰコリント15:55~58:「『死よ。おまえの勝利はどこにあるのか。死よ。おまえのとげはどこにあるのか。』死のとげは罪であり、罪の力は律法です。しかし、神に感謝すべきです。神は、私たちの主イエス・キリストによって、私たちに勝利を与えてくださいました。ですから、私の愛する兄弟たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざに励みなさい。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから。」

※今行っている私たちの働きは、やがて訪れる永遠の天の都、永遠のいのちに満ちる天の御国を建設するため働きです。この働きは、どんな働きであっても、決して無駄ではない、無意味ではないのです。だから、今年もこの働きに励んで行こう。

―祈り―

これまでのメッセージ

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now